ニュース

15.02.2021

ナジミディン・マヴリャーノフは、マリインスキー劇場とボリショイ劇場のゲストソリストであり、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場の主要なソリストである。アーティストはすでにマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで演奏し、ウラジオストクの国際極東フェスティバル「マリインスキー」のプログラムに繰り返し参加していた

ナジミディン・マヴリャーノフは、マリインスキー劇場とボリショイ劇場のゲストソリストであり、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場の主要なソリストである。アーティストはすでにマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで演奏し、ウラジオストクの国際極東フェスティバル「マリインスキー」のプログラムに繰り返し参加していた。

211日、ソリストは、「ゴールデン・マスク」と「ゴールデン・ソフィット」劇場賞を受賞したロシア人民芸術家のユーリ・アレクサンドロフ監督のオペラ「ドン・カルロス」で主役を演じた。その夜、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主要なソリストである、ヴャチェスラフ・ワシリエフ(ロドリーゴ)、エフゲニー・プレハノフ(フィリッポ2世)、エレナ・ラズグリャエワ(エリザベッタ・ヴァロワ)、タチヤーナ・マカルチュク(エボリ公女)、アナトリー・バダエフ(宗教裁判長) が彼のパートナーになった。オーケストラは、プリモルスキー・ステージの主任指揮者であるパベル・スメルコフによって指揮された。

214日、ナジミディン・マヴリャーノフがオペラ「スペードの女王」でゲルマンの役を歌い、イリーナ・コロジャージナヤが伯爵夫人の役を歌った。コンサートの閉幕に、聴衆は耳をつんざくような拍手で彼らの同僚であるリリア・カドニコワ(リザ)、ヴャチェスラフ・ワシリエフ(エレツキー公爵)、マラット・ムハメツィアノフ(トムスキー伯爵)、ラウラ・ブスタマンテ(ポリーナ)に感謝していた。オーケストラは、プリモルスキー・ステージの主任指揮者であるパベル・スメルコフによって指揮された。

25.01.2021

122日と24日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、ドストエフスキーの同名の小説に基づいたユーリー・ディミトリンの台本による、ロシアの作曲家アレクサンドル・スメルコフによるオペラ「白痴」の壮大な世界初演(演奏会形式)が、初公開されました

122日と24日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、ドストエフスキーの同名の小説に基づいたユーリー・ディミトリンの台本による、ロシアの作曲家アレクサンドル・スメルコフによるオペラ「白痴」の壮大な世界初演(演奏会形式)が、初公開されました。このイベントは、フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキーの生誕200周年に合わせて開催されます。主役は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの次の主要なソリストであるメルゲン・サンダノフ、アレクセイ・ブブリク、エレナ・ラズグリャエワ、ヴャチェスラフ・ワシリエフ、マリア・スズダルツェワによって演じられました。この2夜の交響楽団は、プリモルスキー・ステージの首席指揮者であるパベル・スメルコフによって指揮されました。

「白痴」は、ロシアの作曲家アレクサンダー・スメルコフによる7番目のオペラです。レニングラード音楽院を卒業した彼は、いくつかの交響曲、カンタータ、多くの室内楽アンサンブル、声楽作品の作者です。この作曲家は、2008年にマリインスキー劇場でオペラ「カラマーゾフの兄弟」が上演された後、音楽愛好家の間で広く人気を博しました。

「白痴」は、フョードル・ドストエフスキーの伝説的な小説のモチーフをもとにして作曲家によって考案されたオペラ三部作の第2部になりました。オペラは、アレクサンドル・スメルコフが台本作家ユーリー・ディミトリンとの創造的なタンデムで作成しました。児童合唱団(S.S. プロコフィエフにちなんで名付けられた第1の子ども芸術学校合唱団、合唱指揮者 エレナ・ペトゥホワ)は、オペラで特別な役割を果たしました。これは、ムイシュキン公爵がスイスで治療に費やした頃を思い出させるものであり、まるで子供のような主人公の心の純粋さを示しています。この意味で、最後のシーンで著者は子供の頃のムイシュキンの姿を表し、男の子のソリストが主人公として歌います。

オペラ「白痴」の2回目の初演の後、プリモルスキー・ステージで記者会見が行われました。 記者会見には、初演の指揮者兼音楽監督であるパベル・スメルコフ、責任あるコンサートマスターであるオルガ・クルコビッチ、主役を演じた劇場ソリストであるメルゲン・サンダノフ(ムイシュキン公爵)、アレクセイ・ブブリク(ロゴージン)、マリア・スズダルツェワ(アグラヤ)、そして作曲家のアレクサンドル・スメルコフ(サンクトペテルブルクからのビデオ会議を介して)が参加しました。作曲家は、劇場のクリエイティブチームが行った仕事の結果を高く評価し、責任あるコンサートマスターのオルガ・クルコビッチに特別な感謝の意を表しました。彼の意見では、劇場のソリスト、合唱団、オーケストラは、見事にその仕事に対処しました。 作曲家によると、彼の息子で指揮者のパベル・スメルコフは、オペラの作成とコンサート版の制作において重要な役割を果たしました。

パベル・スメルコフによると、劇場のスタッフは非常に熱心に初演に取り組んでいました。彼はまた、大道具、振り付け、舞台の動きを備えたオペラの本格的な制作が約23ヶ月で聴衆に公開される予定であると述べました。芸術監督は、ロシアのさまざまな劇場での作品で知られるピョートル・オクネフであり、プリモルスキー・ステージの主任芸術監督でもあります。 オペラの演出は、サンクトペテルブルクの監督オレグ・クリストリュブスキーによって公開されます。劇場はロシアの都市だけでなく海外でもオペラを上演する予定です。

20.01.2021

115日から22日まで、サンクトペテルブルクでは、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのバレエツアーが7回目となります

115日から22日まで、サンクトペテルブルクでは、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのバレエツアーが7回目となります。不安定な疫学的状況にもかかわらず、劇場の経営陣はこの毎年恒例の訪問をキャンセルしないことを決定しました。劇団はマリインスキーに3つの作品を持ち込み、サンクトペテルブルクでバレエ「千夜一夜物語」の初演でツアーを開始しました。20208月、プリモルスキー・ステージのこの公演は、舞台活動を強制的に中断した後、世界初の大規模なストーリーバレエの初演となりました。ツアーの第2部では、「海賊」と「眠れる森の美女」が上演されます。

117日の「千夜一夜物語」の最終公演に出席した沿海地方知事オレグ・ニコラエヴィッチ・コジェミャコのサンクトペテルブルクへの訪問も、劇場の今回のツアーの重要性を示しています。公演の夕べの終わりに、オレグ・ニコラエヴィチは一座の成功を祝福し、プリモルスキー・ステージがロシアだけでなく海外でもこのバレエを近い将来に上演できるようになると希望を表明しました。 「アーティストの皆様の手並と献身、そしてこの素晴らしいパフォーマンスにとても感謝しています。彼らはサンクトペテルブルクの観衆が予想していなかったかもしれないレベルを示しました。これは、振付師のエルダー・アリエフ、芸術監督のピョートル・オクネフ、オーケストラ、合唱団、そしてもちろんバレエ団の共同作業の結果です。ツアーの成功は、公演に伴う完売、長引く拍手、前向きなレビューによって判断することができます」と知事はインタビューで述べました。

また、117日、沿海地方知事とヴァレリー・ゲルギエフの間で会合が開かれました。オレグ・コジェミャコとマエストロ・ゲルギエフは、マリインスキー劇場の支部がその一部となる博物館と劇場兼教育複合施設の建設を含むプリモルスキー・ステージの開発計画について話し合いました。

「コロナウイルスの汎流行の間、私たちは多くの難しい決断をしました。そのうちの1つは、20208月に、エレナ・スティヒナ、ユリア・マトチキナ、エカテリーナ・セメンチュク、セルゲイ・スコロホドフ、ウラディスラフ・スリムスキー、エフゲニー・ニキチン、イルダール・アブドラザコフなど、世界クラスのスターが参加した第5回極東「マリインスキー」フェスティバルの開催でした。上記のような有名な名前の隣に、プリモルスキー・ステージの新しいスターの名前が響くことは私たちにとって重要でした。その中には、アリョーナ・ディヤノワ、アナスタシア・キーコチ、ラウラ・ブスタマンテ、タチヤーナ・マカルチュク、メルゲン・サンダノフ、エフゲニー・プレハノフ、ヴャチェスラフ・ワシリエフなどのアーティストでした。沿海地方劇場のバレエ公演には、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場のソリストであるレナータ・シャキロワ、エカテリーナ・チェビキナ、ロマン・ベリャコフ、とプリモルスキー・ステージのソリストであるアンナ・サモストレロワ、イリーナ・サポジニコワ、リリヤ・べレジノワ、セルゲイ・ウマネッツ、カナト・ナディルベックの両方が同時に参加しました。」、とヴァレリー・ゲルギエフは語った。

マエストロは、このような困難な時期にプリモルスキー・ステージの伝統的なツアーを行ったことは、劇場スタッフのダイナミックで調和のとれた発展の指標であると強調しました。「同じ劇場の子会社、同じ劇場であっても、それでも遠くからサンクトペテルブルクにツアーにやってくる支部の一団の出現と言うのは、特別な現象です。これらの公演の最大の特徴となったのは、まず、バレエ「千夜一夜物語」が新規に上演されたことでした。このバレエのすべてが満点でした。フィクレト・アミロフによる音楽、エルダー・アリエフによる振り付け、アーティストのパフォーマンスと今後も積極的にプロジェクトに参加させたいと思っているアゼルバイジャン指揮者エユーブ・クリエフ。沿海地方知事オレグ・ニコラエヴィチ・コジェミャコの待望久しい訪問は、このツアーに伴う特別な現象となりました。プリモルスキー支部の発展とウラジオストクでの劇場と教育の複合施設の建設に関連するいくつかの重要な問題について話し合いました。私たちは初演パフォーマンスを訪問することができ、そこではバレエだけでなく、サンクトペテルブルクの聴衆のパフォーマンスに対する歓迎からも本当の喜びを得ました」。

マリインスキー劇場の芸術監督は、プリモルスキー・ステージに深刻な課題をもたらす計画についても話しました。 「バレエの計画には、ウラジーミル・ポノマリョフとワフタング・チャブキアーニによって改訂されまマリウス・ペティパによる「ラ・バヤデール」の有名な作品、「ライモンダ」その他の古典的および現代的な作品が含まれています。オペラのレパートリーの大幅な拡大も計画されています。これらは、新しい公演とマリインスキー劇場から移された公演の両方になる可能性があります。「トゥーランドット」、「こうもり」は、2020/21シーズンにステージングが予定されているタイトルのほんの一部です。また、沿海地方で上演されたバレエ「千夜一夜物語」をマリインスキー劇場のメインステージに適応する可能性も検討しています。この事実だけでも多くのことが分かります。サンクトペテルブルクとウラジオストクの間の創造的な結びつきはますます強くなっています。近い将来、マリインスキー劇場の舞台で沿海地方の劇団の最高の代表者がますます見られるようになります。逆もまた同様です。」

参考情報:

アラブとペルシャのおとぎ話の有名な民話集に基づいたバレエ「千夜一夜物語」が、20208月にマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのレパートリーに現れました。パフォーマンスの振付師であり、劇団の主任バレエマスターであるエルダー・アリエフは、有名なアゼルバイジャンの作曲家フィクレト・アミロフの楽譜を繰り返し参照し、この名前をさまざまな劇場に振付けましたが、ウラジオストク劇団のために新しいバージョンを作成しました。バレエをデザインする際、芸術監督であるピョートル・オクネフが風光明媚な舞台セットとビデオ投影を組み合わせました。プリモルスキー・ステージ公演のためのカラフルな手刺繍の衣裳と舞台セットは、サンクトペテルブルクとウラジオストクの仕立て屋によって作られました。初演は、アゼルバイジャン国立アカデミックオペラバレエ劇場の首席指揮者兼音楽監督であるエユーブ・クリエフの指揮によって行われました。

06.01.2021

16日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの大ホールで、ピョートル・チャイコフスキーの音楽による最も素晴らしいお伽のバレエ「くるみ割り人形」が200回目に上演されました

16日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの大ホールで、ピョートル・チャイコフスキーの音楽による最も素晴らしいお伽のバレエ「くるみ割り人形」が200回目に上演されました。プリモルスキー・ステージの交響楽団は、ヴィタリー・シェベレフによって指揮されました。主役は、プリモルスキー・ステージのバレエ団のソリストとダンサーであるイリーナ・サポジニコワ、カナット・ナディルベック、デニス・ゴロフとアリョーナ・フリヴニナによって演じられました。

ウラジオストクでの「くるみ割り人形」の初演は20141219日に行われ、最初の40回の公演は国立沿海州オペラ・バレー劇場で上演されていました。国立沿海州オペラ・バレー劇場がサンクトペテルブルクにあるマリインスキー劇場の別館になってマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージと呼ばれるようになってからも、「くるみ割り人形」バレエは、観客に最も愛される新年のパフォーマンスであり続けました。

ピョートル・チャイコフスキーの音楽による、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主任バレエマスターであるエルダー・アリエフの台本に基づいてセットした公演は、季節に関係なく、魔法のような祭りと素晴らしい変化を感じさせます。チャイコフスキーによるバレエの中で「くるみ割り人形」は、おそらく他の作品よりも最も頻繁に解釈されました。マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージは、マリウス・プティパのオリジナルの脚本に基づいたエルダー・アリエフの表現力豊かな振り付けで「くるみ割り人形」を紹介しています。

16.12.2020

122017:00、ミハイル・グリンカ作曲の偉大なロシアのオペラである「ルスランとリュドミラ」(コンサート演奏)が、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの大ホールで初めて上演される。初演の音楽監督兼指揮者:パベル・スメルコフ

122017:00、ミハイル・グリンカ作曲の偉大なロシアのオペラである「ルスランとリュドミラ」(コンサート演奏)が、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの大ホールで初めて上演される。初演の音楽監督兼指揮者:パベル・スメルコフ。

「ルスランとリュドミラ」は、ロシアの古典音楽の伝統の作曲家であり創設者であるミハイル・グリンカによる2番目のオペラである。そのプロットは、アレクサンドル・プーシキンによる同名のおとぎ話の物語詩から借りている。オペラの中心になっているカップルは、勇敢な騎士ルスランとキエフ大公の娘リュドミラである。主人公たちは、花嫁の突然の神秘的な失踪によって中断された結婚式を祝う。ルスランと他の騎士たちはリュドミラを探しに行く。

1842年にサンクトペテルブルクのボルショイ劇場で行われた「ルスランとリュドミラ」の初演は無関心で受け取られたが、その後、芝居の成功は大きくなった。その後の制作では、オペラはしばしば省略して上演され、オペラのそのカットのいくつかは検閲のために行われた。現在、グリンカの「ルスランとリュドミラ」は、ロシアのオペラの傑作として認められている。オペラへの序曲と「チェルノモールの行進曲」、リュドミラ、ルスラン、ファルラーフ、ゴリスラヴァ、ラトミールのアリアは非常に人気があった。

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで初めて、「ルスランとリュドミラ」がフルバージョンでコンサート演奏を行い、観客はオペラの譜面の豊かさを十分に味わうことができる。

主役は、劇場のオペラ劇団ソリストであるエフゲニー・プレハノフ(ルスラン)、マリア・スズダルツェワ(リュドミラ)、タチヤーナ・マカルチュク(ラトミール)、アナトリー・バダエフ(ファルラーフ)、リリア・カドニコワ(ゴリスラヴァ)、ロマン・クルコビッチ(フィン)、アレクセイ・スミルノフ(バヤン)、イリーナ・コロジャージナヤ(ナイーナ)、セルゲイ・プレシフツェフ(スヴェトザール)によって演じられる。プリモルスキー・ステージの交響楽団は、マリインスキー劇場の首席指揮者であるパベル・スメルコフによって指揮されている。

30.11.2020

1129日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでオペラ「マゼッパ」のコンサート演奏が行われ、大盛況のうちに幕を閉じた

1129日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでオペラ「マゼッパ」のコンサート演奏が行われ、大盛況のうちに幕を閉じた。ヘトマンのマゼッパの主演は、マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)のソリストであるエデム・ウメロフによって演奏された。マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの次のソリストもステージに登場した。セルゲイ・プレシフツェフ、ラウラ・ブスタマンテ、エレナ・ラズグリャエワ、アレクセイ・コスチュック、エフゲニー・プレハノフ、イリヤ・アスタフロフとエフゲニー・ミジン。プリモルスキー・ステージの交響楽団は、マリインスキー劇場の首席指揮者であるパベル・スメルコフによって監督された。ロシア太平洋艦隊の軍事オーケストラもパフォーマンスに参加した。

オペラ「マゼッパ」は、20156月にウラジオストクでアントン・ルブチェンコ(ダリア・パンテレエワ監督)の指揮の下、国立沿海州オペラ・バレー劇場で初めて上演された。当時、本劇は二度しか上映されなかった。今年のオペラのプリモルスキー・ステージでのコンサート演奏は、ピョートル・チャイコフスキー生誕180周年を記念して行われた。

24.10.2020

10月23日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで、「ゴールデン・マスク」賞と「ゴールデン・ソフィット」賞と言う劇場賞を受賞したロシア人民芸術家ユーリ・アレクサンドロフが上演したジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「ドン・カルロス」の2回目の初演が大成功を収めました

10月23日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで、「ゴールデン・マスク」賞と「ゴールデン・ソフィット」賞と言う劇場賞を受賞したロシア人民芸術家ユーリ・アレクサンドロフが上演したジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「ドン・カルロス」の2回目の初演が大成功を収めました。マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)の主要なソリストが参加した演劇「ドン・カルロス」 の最初の初演は、8月にウラジヴォストクで開催された第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルで行われました。昨日の主役は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの次の主要なソリストによって演奏されました。メルゲン・サンダノフ、ヴャチェスラフ・ワシリエフ、エレナ・ラズグリャエワ、セルゲイ・プレシフツェフ、ラウラ・ブスタマンテ、そしてエフゲニー・プレハノフ交響楽団は、プリモルスキー・ステージの首席指揮者であるパベル・スメルコフによって指揮されました。1025日ににもう一度、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲のオペラ「ドン・カルロス」の素晴らしい上演を楽しむことができます。

07.09.2020

96日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでの今年のメインミュージカルイベントであるウラジオストク第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルは、セルゲイ・プロコフィエフによるオペラ「戦争と平和」の上映で終了しました。サンクトペテルブルクから招待されたソリストとプリモルスキー・ステージチームの2つのグループのアーティストが壮大なオペラに参加しました。パフォーマンスは、プリモルスキー・ステージの首席指揮者であるパベル・スメルコフが主導しました

2020814日〜96

芸術監督:ヴァレリー・ゲルギエフ

96日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでの今年のメインミュージカルイベントであるウラジオストク第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルは、セルゲイ・プロコフィエフによるオペラ「戦争と平和」の上映で終了しました。サンクトペテルブルクから招待されたソリストとプリモルスキー・ステージチームの2つのグループのアーティストが壮大なオペラに参加しました。パフォーマンスは、プリモルスキー・ステージの首席指揮者であるパベル・スメルコフが主導しました。

第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルの結果:

  • 4つの極東オペラ初演:ユーリ・アレクサンドロフ振付のジュゼッペ・ヴェルディによる「ドン・カルロス」、セルゲイ・プロコフィエフによる「炎の天使」、ピエトロ・マスカーニカによる「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」、リヒャルト・ワーグナーによる「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(コンサート・パフォーマンス)
  • フィクレト・アミロフ作曲のエルダー・アリエフによる「千夜一夜」バレエの初演。
  • 13,000人以上の観客。
  • 24日間で19回の公演とコンサート。

814日、フィクレト・アミロフ作曲のエルダー・アリエフによる「千夜一夜」バレエの初演でフェスティバルが幕を開けました。一連の初演の主要部分は、マリインスキー劇場バレエ団のゲストソリストとプリモルスキー・ステージの主要アーティストによって演奏されました:アンナ・サモストレロワ、カナット・ナディルベック、セルゲイ・ウマネッツ、西田咲、リリア・べレジノワ、カテリーナ・フロリア、ユーリ・ジンヌロフ、エカテリーナ・チェビキナ、レナータ・シャキロワ、ロマン・ベリャコフ。サンクトペテルブルクのダンサーに加えて、アゼルバイジャンの芸術家ラミン・アジモフと新作を指揮したアゼルバイジャン共和国の名誉ある芸術家、大統領賞と国際大会の受賞者、アゼルバイジャン国立アカデミックオペラバレエ劇場の首席指揮者兼音楽監督であるエユーブ・クリエフがウラジヴォストクに招待されました。

フェスティバルのもう1つのステージ初演は、世界的に有名なバス、マリインスキー劇場のソリストであるイルダール・アブドラザコフが参加したユーリ・アレクサンドロフ振付のジュゼッペ・ヴェルディによるオペラ「ドン・カルロス」でした。歌手は、プリモルスキー・ステージへの最初の訪問中に、彼の当り芸の1つであるフェリペ2世のパートを歌いました。初演はマエストロヴァレリー・ゲルギエフの指揮によって行われました。

ウラジヴォストクのコンサートバージョンでは、劇団が最近レパートリーに追加した作曲が初めて演奏されました。その中で:8年ぶりに新しいボーカリストのチームで復元された強力で神秘主義が吹き込まれたプロコフィエフによる「炎の天使」、ヴェリズモの最も重要な例の1つとしてのマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」、自己分離の間に作曲された、ワグナーの気立てが良い傑作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(第3幕)でした。3晩のパフォーマンスともヴァレリー・ゲルギエフの指揮によって行われ、主な役割では、聴衆はサンクトペテルブルクの一団の主要なソリストであるエフゲニー・ニキーチン、エレナ・スティヒナ、エカテリーナ・セメンチュク、イリーナ・チュリロワ、ユリア・マトチキナ、アンナ・キクナゼ、セルゲイ・スコロホドフ、ミハイル・ペトレンコ、ロマン・ブルデンコを聞くことができました。

フェスティバルのプリモルスキー・ステージのレパートリー公演でも、マリインスキー劇場のスター俳優を見たり聞いたりすることができました。リムスキー=コルサコフによる「皇帝の花嫁」の上演にはユリア・マトチキナ、ウラジスラフ・クプリヤノフとセルゲイ・スコロホドフが参加しました。ジュゼッペ・ヴェルディによる同名のオペラで、彼の代表的な役割の1つであるリゴレットに、ウラディスラフ・スリムスキーは出演しました。もう1つのヴェルディ作曲である大規模な「アイーダ」は、サンクトペテルブルクの一団の最高の勢力を1つのステージに集めました。王女アムネリスとしてのエカテリーナ・セメンチュク、アモナスロとしてのロマン・ブルデンコ、ラムフィスとしてのエフゲニー・ニキーチン、エジプト王としてのミハイル・ペトレンコでした。タイトルのパートは、マリインスキー劇場のソリストであるエレナ・スティヒナが演じました。

フェスティバルのバレエポスターは、若い振付家の作品と20世紀の著名な巨匠による作品を組み合わせた現代振り付けの夕べと、サンクトペテルブルクのソリストが参加した「ドン・キホーテ」と「眠れる森の美女」という大規模な古典的パフォーマンスによって補完されました。現代振り付けの夕べプのログラムには、エルダー・アリエフが振り付けたセルゲイ・ラフマニノフ作曲の「霊感」、プリモルスキー・ステージの最近の初演であるドミトリー・ピモノフが振り付けたセルゲイ・プロコフィエフ作曲の「束の間の幻影」、そして、プリモルスキーの舞台で初めて上演されたヴォルヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽に合わせた、フランスのアヴァン・ギャルド振付家であるアンジュラン・プレルジョカージュ「パーク」の傑作が含まれていました。 また、ジョルジュ・ビゼー / ロディオン・シチェドリンの音楽によるアルベルト・アロンソの有名な一幕バレエ「カルメン組曲」も紹介されました。

フェスティバルの枠内で開催された記者会見で、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるマエストロのヴァレリー・ゲルギエフは次のように述べています。「現在のウラジヴォストクは、敢然とかなり大胆で広大なロシアの領土におけるオペラ文化の拠点の1つになろうとしています」。

30.08.2020

829日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見が行われました。マエストロは、第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルでの4つの初演に参加するためにマリインスキー劇場交響楽団と一緒にウラジヴォストクに飛んできました

829日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見が行われました。マエストロは、第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルでの4つの初演に参加するためにマリインスキー劇場交響楽団と一緒にウラジヴォストクに飛んできました。

ジャーナリストの質問に答えるヴァレリー・ゲルギエフは、特に次のように述べました。

 「この6か月は、確かに私たちの活動を停止させました。サンクトペテルブルクでは、私たちは4月末からすでに約20本のオペラタイトルの準備を始めており、長く待っていた状態ではありませんでした。 ...これは、世界のほとんどの劇場の1年分のレパートリーを超えています。私たちの資源は依然と膨大であり、ウラジボストークとウラジカフカズに支部があり、ケメロボに将来の支部があり、サンクトペテルブルクで上演されるものがウラジボストクと他のステージで光を見ることがわかっています。」

「私たちは1つのチーム、1つの家族です。サンクトペテルブルクで数回演奏したバレエ団だけでなく、オペラ団も演奏するのが慣例となっています。モスクワで「皇帝の花嫁」の公演を好調に行い、好評を博しました。もちろん、サンクトペテルブルクでも行いましたし、他の作品も上演しました。これは何の制限にもかかわらず継続するように私には思えます。制限があります。確かに、信じられないほどの数のバレエ団や合唱団のアーティストがステージに登場する大規模なパフォーマンスを現在では見せることはできません...

「現在のウラジヴォストクは、敢然とかなり大胆で広大なロシアの領土におけるオペラ文化の拠点の1つになろうとしています。モスクワとサンクトペテルブルクの東方面ではいくつかの劇場は自分たちを宣言し、どういうわけか舞台裏で競争することは私たちにとって完全に明らかです。いくつかの劇場は非常に珍しいパフォーマンスをすることができますし、いくつかの劇場は非常に珍しいレパートリーを作ることができます。私たちの課題は両方を行うことであり、最も重要なこととして、ここに表示されるレパートリーは2回ではなく、3回ではなく、1520回実行する必要があります」。

「大規模な目標を狙うという私たちの習慣は、まったく変わっていません。」

29.08.2020

828日、一連の初演は、新しいボーカリスト団による8年ぶりにレパートリーに戻ったセルゲイ・プロコフィエフのパワフルで神秘主義を吹き込んだオペラ「炎の天使」のコンサートパフォーマンスで幕を開けた。レナータとルプレヒトの役は、先週サンクトペテルブルクで見事に初演を歌ったエレナ・スティヒナとエフゲニー・ニキーチンによって演じられた

828日、一連の初演は、新しいボーカリスト団による8年ぶりにレパートリーに戻ったセルゲイ・プロコフィエフのパワフルで神秘主義を吹き込んだオペラ「炎の天使」のコンサートパフォーマンスで幕を開けた。レナータとルプレヒトの役は、先週サンクトペテルブルクで見事に初演を歌ったエレナ・スティヒナとエフゲニー・ニキーチンによって演じられた。

829日、フェスティバルの枠内で、ウラジヴォストクで初めて、シラー原作のドラマに基づいた、ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ率いるイタリアのチームが上演した、16世紀のスペインの雰囲気を再現した高貴で冴えない色調の4幕からなるパフォーマンスであるジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「ドン・カルロス」が発表される。彼の当り芸の一つであるフェリペ2世の役で、世界的に有名なバスやマリインスキー劇場のソリストであるイルダール・アブドラザコフが演出する。歌手にとって、これはプリモルスキー・ステージへの最初の訪問になる。彼と一緒に、主役のパフォーマーの壮大なアンサンブルは次のようになります。セルゲイ・スコロホドフ(ドン・カルロス)、ウラディスラフ・スリムスキー(ロドリーゴ)、ミハイル・ペトレンコ(宗教裁判長)、イリーナ・チュリロワ(エリザベッタ・ヴァロワ)、ユリア・マトチキナ(エボリ公女)。

初演での指揮者は、ヴァレリー・ゲルギエフ。

コンサートバージョンでは、劇団が最近レパートリーに追加または復元した作品が初めて演奏される。830日に、多くの音楽劇場のレパートリーにしっかりと定着している、ヴェリズモの最も重要な例の1つであるピエトロ・マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」が発表される。サントゥッツァの役では、プリモルスキー・ステージの聴衆は、世界のオペラスター、エカテリーナ・セメンチュクの歌い声を楽しめる。また、主役として、アフメド・アガディ(トゥリッドゥ)、アンナ・キクナゼ(ローラ)、ロマン・ブルデンコ(アルフィオ)、エレナ・ヴィットマン(マザー・ルチア)が登場する。この日の夕方には、ロシアのオペラステージの珍しいゲストである、自己隔離の間に作曲された、リヒャルト・ワーグナーの傑作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(第3幕)が演奏される。ボーカルパートは、サンクトペテルブルク劇団の一流のソリスト、ミハイル・ペトレンコ(ハンス・ザックス)、イリーナ・チュリロワ(エファ)、セルゲイ・スコロホドフ(ヴァルター・フォン・シュトルツィング)、アンドレイ・ポポフ(ダフィト)、ロマン・ブルデンコ(ジクストゥス・ベックメッサー)、アンナ・キクナゼ(マクダレーネ)によって演奏される。すべての初演はヴァレリー・ゲルギエフによって指揮される。

重ねて申すが、814日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのために劇団の主任振付師であるエルダー・アリエフが上演したフィクレット・アミロフ作曲のバレエ「千夜一夜」の初演でフェスティバルが開幕した。パフォーマンスは、多くの絶賛の評価を受け、聴衆の意見では、バレエアートのファンへの本当の贈り物となった。フェスティバルの枠内で、バレエが93日にも行われるが、この日のチケットはすでにすべて売り切れている。

95日と6日、フェスティバルの閉幕に、2019/20シーズンの春の最後の初演、セルゲイ・プロコフィエフによる「戦争と平和」が、プリモルスキー・ステージの主席指揮者パベル・スメルコフの指揮で上演される。壮大なオペラは、サンクトペテルブルクとウラジオストクの2つの劇団の力を結集し、3週間続く大規模な音楽祭の壮大な結末となる。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход