ニュース

04.09.2021

93日、世界のオペラスターであり、ロシアとアブハジアの人民芸術家であるヒブラ・ゲルズマーワのリサイタルが、マリインスキー劇場のプリモリスキー・ステージで大成功を収めて開催されました

93日、世界のオペラスターであり、ロシアとアブハジアの人民芸術家であるヒブラ・ゲルズマーワのリサイタルが、マリインスキー劇場のプリモリスキー・ステージで大成功を収めて開催されました。

ヒブラ・ゲルズマーワ(ソプラノ)は、最も有名なロシアのオペラ歌手の1人です。スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリスト、マリインスキー劇場やボリショイ劇場の客演ソリストとして活躍し、スカラ座、コヴェントガーデン、メトロポリタン・オペラ、バイエルン国立歌劇場とローマ歌劇場、ウィーン国立歌劇場など、最高のオペラとコンサートのステージで演奏してきました。歌手は世界中のコンサートプログラムでたくさんツアーをしています。彼女の作品は、ゴールデン・マスク、ゴールデン・オルフェウス、カスタ・ディーバ、トライアンフなど、数多くの賞を受賞しています。2020年、キブラゲルツマヴァは、国内および世界のオペラ芸術の発展に貢献したことで、ロシア国家賞の受賞者になりました。

ヒブラ・ゲルズマーワは、ベッリーニの歌劇「ノルマ」のノルマのカヴァティーナのカスタ・ディーヴァ(清らかな女神よ)、チレアの同名のオペラからアドリアナ・ルクヴルールのアリア、ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」と「運命の力」のレオノーラのアリア、マスカーニの詩的な「アヴェ・マリア」など、彼女のお気に入りの曲やイメージを音楽夕べのプログラムに盛り込みました。この叙情的なラインは、フランス、イタリア、ロシアの作家の歌によって引き継がれます。マリインスキー劇場プリモルスキー・ステージの交響楽団がコンサートに参加します。この日の夜、E.V.コロボフ名称モスクワ「ノーヴァヤ・オペラ」劇場の首席指揮者であるヴァレンティン・ウリューピンが、指揮台に立ちます。

オペラの歌姫は、ウラジオストクに来て、第6回東方経済フォーラムのコンサートプログラムの一環として出演するという招待を喜んで受け入れたと述べました。ヒブラ・ゲルズマーワは、ウラジオストクに建てられた劇場(プリモルスキー・ステージ)の音響特性を賞賛し、これがこの街の真の誇りであると述べました。ソリストは観客に感謝の意を表し、観客の皆さんがライブアートを非常に懐かしんでいることが、観客の皆さんの目に表れていると述べました。ソプラノ歌手は、ウラジオストクが彼女を魅了し、彼女の故郷であるアブハジアを思い出させたことを強調しました。ソリストはまた、マリインスキー劇場の美しい沿海地方の舞台に再び戻ってきて、より多くの新しいパフォーマンスで観客を楽しませたいと、今後の抱負を語ってくれました。

13.08.2021

93日、世界のオペラスターであり、ロシアとアブハジアの人民芸術家であるヒブラ・ゲルズマーワが、マリインスキー劇場のプリモリスキー・ステージでリサイタルを行います。これはウラジオストクで有名な歌手の最初のパフォーマンスになります。彼女のコンサートは、第6回東方経済フォーラムの文化プログラムの一環として行われます

93日、世界のオペラスターであり、ロシアとアブハジアの人民芸術家であるヒブラ・ゲルズマーワが、マリインスキー劇場のプリモリスキー・ステージでリサイタルを行います。これはウラジオストクで有名な歌手の最初のパフォーマンスになります。彼女のコンサートは、第6回東方経済フォーラムの文化プログラムの一環として行われます。

ヒブラ・ゲルズマーワは、ベッリーニの歌劇「ノルマ」のノルマのカヴァティーナのカスタ・ディーヴァ(清らかな女神よ)、チレアの同名のオペラからアドリアナ・ルクヴルールのアリア、ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」と「運命の力」のレオノーラのアリア、マスカーニの詩的な「アヴェ・マリア」など、彼女のお気に入りの曲やイメージを音楽夕べのプログラムに盛り込みました。この叙情的なラインは、フランス、イタリア、ロシアの作家の歌によって引き継がれます。マリインスキー劇場プリモルスキー・ステージの交響楽団がコンサートに参加します。この日の夜、E.V.コロボフ名称モスクワ「ノーヴァヤ・オペラ」劇場の首席指揮者であるヴァレンティン・ウリューピンが、指揮台に立ちます。

ヒブラ・ゲルズマーワ(ソプラノ)は、最も有名なロシアのオペラ歌手の1人です。スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリスト、マリインスキー劇場やボリショイ劇場の客演ソリストとして活躍し、スカラ座、コヴェントガーデン、メトロポリタン・オペラ、バイエルン国立歌劇場とローマ歌劇場、ウィーン国立歌劇場など、最高のオペラとコンサートのステージで演奏してきました。歌手は世界中のコンサートプログラムでたくさんツアーをしています。彼女の作品は、ゴールデン・マスク、ゴールデン・オルフェウス、カスタ・ディーバ、トライアンフなど、数多くの賞を受賞しています。2020年、キブラゲルツマヴァは、国内および世界のオペラ芸術の発展に貢献したことで、ロシア国家賞の受賞者になりました。

06.08.2021

プリモルスキー・ステージのバレエ団は、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で行われる伝統的な夏のツアーに、人気の高い4つのバレエ作品をもたらしました

プリモルスキー・ステージのバレエ団は、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で行われる伝統的な夏のツアーに、人気の高い4つのバレエ作品をもたらしました。

83日、当劇場のレパートリー新作品である同劇場の主任振付家エルダー・アリエフが振り付けたアゼルバイジャンの作曲家フィクレト・アミロフによるバレエ「千夜一夜物語」によってツアーのプログラムが開始されました。主役は、プリモルスキー・ステージを代表するソリストであるイリーナ・サポジニコワ、アンナ・サモストレロワ、セルゲイ・ウマネッツ、カナト・ナディルベック、リリア・ベレジノワ、カテリーナ・フロリアによって演じられました。ウラジオストクからの出演者に加え、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場一座も出演しました。指揮は、1年前にウラジオストクで開催された「第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバル」のオープニングで「千夜一夜物語」の初演を指揮したバクー出身の客演指揮者エユーブ・クリエフが担当しました。

このツアーは815日まで、「海賊」、「眠れる森の美女」、「ジゼル」を上演します。

「原則として、サンクトペテルブルクでは上演されない作品を持ってくるようにしています。今回はプリモルスキー・ステージのオリジナル作品3点をご紹介します。名前はマリインスキー劇場のレパートリーと重複している可能性がありますが、これらは根本的に異なる作品です」とエルダー・アリエフは強調しました。

公演は歴史ステージと新ステージで行われます。マリインスキー劇場プリモルスキー・ステージの交響楽団の指揮は、アントン・トルベエフによって行われます。

05.08.2021

88日、ピョートル・チャイコフスキーの神秘的なオペラ「スペードの女王」が「マリインスキー」フェスティバルのポスターの最後のイベントになります。ユーリ・テミルカノフが上演するこの劇は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのソリストとゲストパフォーマーの強力なキャストによって上演されます

88日、ピョートル・チャイコフスキーの神秘的なオペラ「スペードの女王」が「マリインスキー」フェスティバルのポスターの最後のイベントになります。ユーリ・テミルカノフが上演するこの劇は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのソリストとゲストパフォーマーの強力なキャストによって上演されます。

オペラ「スペードの女王」は、アレクサンドル・プーシキンによる同名の小説の物語に基づいて、1890年にチャイコフスキーによって作曲されました。 これは、ギャンブルに対する圧倒的な情熱と、それに対抗する光り輝く愛の感覚の物語です。貧しい将校のゲルマンは、貴族出身の少女リーザと恋に落ちます。老いた伯爵夫人が持っている3枚のカードの秘密を聞いた彼は、彼女から秘密を学び、金持ちになって最愛の人に近づこうと決心します。しかし、ゲルマンは泡銭への滑りやすい坂道に時宜を得て立ち止まることができるでしょうか...

ユーリ・テミルカーノフが演出し、イーゴリ・イワノフがアートデザインした「スペードの女王」のプロダクションは、古典的な長寿命のパフォーマンスのまれな例です。オペラの舞台となるエカテリーナ時代のサンクトペテルブルクの主な特徴を、ここでは緻密に再現しています。部屋、兵舎、賭博場のインテリアの詳細、すべての衣装は、実際の歴史的なプロトタイプに対応しています。1984年にキーロフ劇場(現マリインスキー劇場)で公開されたこの公演は、世界的に高く評価され、その後も舞台から消えることはありませんでした。

サンクトペテルブルクからウラジオストクへの「スペードの女王」の制作拠点の移管は、201512月に行われました。初演では、マエストロのヴァレリー・ゲルギエフが指揮をとり、マリインスキー劇場を代表するソリストたちが出演しました。それ以来、沿海地方の聴衆は、このオペラの主要な役の伝説的な解釈や若いスターを聴くことができるようになりました。

88日、第6回の「マリインスキー」フェスティバルの閉会式で、「スペードの女王」の主役が以下の出演者によって演じられます。ナジミディン・マヴリャーノフ(ゲルマン)、エレナ・ラズグリャエワ(リーザ)、アリウンバータル・ガンバータル(エレツキー)、マラット・ムハメツィアノフ(トムスキー)、ユリア・マトチキナ(ポリーナ)、とイリーナ・コロジャージナヤ(伯爵夫人)。この公演の指揮者は、パベル・スメルコフです。

03.08.2021

劇場賞「ゴールデンマスク2021」の受賞者であり、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリストであるナジミディン・マヴリャーノフ(テノール)は、8月のマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの公演に3回出演します

劇場賞「ゴールデンマスク2021」の受賞者であり、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリストであるナジミディン・マヴリャーノフ(テノール)は、8月のマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの公演に3回出演します。

85日に開催される第6回国際極東「マリインスキー」フェスティバルでは、ジャコモ・プッチーニのオペラ「トゥーランドット」(シャルル・ルボー演出)の初演にカラフ役で出演します。マリインスキー劇場のソリスト、ムラダ・フドウレイが残酷な王女トゥーランドット役で登場し、自己犠牲的な奴隷少女リューは沿海地方の劇団のソリスト、アリーナ・ミハイリクが演じます。

88日には、テノールのナジミディン・マヴリャーノフがピョートル・チャイコフスキーの「スペードの女王」でゲルマン役を演じ、音楽祭を締めくくります。この公演は、ユーリ・テミルカノフの有名な古典的演出で上演されます。主役を演じるのは、第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者であるマリインスキー劇場のソリスト、アリウンバータル・ガンバータル(エレツキー)、ユリア・マトチキナ(ポリーナ)、プリモルスキー・ステージのオペラ劇団のソリストであるマラット・ムハメツィアノフ(トムスキー)、イリーナ・コロジャージナヤ(伯爵夫人)、ロシアの名誉ある芸術家エレナ・ラズグリャエワ(リーザ)です。

813日、ナジミディン・マヴリャーノフは、彼の好きなヴェルディの役のひとつである、同名のオペラのドン・カルロス役に出演します。

このアーティストが出演するすべての公演は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの首席指揮者であるパベル・スメルコフが指揮します。

ナジミディン・マヴリャーノフは、タシケントにあるウズベキスタン国立音楽院の卒業生です。2010年以来、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリストを務めています。客演ソリストとして、マリインスキー劇場、モスクワのボリショイ劇場、コヴェント・ガーデン、メトロポリタン・オペラ、フィンランド国立歌劇場、ライン・ドイツ・オペラ、イスラエル・オペラ(テルアビブ)、ミハイロフスキー劇場などに出演しています。2010年、ナジミディン・マヴリャーノフはシンガー・オブ・ザ・イヤーのノミネートでカスタ・ディーバを受賞し、2021年にはロシアのボリショイ劇場でサドコ役を演じたことでロシア国立劇場賞「ゴールデン・マスク」を受賞しました。

02.08.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの首席客演指揮者であるシズオ・Z・クワハラが、第5回イオネル・ペルリ国際指揮者コンクールで第2位と特別賞を受賞しました。コンテストは今年729日にスロボジア市(ルーマニア)で終了しました

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの首席客演指揮者であるシズオ・Z・クワハラが、第5回イオネル・ペルリ国際指揮者コンクールで第2位と特別賞を受賞しました。コンテストは今年729日にスロボジア市(ルーマニア)で終了しました。

シズオ・Z・クワハラは東京で生まれました。イェール大学とイーストマン音楽院で指揮を学びました。ゲオルグ・ショルティ国際コンクールで優勝してから、シズオ・Z・クワハラのキャリアは急速に始まり、その後、交響楽団の指揮者として招かれるようになりました。ミュージシャンはまた、マルコ国際指揮コンクール、東京国際指揮コンクール、サンクトペテルブルクでのプロコフィエフ国際指揮コンクール、カトヴィツェ(ポーランド)でのフィテルベルク国際指揮コンクールの受賞者でもあります。

シズオ・Z・クワハラは南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアをツアーし、ボルティモア交響楽団、東京交響楽団、デンマーク国立交響楽団、ドイツラジオ交響楽団などのグループの演奏を指揮しました。

20181月には指揮者がプリモリスキー・ステージにデビューし、2019/20シーズンにはシズオ・Z・クワハラがプリモリスキー・ステージの首席客演指揮者に就任しました。

02.08.2021

8420:00より、プリモルスキー・ステージの大ホールで、「マリインスキー」フェスティバルのオペラプログラムの一環として、グランド・ガラ・コンサートが開催されます。ガラには、ゲストスターや沿海地方劇団のソリストが出演します

8420:00より、プリモルスキー・ステージの大ホールで、「マリインスキー」フェスティバルのオペラプログラムの一環として、グランド・ガラ・コンサートが開催されます。ガラには、ゲストスターや沿海地方劇団のソリストが出演します。

ドニゼッティ、ロッシーニ、ヴェルディ、グノー、サン=サーンス、グリンカ、チャイコフスキーによるオペラのアリアとデュエットが演奏されます。また、ロシアの作曲家によるロマンスや、ロッシーニの燃えるような「ナポリタン・タランテラ」などもこのログラムに含まれています。

コンサートには、メトロポリタンオペラ、コヴェント・ガーデン、マリインスキー劇場、ボリショイ劇場のゲストソリストであるアルビナ・シャギムラトヴァ(コロラトゥーラソプラノ歌手)、第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者であるアリウンバータル・ガンバータル(バリトン)とユリア・マトチキナ(メゾソプラノ)、マリインスキー劇場のアトキンス・プログラム・フェローのガミード・アブドゥロフ(テノール)等の歌手が出演します。

プリモルスキー・ステージの交響楽団は、マリインスキー劇場の首席指揮者であるパベル・スメルコフによって指揮されます。

出演者のフルキャストとガラプログラムは、以下のサイトでご覧いただけます:  https://prim.mariinsky.ru/playbill/playbill/2021/8/4/1_2000/

30.07.2021

87日、マリインスキー劇場の大ホールでは、世界の音楽の中で重要な器楽作品のひとつであるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの「第九交響曲」が演奏されます。このコンサートは、ウラジオストクで開催される第6回国際極東「マリインスキー」フェスティバルの交響曲プログラムを締めくくるものになります

87日、マリインスキー劇場の大ホールでは、世界の音楽の中で重要な器楽作品のひとつであるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの「第九交響曲」が演奏されます。このコンサートは、ウラジオストクで開催される第6回国際極東「マリインスキー」フェスティバルの交響曲プログラムを締めくくるものになります。

交響曲第9番ニ短調 作品1251824は、作曲家の最後にして最高の作品であります。最初にテキストを使用したのはこの交響曲でした。フィナーレでは、オーケストラに加えて、4人のソリストと混合合唱団(男性と女性)が演奏に参加しています。

今回の「マリインスキー」フェスティバルでは、マリインスキー劇場のソリスト、ムラダ・フドウレイ(ソプラノ)、ユリア・マトチキナ(メゾソプラノ)、マリインスキー劇場のアトキンスプログラムのフェローであるガミード・アブドゥロフ(テノール)、合唱団とプリモルスキー・ステージの交響楽団によって、記念すべき交響曲第9番が演奏されます。指揮台は、パベル・スメルコフによって指揮されます。

28.07.2021

オペラアーティストのオールスターキャストは、「マリインスキー」フェスティバルで上演されるプリモルスキー・ステージのレパートリー公演に出演します。プレイビルには、著名な歌手が参加するガラと交響曲のコンサートも含まれています

オペラアーティストのオールスターキャストは、「マリインスキー」フェスティバルで上演されるプリモルスキー・ステージのレパートリー公演に出演します。プレイビルには、著名な歌手が参加するガラと交響曲のコンサートも含まれています。

730日のオペラプログラムは、当劇場の春季初演作品のひとつであるヨハン・シュトラウス(息子)による「こうもり」(アレクセイ・ステパニュク演出)で幕を開けます。ビャチェスラフ・オクネフによる壮大な設定の目がくらむようなオペレッタが、以下のプリモルスキー・ステージのソリストによって演じられます。アレクセイ・スミルノフ、アリョーナ・ディヤノワ、マリア・スズダルツェワ、ヴャチェスラフ・ワシリエフ、ロマン・クルコビッチとタチヤーナ・マカルチュク。

81日には、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「椿姫」が、世界的に有名な歌手を迎えて上演されます。ロシアの名誉ある芸術家であり、コヴェント・ガーデンやメトロポリタン・オペラのソリストでもあるアルビーナ・シャギムラートヴァが、タイトルロールのヴィオレッタ・ヴァレリー役で登場します。第15回チャイコフスキー国際コンクールで優勝し、カーディフに開催されたBBCコンクール「シンガー・オブ・ザ・ワールド」賞を受賞したアリウンバータル・ガンバータルが、ジョルジュ・ジェルモン役でプリモリスキー・ステージに初登場します。アルフレード役は、沿海地方の劇団のソリストであるアレクセイ・コスチュックによって演じられます。

シャルル・ルボーが上演したジャコモ・プッチーニの色彩豊かな傑作「トゥーランドット」が85日に上演されます。謎のカラフ役は、ボリショイ劇場とスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリストである「2021ゴールデンマスク賞」を受賞したナジミディン・マヴリャーノフによって演じられます。パフォーマンスでの彼のパートナーとして、マリインスキー劇場のオペラ劇団を代表するリード・ソプラノ歌手であるムラダ・フドウレイ(トゥーランドット)、マリインスキー劇場のソリスト、アリーナ・ミハイリク(リュー)とエフゲニー・プレハノフ(ティムール)が出演します。

86日には、チャイコフスキーのオペラ「エヴゲーニイ・オネーギン」が、マリインスキー劇場のアトキンス・プログラムのフェローであるガミード・アブドゥロフ(レンスキー)、歌手のリリア・カドニコワ(タチヤーナ)、ラウラ・ブスタマンテ(オリガ)、アレクセイ・ブブリク(オネーギン)によって上演されます。

第6回「マリインスキー」フェスティバルの締めくくりのパフォーマンスは、ピョートル・チャイコフスキーのオペラ「スペードの女王」で、ユーリ・テミルカノフによる古典演出で上演されます(88日)。主役:ナジミディン・マヴリャーノフ(ゲルマン)、アリウンバータル・ガンバータル(エレツキー公爵)、マリインスキー劇場のソリスト、第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者ユリア・マトチキナ(ポリーナ)、沿海地方劇団のソリストであるエレナ・ラズグリャエワ(リーザ)、マラット・ムハメツィアノフ(トムスキー伯爵)、イリーナ・コロジャージナヤ(伯爵夫人)

また、84日には当劇場の大ホールで、スターが参加するオペラソリストのガラコンサートが開催されます。731日、アルビナ・シャギムラトヴァが交響曲コンサート「モーツァルト。シューベルト」に出演します。ゲスト歌手のムラダ・フドウレイ、ユリア・マトチキナ、ガミード・アブドゥロフは、87日にルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの壮大な第9交響曲でソロを演奏します。

オペラプログラムのすべてのイベントは、パベル・スメルコフの指揮によって行われます。

26.07.2021

世界的に有名な歌手、メトロポリタン・オペラ、スカラ座、コヴェント・ガーデンのゲストソリスト、コロラトゥーラソプラノ歌手アルビナ・シャギムラトヴァが、ウラジオストクのウラジオストクの国際極東フェスティバル「マリインスキー」の一環としてプリモルスキー・ステージの舞台に登場します。女性歌手は、モーツァルトやヴェルディなどの作曲家の曲を演奏会やコンサートで披露します

世界的に有名な歌手、メトロポリタン・オペラ、スカラ座、コヴェント・ガーデンのゲストソリスト、コロラトゥーラソプラノ歌手アルビナ・シャギムラトヴァが、ウラジオストクのウラジオストクの国際極東フェスティバル「マリインスキー」の一環としてプリモルスキー・ステージの舞台に登場します。女性歌手は、モーツァルトやヴェルディなどの作曲家の曲を演奏会やコンサートで披露します。

8月1日、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「椿姫」に、アルビナ・シャギムラトヴァがヴィオレッタ・ヴァレリーという彼女の冠たる役で登場します。彼女のパートナーは、タイトルバリトンでマリインスキー劇場のゲストソリストであるアリウンバータル・ガンバータル(ジョルジョ・ジェルモン)と、沿海地方の劇団を代表するテノールであるアレクセイ・コスチュック(アルフレード)になります。交響楽団は、劇場の首席指揮者パベル・スメルコフによって指揮されます。

7月31日には、スターソプラノが参加する交響曲コンサートが大ホールで開催されます。彼女はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの伝説的なモテット「Exsultate, Jubilate」、KV165のソロを担当します。その最後の部分である「ハレルヤ」は、ソプラノレパートリーのベストセラーです。しかし、技術的に非常に複雑な声楽パートを持つこのモテット全体がライブで演奏されることはめったにありません。さらに貴重なのは、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで、アルビナ・シャギムラトヴァが解釈したそれを聴く機会です。

同日夜、パベル・スメルコフはモーツァルトのピアノ協奏曲第17番(ソリストはセルゲイ・レドキン)、序曲「イタリア風」、フランツ・シューベルトの第5交響曲を指揮します。

8月4日、アルビナ・シャギムラトヴァは、大規模なオペラソリストのガラコンサートに参加します。ガラコンサートには、ゲストアーティスト(アリウンバータル・ガンバータル、ユリア・マトチキナ、ガミード・アブドゥロフ)やプリモルスキー・ステージを代表する歌手の両方が出演します。

オペラスターのアルビナ・シャギムラトヴァは、長年にわたって世界最高のソプラノの1つとしての地位を維持してきました。 「これはそれを信じるために聞かなければならない現象です」とOpera News のコラムニストは歌手の声に対する彼の印象を要約しました。彼女は、コヴェント・ガーデン王立歌劇場、スカラ座、メトロポリタン・オペラ、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場、そしてオーストリアのザルツブルク音楽祭でも常に歓迎されています。 出演者の才能は、「ゴールデンマスク」、Casta Diva, Bravo といった権威ある演劇賞で繰り返し認められています。2017年、アルビナ・シャギムラトヴァは、「ロシア連邦の名誉ある芸術家」の称号を授与されました。

プリモルスキー・ステージの観客は、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」のドンナ・アンナ役、ヴェルディの「椿姫」のヴィオレッタ役、リムスキー=コルサコフの「皇帝の花嫁」のマルファ役、また2016年と2017年の歌手の前回の訪問中のコンサートでの彼女のパフォーマンス中に、すでに歌手を称賛しています。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход