ニュース

96日と7日、マリインスキー沿海州劇場の大ホールでは、クラシック音楽の優れた演奏家による公演が開催されます。これらのイベントは、第7回東方経済フォーラムの文化プログラムの最高潮となります

9月6日と7日、マリインスキー沿海州劇場の大ホールでは、クラシック音楽の優れた演奏家による公演が開催されます。これらのイベントは、第7回東方経済フォーラムの文化プログラムの最高潮となります。

9月6日21時、デニス・マツーエフによる待望の公演。著名な巨匠ピアニストがセルゲイ・ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番のソリストを務めます。彼は巨匠ヴァレリー・ゲルギエフが指揮するロシア国立青少年交響楽団と共演します。この夜のプログラムでは、ラフマニノフのオーケストラの傑作、「交響的舞曲」組曲も含まれています。

世界的に有名なオペラ低音歌手イルダール・アブドラザコフは、マリインスキー沿海州劇場で2回出演します。9月7日18時、歌手はモデスト・ムソルグスキーの伝説的なオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の主役を演じます。公演は、アンドレイ・タルコフスキーの演出に基づいた舞台版で上演されます。マリインスキー沿海州劇場の交響楽団の指揮は、ヴァレリー・ゲルギエフによって行われます。

9月7日21:30より、イルダール・アブドラザコフによるリサイタルが行われます。歌手は、ヴァレリー・ゲルギエフが指揮するロシア国立青少年交響楽団を伴って、ロシアおよび外国の作曲家によるオペラから人気のあるアリアを演奏します。

>>>

9月4日、マリインスキー沿海州劇場の大ホールでは、2012年に設立されたサハ共和国国立フィルハーモニー(ヤクート)のSymphonica ARTica交響楽団によるコンサートが開催されます。このプログラムでは、ベレストフの「歓迎序曲」、リムスキー=コルサコフ作曲オペラ「サルタン皇帝の物語」より交響曲「三つの奇跡」、スクリャービンの有名な「法悦の詩」、ストラヴィンスキーの「妖精の口づけ」のディヴェルティメントなどの作品が演奏されます

9月4日、マリインスキー沿海州劇場の大ホールでは、2012年に設立されたサハ共和国国立フィルハーモニー(ヤクート)のSymphonica ARTica交響楽団によるコンサートが開催されます。このプログラムでは、ベレストフの「歓迎序曲」、リムスキー=コルサコフ作曲オペラ「サルタン皇帝の物語」より交響曲「三つの奇跡」、スクリャービンの有名な「法悦の詩」、ストラヴィンスキーの「妖精の口づけ」のディヴェルティメントなどの作品が演奏されます。

国立交響楽団 Symphonica ARTicaは、モーツァルトやヴィヴァルディから、マーラーやワーグナーの記念碑的な作品、21 世紀の作曲家による音楽まで、あらゆる複雑な作品を演奏することができます。2012年5月と7月には、サハ共和国国立フィルハーモニー管弦楽団、マリインスキー劇場、クラスノヤルスク・オペラ・バレエ劇場、ノボシビルスク、イルクーツク、ハンブルグのフィルハーモニー管弦楽団、P・I・チャイコフスキー記念大交響楽団、エルミタージュ美術館オーケストラ、スペイン、中国、その他の国のアーティストや音楽家が参加して最初のコンサートが行われました。

オーケストラは広範囲な巡演を行っており、北極圏国際音楽祭「オーロラ」やヤクーツクでのモスクワ復活祭音楽祭のコンサートに参加し、マリインスキー劇場のコンサートホールやチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院、モスクワ国立アカデミーフィルハーモニー、サンクトペテルブルク国立アカデミーカペラで演奏するほか、多くの著名指揮者、音楽家とも協力しています。

「これは、高等音楽学校の長年の活動やロシアソビエト連邦社会主義共和国の名誉芸術家、ヤクート自治ソビエト社会主義共和国の人民芸術家ガリーナ・クリヴォシャプコ、および20世紀の傑出した音楽家によって共和国に築かれた伝統の結果です。長年にわたり、オーケストラグループがこのような創造的な成果を上げてきたことを大変嬉しく思います。私たちには良い楽器があり、最も重要なことは、自信を持って演奏し、音楽を微妙に感じる若い新進気鋭のミュージシャンがいるということです。我が国のすべての地域が、このような短期間で最高のオーケストラを作ることができるわけではありません」と、フィルハーモニー管弦楽団の総監督であるトゥヤラ・ペストリヤコワは指摘しました。

2021年にヤクーチアを訪れた際、マリインスキー劇場の芸術監督ヴァレリー・ゲルギエフは、国立フィルハーモニー管弦楽団の新しいホールの建設は、その発展におけるもっとも重要な段階であると述べました。マエストロは、フィルハーモニーホールの成り立ちをあらゆる方法で支援する用意があることを表明しました。

サハ共和国名誉芸術家、サンクトペテルブルク政府文化芸術賞受賞者、ノボシビルスク学術交響楽団首席客演指揮者、サンクトペテルブルク州立劇場「ミュージックホール」芸術監督、ジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ劇場首席客演指揮者のファビオ・マストランジェロが、9月4日、Symphonica ARTica交響楽団の指揮台を担当します。マエストロは長年マリインスキー劇場と協力してきました。

>>>

サンクトペテルブルクのマリインスキー沿海州劇場バレエ団の巡演は大成功を収めました。混雑したホールと観客の拍手は、これをはっきりと示しています。今回、マリインスキー沿海州劇場は、クラシックの公演とバレエレパートリーの珍しい作品の両方をお届けしました

サンクトペテルブルクのマリインスキー沿海州劇場バレエ団の巡演は大成功を収めました。混雑したホールと観客の拍手は、これをはっきりと示しています。今回、マリインスキー沿海州劇場は、クラシックの公演とバレエレパートリーの珍しい作品の両方をお届けしました。

730日と31日に、沿海州劇場は、ロシアの名誉芸術家エルダー・アリエフ演出によるフィクレト・アミロフ作のバレエ「千夜一夜物語」を上演しました。指揮者席にはアゼルバイジャン共和国名誉芸術家のエユーブ・クリエフがいました。「この劇はカラフルで音楽的でエキゾチックであり、演者、観客、批評家にとって非常に興味深いものです」とエルダー・アリエフは指摘しました。バレエの初演には、マリインスキー劇場の芸術監督ヴァレリー・ゲルギエフが出席し、アゼルバイジャンの作曲家の音楽、興味深い振り付け、交響楽団の特別な響きを高く賞賛しました。

8237日に、劇団はサンクトペテルブルクの観客にエクストラバガンザ・バレエ「眠れる森の美女」を披露しました。公演の指揮者はアントン・トルベエフでした。

今回の巡演のプログラムには、デンマークの振付家フレミング・フリントによる、フィリップ・グラスの音楽に合わせた豪華な演出「パイドラー」も含まれていました。「フレミング・フリントの作品を沿海州劇場で適応させるために、振付師のジェイコブ・スパルソを招きました。この作品は劇団と非常に相性がよく、劇中のキャラクターが我々のソリストにうまく舞台を体現させることができたからです。ドキドキでしたが、パフォーマンスはうまくできました。劇は非常に成功し、美しく、珍しいものです。照明デザインは特に素晴らしいものです」と エルダー・アリエフは強調しました。       サンクトペテルブルクで初めてこのバレエが上演されたのは 20225月です。夏の巡演中、エルダー・アリエフが振付したバレエ「火の鳥」と同じ夜、84日にマリインスキー劇場の歴史的な舞台で一幕物バレエ「パイドラー」が上演されました。公演の指揮は、ウラジスラフ・カルクリンとアントン・トルベーエフがそれぞれ担当しました。

85日、6日、11日、12日には、アドルフ・アダムの音楽によるバレエ「海賊」が上演されました。そして89日、10日、14日、サンクトペテルブルクの人々は、エルダー・アリエフのその独自性が際立つオリジナル振付による極東版の「くるみ割り人形」を初めて見る機会を得ました。「このバージョンはロシアのどこにも上演されません。ヨーロッパで上演され、米国で上演され、アジアで上演される準備が進められていますが、ロシアの劇場では上演されていません」と、マリインスキー沿海州劇場バレエ団の芸術監督であるエルダー・アリエフは述べています。指揮を執っていたのは、アントン・トルベエフでした。

>>>

観客の皆様、8月後半のレパートリーをマリインスキー沿海州劇場のホームページで公開しました。お好きなパフォーマンスをお選びになって、劇場にお越しください

観客の皆様、8月後半のレパートリーをマリインスキー沿海州劇場のホームページで公開しました。お好きなパフォーマンスをお選びになって、劇場にお越しください。

ロシア演劇の教科書的タイトルの内としては、8月後半にピョートル・チャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」とニコライ・リムスキー=コルサコフの「サルタン皇帝の物語」がマリインスキー沿海州劇場で上演されます。

イタリアン・オペラでは、ジュゼッペ・ヴェルディの名作「椿姫」をシャルル・ルボー演出で再びお楽しみいただけます。また、第7回極東マリインスキー国際音楽祭のオペラ部門で大成功を収めたヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの喜歌劇「フィガロの結婚」も上演されます。モーツァルトのもう 1 つの作品である、アラン・マラトラ演出のオペラ「魔笛」も、8月にマリインスキー沿海州劇場で上演されます。その不朽の人気の秘密は単純です。それは、子供と大人の両方を等しく対象とした、素晴らしく優しいおとぎ話であるからです。

劇場の小ホールでは、マリインスキー沿海州劇場の最年少の視聴者に最近の作品を紹介します。セルゲイ・バネヴィッチによる独創的で面白いパフォーマンスの子供向けオペラ 「ムーリッチと名乗る猫」と、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの有名な物語に基づいたレオニード・クリニチェフの一幕物オペラ「星の王子さま」が上演されます。パフォーマンスは、大人が子供時代を再び思い出すのに役立ち、子供たちはおとぎ話に飛び込みます!

サンクトペテルブルクでの2週間の巡演を終えたマリインスキー沿海州劇場のバレエ団は、ウラジオストクに戻り、レパートリー公演で観客を楽しませる準備が整っています。8月には、ルートヴィヒ・ミンクスの音楽による「ドン・キホーテ」や「ラ・バヤデール」のバレエ公演や、ロディオン・シチェドリンの音楽によるカラフルなバレエ「せむしの子馬」が見られます。

「ドン・キホーテ」は、燃えるような踊り、カスタネット、扇子を伴うスペインバレエの鮮やかな例です。ソリストにとって、この公演は名人芸の指標であると同時に、小さな役でもユーモラスな色の花束を咲かせることができる演技という要素に没頭する機会でもあります。

マリンスキー沿海州劇場の首席振付家であり、ロシアの名誉芸術家エルダー・アリエフが演出する、信じられないほど美しいバレエ「「ラ・バヤデール」は、古代インドを舞台にしています。これは、震えるダンスデュエットと展開された壮観なソリストのアンサンブルによって語られるラブストーリーです。

>>>

フランクフルトの権威あるジョージ・ショルティ国際指揮者コンクールで優勝し、マリインスキー沿海州劇場の首席客演指揮者を務めるシズオ・Z・クワハラが、ウラジオストクで行われる第7回国際極東「マリインスキー」際に参加します

フランクフルトの権威あるジョージ・ショルティ国際指揮者コンクールで優勝し、マリインスキー沿海州劇場の首席客演指揮者を務めるシズオ・Z・クワハラが、ウラジオストクで行われる第7回国際極東「マリインスキー」際に参加します。

8月10日、マエストロはマリインスキー沿海州劇場の交響楽団の指揮台に立ち、マリインスキー沿海州劇場の初演であった、偉大なヴェリスト、ジャコモ プッチーニによる有名な悲劇のオペラ「蝶々夫人」を指揮します。そして8月12日には、マエストロのシズオ・Z・クワハラが、イタリアの作曲家ルッジェーロ・レオンカヴァッロのオペラ「道化師」を「黄金の仮面」賞受賞者マラット・ガツァロフの指揮版を指揮します。どちらの夕べも、聴衆はマリインスキー劇場とプリモルスキー・ステージのジョイントキャストのソリストの歌声が聴けます。

シズオ・Z・クワハラは、数々の権威ある国際コンクールで受賞しています。ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクールでの優勝をきっかけに、彼の指揮者としてのキャリアが急速に伸びました。ショルティ・コンクールに続いて、ザールブリュッケン放送テレビ管弦楽団、ポーランド室内管弦楽団、ニース・フィルハーモニー管弦楽団、フランクフルト美術館管弦楽団からの招待を受けました。2018年、ワレリー・ゲルギエフの誘いにより、ヴェルディの「椿姫」でマリインスキー沿海州劇場にデビューし、大成功を収め、その後同劇場の客演指揮者に就任しました。彼は南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアを巡演しました。彼は米国オーケストラ連盟のフェローとしてフィラデルフィア管弦楽団と活動し、アジア太平洋地域の国際音楽祭に参加しました。

マエストロは、ゲオルク・ショルティ財団賞、オーガスタ地域トップ10ヤングプロフェッショナル賞、2011年S&Rワシントン賞を受賞しています。2022年、2010年に創設された国内最大の舞台芸術コンクールシリーズであるアメリカの「指揮・オペラ公演」部門の賞を受賞しました。

>>>

829日、マリインスキー沿海州劇場では、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見が行われました。ジャーナリストとの会合は、728日からウラジオストクで開催されている第7回国際極東「マリインスキー」際に捧げられました

829日、マリインスキー沿海州劇場では、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見が行われました。ジャーナリストとの会合は、728日からウラジオストクで開催されている第7回国際極東「マリインスキー」際に捧げられました。

マエストロは、フェスティバルのプログラム、マリインスキー沿海州劇場のさらなる発展計画、およびアジア太平洋諸国との協力の再開について話しました。

「私たちは日本、韓国、そして中華人民共和国に大きな芸術的つながりを持っています。日本には100回以上、中国には50回ほど行っています。<...> 中国、韓国、日本には素晴らしいアーティストがいると思います。そして、私たちは彼らと協力しています。そして、この協力関係は決して止まることはありません」と巨匠は言いました。

今年のオペラ・プログラムは、ロシア・オペラの「黄金の基金」からいくつかの重要な作品が選ばれています。ヴァレリー・ゲルギエフは、これらの作品を上演する芸術的な力があるとして、マリインスキー沿海州劇場で上演する計画があることを語りました。

「公演マゼッパをウラジオストクで上演してほしいです。そしてもちろん、ここでも皇帝に捧げた命の上演を見たいです。202111月には、ムソルグスキーのオペラ「ホヴァーンシチナ」をこちらで上演しました。ステージには、サンクトペテルブルクとウラジオストクのアーティストが登場しました。特に重要なことは、パフォーマンスがここで存続し、完全にマリインスキー沿海州劇場の力によって上演されたことです。」

84日と6日に行われるオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の初演について、マエストロは、世界最高のバス奏者の一人であるイルダール・アブドラザコフが主役を演じることを思い起こしました。

「イルダールがウラジオストクに来るのは2回目です。これは非常に重要なイベントです。彼は主人公のイメージを非常に強く見せてくれます。そして、彼の周りのアーティストも上手に演奏します。そして何より、オペラそのものがウラジオストクで上演されることです。この劇もここで生きているはずです。ここには、「ホヴァーンシチナ」の最初の2回の公演で素晴らしい説得力を示したオーケストラと合唱団があります。

記者会見の間、マエストロはまた、マリインスキー沿海州劇場のレパートリーの形成にも注意を払いました:

「私たちの仕事は、マリインスキー沿海州劇場のレパートリーを、文字通り23年という最短期間で、ロシア・オペラを中心に、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリアなどヨーロッパの主要なオペラのタイトルを含むように準備することです。ウラジオストクに国際級の大きな文化センターができるまでに、劇場は興味深く、豊かで、多様な芝居を準備しなければなりません。」

現在、ヴァレリー・ゲルギエフは、自分とマリインスキー劇場の課題は「地方にもっと貢献すること」だと考えています。彼は、あらゆる集落の遠隔性に関係なく、ロシアの観客のために演奏することが非常に重要であると指摘しました。

「すべての世代のロシア人、特に若い人たちに、自分たちの住んでいる国がどんな国なのかを感じてもらうことが大きな仕事のひとつであり、これはとても重要なことです。世界的な政治情勢にもかかわらず、国の偉大さは常にその文化の過去、現在、未来を決定します。そして今、ロシアには文化的な未来があります。遅かれ早かれ、文化は政治に影響を与え始め、前面に出てきます」とマエストロは強調しました。

マリインスキー沿海州劇場のVKontakteの公式アカウントでは、記者会見の動画を公開しています。https://vk.com/video-45601548_456239797

>>>

8月1日、ウラジオストクで開催された第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として行われたオペラ「フィガロの結婚」の初演後、劇場のアトリウムで観客とのオーディエンスミーティングが行われました

8月1日、ウラジオストクで開催された第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として行われたオペラ「フィガロの結婚」の初演後、劇場のアトリウムで観客とのオーディエンスミーティングが行われました。

観客の質問には、マリインスキー沿海州劇場のオペラ劇団の芸術監督のイリーナ・ソボレワ、世界的に有名な音楽家、ピアニスト、指揮者のユーストゥス・フランツ、マリインスキー劇場オペラ・コンサートマスターのラリサ・ラリオノワ、そして主役を演じたマリインスキー劇場のソリスト、ヴァディム・クラヴェッツ、エカテリーナ・ソロビエワ、ウラジミール・モロズ、アンナ・デニソワが答えました。

待ちに待った「フィガロの結婚」の初演のようなプロジェクトがマリインスキー沿海州劇場でついに実現したという朗報を、オペラ団のディレクターが観客と共有しました。

「今、ここロシアにいることができてとてもうれしいです。この国、この文化が大好きです!今度の演奏は、先日サンクトペテルブルクで指揮したベートーヴェンの交響曲第9番です。この曲のフィナーレの考え方は、『すべての人は兄弟である』>・・・<文化は常に何があっても一種の架け橋であるべきだと私は信じています」という言葉から、今日的な意味があると思います」とマエストロ・フランツは述べました。

>>>

731日、ウラジオストクの第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院中央音楽学校沿海州分校の学生たちとのミーティングが劇場の大ホールで行われました。この分校は、世界水準の文化・芸術教育を受けられるようにするため、2019年に設立されました

731日、ウラジオストクの第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院中央音楽学校沿海州分校の学生たちとのミーティングが劇場の大ホールで行われました。この分校は、世界水準の文化・芸術教育を受けられるようにするため、2019年に設立されました。

学生たちは、オペラ「フィガロの結婚」の初演のオーケストラのリハーサルに参加し、アーティストとも談笑しました。世界的に有名な指揮者兼ピアニストであるユーストゥス・フランツ(ドイツ)とマリインスキー沿海州劇場の歌劇団の団長であり、ロシアの名誉ある芸術家であるイリーナ・ソボレワは、学生たちの質問に答えながら、演劇の制作過程における興味深い特徴について話しました。

中央音楽学校は舞台芸術アカデミー(The Central Music Sc​​hool - Academy of Performing Arts=CMS-APA) であり、初期の専門教育の独自のシステムを持つ教育機関として世界中で知られています。1935年にチャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院の最も偉大な教授によって設立されました。卒業生の中には、デニス・マツーエフ、ウラディーミル・アシュケナージ、ニコライ・ルガンスキー、ウラディーミル・スピヴァコフ、ミハイル・プレトニョフ、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーなど、優れた音楽家が名を連ねています。

>>>

7月30日、マリインスキー沿海州劇場で、ウラジオストクで開催される第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として、バレエ閉幕後の劇場アトリウムでオーディエンスミーティングが開催されました

7月30日、マリインスキー沿海州劇場で、ウラジオストクで開催される第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として、バレエ閉幕後の劇場アトリウムでオーディエンスミーティングが開催されました。

聴衆と交流したのは、マリインスキー劇場バレエ団の団長代理でロシア名誉芸術家のユーリ・ファテ−エフ、マリインスキー劇場のプリマ・バレリーナのナデジダ・バトエヴァ、マリインスキー劇場のバレエソリストのロマン・ベリャコフ、国際コンクールで優勝した指揮者のアルセニー・シュプリャコフでした。

観客は、今年のフェスティバルにもたらされたバレエ作品について質問をすることができました。ユーリ・ファテ−エフは、国際極東「マリインスキー」際のプログラムにクラシックバレエだけでなく現代バレエの作品が加わることで、今後リインスキー沿海州劇場に現代バレエがどんどん登場するきっかけになると強調しました。

ミーティングの最後には、希望者にはサインをもらったり、一緒に写真を撮ったりする機会がありました。

>>>

2022年7月30日から8月14日まで、サンクトペテルブルクでは、今や伝統となったマリインスキー沿海州劇場バレエ団による巡演が開催されます

2022年7月30日から8月14日まで、サンクトペテルブルクでは、今や伝統となったマリインスキー沿海州劇場バレエ団による巡演が開催されます。

ウラジオストクからのアーティストたちの夏の巡演は、マリインスキー劇場の新舞台でのバレエ「千夜一夜物語」の公演から始まります。公演は、同劇場のバレエ団の芸術監督であり、ロシアの名誉ある芸術労働者であるエルダー・アリエフによって演出されました。アゼルバイジャン国立歌劇場バレエ劇場主任指揮者兼音楽監督であるエユーブ・クリエフがバレエを指揮します。この音楽は、今年生誕100周年を迎えるアゼルバイジャンの傑出した作曲家フィクレト・アミロフによって作曲されました。

巡演ツアーは、ピョートル・チャイコフスキーとマリウス・ペティパという2人の偉大な巨匠の天才によって生まれたエクストラバガンザ・バレエ、「眠れる森の美女」の公演で続きます。公演は、8月2日、3日、7日にマリインスキー劇場の歴史的舞台で上演されます。交響楽団の指揮は、マリインスキー沿海州劇場の指揮者、アントン・トルベエフによって行われます。

8月4日、マリインスキー沿海州劇場バレエ団は、デンマークの振付家フレミング・フリントの「パイドラー」とエルダー・アリエフの振付による「火の鳥」という一幕ものバレエの夕べに、北部の首都の観客を招待します。2021年11月にロシア、特にマリインスキー沿海州劇場で初めて上演された一幕バレエ「パイドラー」は、多くの絶賛を浴びています。バレエの音楽は、世界で最も有名なアメリカの作曲家の1人であるフィリップ・グラスによって作曲されました。このめったに上演されないバレエが、マリインスキー沿海州劇場のバレエ団の芸術監督であるエルダー・アリエフの主導により、レパートリーとして導入されました。作曲家イゴール・ストラヴィンスキーによるバレエ「火の鳥」の台本には、ロシアの童話に登場する有名なキャラクターがモチーフになっており、本公演のバレエマスターであり演出家であるエルダー・アリエフは、振付を通してこれらのキャラクターを浮かび上がらせることに成功しました。彼のバージョンでは、火の鳥はロシアのオペラの幻想的なヒロインの特徴を帯びており、リムスキー=コルサコフの「サルタン皇帝の物語」の白鳥の王女のイメージに最もよく似ています。公演の指揮は、ウラジスラフ・カルクリンとアントン・トルベーエフがそれぞれ担当します。

また、8月5日、6日、11日、12日の歴史的な舞台では、サンクトペテルブルクの聴衆は、アドルフ・アダンの音楽に合わせてエルダー・アリエフが振り付けたバレエ「海賊」を見ることができます。聴衆は、その演劇性、色彩豊かさ、音楽性、ストーリー展開のダイナミズム、そして音楽とダンスの驚くべき調和のために、このパフォーマンスを高く評価しています。海賊、難破船、東洋のハレム…ありえないほどの障害を乗り越えていく愛がすべてを支配しています。オーケストラはアントン・トルベエフが指揮します。

8月9日、10日、14日の3日間、サンクトペテルブルクの観客は、ピョートル・チャイコフスキーの音楽に、エルダー・アリエフのオリジナル振付による、世界で最も不思議で素晴らしいバレエの一つ「くるみ割り人形」を鑑賞することができます。季節に関係なく、劇中では善意や幸福感を感じることができます。醜い人形に変身させられたハンサムな王子と、くるみ割り人形がネズミの王様を倒すのを助ける善良な少女マーシャについての素晴らしい物語は、子供だけでなく大人も惹きつけてやみません。指揮者はアントン・トルベエフです。

公演には、マリインスキー沿海州劇場バレエ団とマリインスキー劇場のソリストとアーティスト、ソフィア国立オペラ・バレエ劇場の一流のソリストであるマルタ・ペトコヴァとツェツォ・イワノフ、ボリス・エイフマン・ダンス・アカデミーの学生が出演します。

8月14日、マリインスキー沿海州劇場での「くるみ割り人形」2公演で、マリインスキー劇場の第239回シーズンの公式幕が閉じられます。

>>>
© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход