マリインスキー劇場の, 大ホール

カルメン

4幕のオペラ

フランス語で上演されます
(ロシア語と英語の同時字幕付き)

Performers

指揮者:

アントン・トルベエフ

カルメン: Laura Bustamante
ドン・ホセ: Alexei Smirnov
ミカエラ: Alina Mikhailik
エスカミーリョ: Dmitry Nelasov

 

Credits

ジョルジュ・ビゼーによる作曲

プロスペル・メリメの同名小説に基づいたアンリ・メラックとリュドヴィーク・ハレヴィーによる台本

Stage Director: Daria Panteleeva
Artistic Director: Pyotr Okunev
Costume Designer: Olga Shaishmelashvili
Lighting Designer: Vladimir Stepin
Choreographer: Olga Kitaeva
Musical Preparation: Olga Krukovich
Chorus Masters: Larisa Shveikovskaya, Anna Pipia
French Language Coach: Ksenia Klimenko

SYNOPSIS

第1幕
セビリアの町の広場、煙草工場の近くには警備所が位置している。

ミカエラはドン・ホセを探しにやってくる。ドン・ホセは間もなく哨戒する別の警備隊に仕える、とモラレスは彼女に説明する。ドン・ホセが交代の警備隊を連れてくる。休憩の間に、煙草工場の女工たちは広場に出てくる。カルメンが登場する。彼女のことを無視しているホセとの出会いは、カルメンへの情熱を呼び起こす。彼女の歌は挑戦のように聞こえ、そして、ホセのふもとに投げられた花は愛を約束する。

故山に帰って婚約者ミカエラと結婚するように頼む母親からホセへの手紙を持ってミカエラは戻る。

工場のほうから騒音が聞こえてくる。女性達は、女工カルメンが喧嘩騒ぎを起こし、ナイフをつかみ、女工の1人を負傷させたと非難する。

スニガは取調べにホセを行かせる。カルメンは質問に答えることを拒否するので、牢に護送されることになった。彼女を逃がすためにカルメンはホセを誘惑しようとしている。話しは禁じられているので、彼女は歌いながら酒場で落ち合おうといい残す。ホセは、カルメンを逃がす。

第2幕
酒場は、カルメンによって援助されている密売者の秘密の集会所である。ズニガは、カルメンを逃がして牢に投獄されたドン・ホセが解放されたと知らせる。

酒場の歓迎客である闘牛士エスカミーリョが登場する。彼は、カルメンに引き付けられているが、彼女は彼に興味を示さない。

訪問者は酒場を去る。夜、密売者は危険な取引を行うために集まってくる。カルメンは友達を待っている。

ホセは酒場に入るが、デートの喜びは短命である。ウォーホーンは兵舎に竜騎兵を呼ぶ。彼の心の中で、情熱は義務と闘っている。カルメンは、彼が脱営し、彼女と一緒に山に行くように要求する。

突然、ホセのボスであるスニガが戻ってきて、ホセに兵舎に戻るように命じる。ホセは嫉妬に目がくらんで刀を引き出す。密売者は彼らの喧嘩を止める。ドン・ホセはカルメンと二人で残る。

第3幕
山の中。密売者は一休みをしているところ。カルメンとホセもここにいる。農夫の静かな生活を夢見ているホセは義務の裏切りや故郷への憧れに苦しんでいる。カルメンへの情熱だけが彼を密輸者の盗賊団にとどめる。しかし、カルメンはもう彼を愛していない。

ホセは加害者であるエスカミーリョを撃とうとする。闘牛士は、カルメンが彼女の兵士をもう愛していないことを知り、彼女を探していいると説明する。ホセは激怒している。彼らの間で、カルメンが止まる決闘が始まる。エスカミーリョは彼女に感謝の言葉を言い、今後の闘牛に皆を招待する。嫉妬しながら、ホセはカルメンを脅かす。

ミカエラは、ホセの母が危篤であり、母は彼らを祝福したいと伝える。彼は彼女と一緒に帰ることに同意する。

第4幕
セビリアの広場は人でいっぱいである。群衆は闘牛の開始を待っている。闘牛の英雄の中にはエスカミーリョがいる。カルメンも彼を歓迎する。彼女は陽気で勇気ある闘牛士に惹かれている。フラスキータとメルセデスは、ホセは彼女を尾行していると警告する。しかし、カルメンは残って彼と話をすることにする。みんなが闘牛を見にいく。ホセが現れる。カルメンは勝気である。もう彼を愛していない。ホセがプレゼントした指輪を投げて、カルメンは去りたがっている。しかし、逆上したドン・ホセがカルメンを刺し殺す。

勝利を収めた闘牛士エスカミーリョと同行しながら、勝ち誇っている群衆は広場に出てくる。彼らは、殺されたカルメンを見て、恐怖で立ち止まる。ホセは悔い改めている。

ABOUT THE PRODUCTION

Bizet’s Carmen is a real jewel of music theatre, an unattainable pinnacle and a unique phenomenon of French opera. It is faultless: this opera miraculously amalgamated all the ingredients for an incredible success.

In the XIX century the plot of Prosper Mérimée’s novelle of the same title seemed absolutely unthinkable for the operatic stage. Though the audience had already accepted the high-society courtesan from Verdi’s Traviata and the light-minded Manon Lescaut, never before had opera gone down to such social bottom – the lives of rejected by society Gypsies and smugglers. The libretto of Carmen was expertly written by the experienced dramatists Ludovic Halévy and Henri Meilhac, the authors of the texts for the most famous Offenbach’s operettas. 35-year old Bizet had been catastrophically unlucky with the literary components of his works. In spite of their considerable musical merits, all his previous operas – The Pearl Fishers (Les pêcheurs de perles), The Fair Maid of Perth (La jolie fille de Perth), Djamileh, Ivan the Terrible – had not been included into theatrical repertoires due to their stilted and at times even absurd plot.

The life story of the freedom-loving Gypsy woman, captivating men with her beauty and sensuality, has everything: sufferings, seductions, rage and dramatism. This allowed Bizet to present the audience with a new type of opera which didn’t relate to historic events, had no pathos or solemnity. Instead it depicted real life in all its manifestations.

In Carmen Bizet acted as a real innovator of his time. Through brilliant application of laconic artistic techniques the composer achieved astounding effects. Having never been to Spain himself, Bizet managed to capture characteristic features of Spanish national music so subtly that the Seville flair created by him in the opera immediately immerges the spectators into this exotic and fascinating world. Choral tasks also turned out to be new for the opera theatre: in Carmen the chorus is not just a crowd but characters actively engaged in the performance. Besides, the composer’s brave decision to give a solo number to the children’s chorus not only compelled admiration of the audience but also inspired Piotr Tchaikovsky to introduce a similar scene into his own opera The Queen of Spades. It is against the background of vibrant crowd scenes and noisy public celebrations that the truly tragic climax to relationship between the main characters is revealed.

As I. Solletinsky noted, the opera Carmen is “an excellent example of a combination of immense richness of musical content and a truly mass force of musical impact.” Its fantastic, immediately etching in memory melodies are familiar even to those who has never been to an opera theatre. The entire Carmen – from the brilliant overture, famous Habanera and torrid Seguidilla, the effective Toreador’s Song, lyrical arias of José and Micaëla and to orchestral entracts – is full of real musical “hits” ensuring opera’s stable high ratings among the most popular and most frequently performed pieces of music in the world. Numerous ballet and cinema productions of Carmen as well as Carmen – related mass media publications reflect the fact that Bizet’s Carmen is not just a favourite of operatic repertoire but “the all-time artistic myth” (M. Muginstein).

Natalia Rogudeeva


World premiere: 3 March 1875, Opéra-Comique, Paris
Premiere in Vladivostok: 7 June 2014

Running time: 3 hours 40 minutes
The performance has three intervals

Age category 12+

© 2016 – 2019
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
Local file does not exist or can not be opened
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”