ニュース

2022年、ロシアの音楽界は、類まれな作曲家であるアレクサンドル・スクリャービン(1872–1915)の記念日を祝います。このイベントに合わせて、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは「スクリャービン ー 150」と題した、この作曲家の全オーケストラ作品を演奏するコンサートシリーズ(全3弾)が予定されています

2022年、ロシアの音楽界は、類まれな作曲家であるアレクサンドル・スクリャービン(1872–1915)の記念日を祝います。このイベントに合わせて、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは「スクリャービン ー 150」と題した、この作曲家の全オーケストラ作品を演奏するコンサートシリーズ(全3弾)が予定されています。

5月20日、劇場大ホールで「スクリャービン ー 150・交響楽団のためすべての作品」サイクルの第2夕べが開催されます。マリインスキー沿海州劇場の首席指揮者パベル・スメルコフの指揮で、交響曲第2番ハ短調と詩「プロメテウス(火の詩)」が演奏される予定です。夕べのソリストは、国際コンクールの受賞者であり、客演ピアニストのイワン・クリゴフスキー(ウラジオストク)です。

アレクサンドル・スクリャービンは、傑出した作曲家であり、ピアニストであり、哲学者であり、大胆な革新者でした。彼は、音楽の演奏に伴って変わる光を楽譜に取り入れた最初の人で、「照明音楽」という概念を導入しました。作曲家にとって、それぞれの調性や和音は、色や色の組み合わせを象徴するものでした。作曲家は、音と視覚芸術の可能性を組み合わせようとしたため、彼の作品のタイトルには、光と火に何らかの形で関連するイメージがよく見られます。

交響曲第2番は、この作曲家の作品の主旨である、悪に対する人間の抵抗、それを意志の努力で克服するという考えを表現している。

「プロメテウス」はスクリャービンが完成させた最後の管弦楽作品です。この作品は、古代ギリシャ神話のプロメテウスをほとんど踏襲しておらず、スクリャービンにとってそのイメージは象徴的なものでしかありません。作曲家が考案したように、「プロメテウス」の全体的な調和と旋律の構成は、詩の冒頭に現れる単一の不協和な第6音に由来しています。音楽理論では、「プロメテウスの和音」と呼ばれるようになりました。作品の最高潮では、それが勝利の長三和音に変化し、混沌から世界の調和への転換を象徴的に示しています。

マリインスキー沿海州劇場の首席指揮者であるパベル・スメルコフは、作曲家の作品について次のように語っています:「スクリャービンは、その時代の最も輝かしい代表者として、ヨーロッパ音楽ロマン主義の成果にもとづいてその道を歩み始め、不釣り合いに短い生涯のうちに、それまで知られていなかった宇宙規模のイメージを音楽の中に具体化し、極めて簡潔な形式と全く独自の旋律と和声を達成することができました。スクリャービンの卓越した音楽は、沿海州のリスナーに活気のある反応を見出し、驚き、没入感、喜びを組み合わせたこれまでに経験したことのない感情を呼び起こすと確信しています!」

>>>

2022511日、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場の歴史的な舞台で、マリインスキー沿海州劇場の劇団が上演する2つの1幕のバレエ作品のヨーロッパ初演が行われます。サンクトペテルブルクでは、セルゲイ・プロコフィエフの音楽に合わせたドミトリー・ピモノフのバレエ「束の間の幻影」、そして最近プリモルスキー・ステージで初演された、デンマークの振付師フレミング・フリントの1幕バレエ「パイドラー」を、最も有名なアメリカの作曲家のひとりであるフィリップ・グラスの音楽に合わせて上演する予定

2022511日、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場の歴史的な舞台で、マリインスキー沿海州劇場の劇団が上演する2つの1幕のバレエ作品のヨーロッパ初演が行われます。サンクトペテルブルクでは、セルゲイ・プロコフィエフの音楽に合わせたドミトリー・ピモノフのバレエ「束の間の幻影」、そして最近プリモルスキー・ステージで初演された、デンマークの振付師フレミング・フリントの1幕バレエ「パイドラー」を、最も有名なアメリカの作曲家のひとりであるフィリップ・グラスの音楽に合わせて上演する予定。

1987年、ダラスで伝説的な振付師のフレミング・フリントが、妻でデンマーク人バレリーナのビビ・フリントのために特別に「パイドラー」を上演しました。フリントの演出は、古代ギリシャの劇作家エウリピデスの悲劇に着想を得ています。筋書きは、パイドラーが継子への愛を告白するという、継母の継子への恋を中心に展開しています。若者の拒絶は、悲劇的な結末へと続いていきます。

世界でもほとんど上演されていないこのバレエは、バレエ団の芸術監督エルダー・アリエフの発案により、マリインスキー沿海州劇場で上演されました。この作品の振付は、振付師の補佐人であり、ヒッポリュトス(テセウス王の息子)の初演者であるデンマーク人ジェイコブ・スパルソによって行われました。イタリアの芸術家であり舞台デザイナーのベニ・モントレゾールのアイデアの具現化は、マリインスキー沿海州劇場のチーフデザイナー、ピョートル・オクネフによって行われ、  照明デザイナーは、バレエのパフォーマンスを含め、国際的な演劇界でよく知られているアメリカ人のトニー・トゥッチでした。

>>>

56日、マリインスキー沿海州劇場はピョートル・チャイコフスキーの不朽の名作バレエ「眠れる森の美女」に観客を招待します。マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)のバレエ団のソリスト、エカテリーナ・オスモールキナとアレクセイ・ティモフィーエフがオーロラ姫とデジレ王子の主役を演じます

56日、マリインスキー沿海州劇場はピョートル・チャイコフスキーの不朽の名作バレエ「眠れる森の美女」に観客を招待します。マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)のバレエ団のソリスト、エカテリーナ・オスモールキナとアレクセイ・ティモフィーエフがオーロラ姫とデジレ王子の主役を演じます。この夜の公演では、マリインスキー沿海州劇場バレエ団のソリストとアーティスト、西田早希、リリア・べレジノワ、ユーリ・ジンヌロフ、ラダ・サルタコワ、加藤静流が共演します。交響楽団は指揮者のアントン・トルベエフが指揮します。

エカテリーナ・オスモールキナは、ロシア功労芸術家であり、国際コンクールの優勝者であり、バレエパフォーマンスで最優秀女性役にノミネートされたサンクトペテルブルクの「ゴールデン・ソフィット」の最高の劇場賞を受賞しています(「フローラの目覚め」、2006/07シーズン)。

アレクシー・ティモフェエフは、バレエアーティスト国際コンクールの受賞者であり、ルドルフ・ヌレエフにちなんで名付けられた第16回のバレエ芸術国際フェスティバルでは、「高度な専門的スキルとバシコルトスタン共和国のバレエ芸術の発展への貢献のため」(2010年)のディプロマを受賞しています。

>>>

513日、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のメインステージで、ガラ・コンサートと「踊りの魂」賞の授賞式が開催されます。この賞は、1994年に「バレエ」誌がロシア連邦文化省と共同で創設したもので、ロシアの振付芸術の発展に顕著な功績のあったロシア文化人に贈られる賞です

513日、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のメインステージで、ガラ・コンサートと「踊りの魂」賞の授賞式が開催されます。この賞は、1994年に「バレエ」誌がロシア連邦文化省と共同で創設したもので、ロシアの振付芸術の発展に顕著な功績のあったロシア文化人に贈られる賞です。

マリインスキー沿海州劇場バレエ団の芸術監督、ロシアの名誉ある芸術労働者であるエルダー・アリエフは、厳粛な式典で「踊りの騎士」部門の賞を授与される予定です。これまでのこの賞の受賞者には、ユーリー・グリゴローヴィチ、マイヤ・プリセツカヤ、ウラジーミル・ワシーリエフ、ウリヤーナ・ロパートキナ、ニコライ・ツィスカリーゼ、スヴェトラーナ・ザハーロワ、ディアナ・ヴィシニョーワなど著名人が多数います。

同日夜には、ガラコンサートも開催され、沿海州バレエ団が首都モスクワで初めて公演し、エルダー・アリエフの振付でセルゲイ・ラフマニノフの音楽による振付作品「インスピレーション」をモスクワの観客に披露します。このコンサートには、数々の賞を受賞した演奏家、ロシアの他の劇場のアーティスト、国内の振付学校の学生も出演します。

>>>

59日と29日、マリインスキー沿海州劇場では、モデスト・ムソルグスキーの壮大なオペラ、「ホヴァーンシチナ」のコンサート公演が行われます

59日と29日、マリインスキー沿海州劇場では、モデスト・ムソルグスキーの壮大なオペラ、「ホヴァーンシチナ」のコンサート公演が行われます。

「ホヴァーンシチナ」は、ロシアのオペラ音楽において特別なタイトルです。批評家はそれを「ロシア生活の年代記」と呼び、作曲家自身が「ホヴァーンシチナ」を「民族音楽劇」と称したのも、そのためです。歴史的な筋書き、大勢のキャスト、生の人間の会話のイントネーションに近い独特の音楽言語、そして「話す」オーケストラは、この作品が例外的な場所を占めることを可能にした要素です。

モデスト・ムソルグスキーの楽譜は、爽快な満腹感と臨場感にあふれています。大規模で変化に富んだ合唱シーン、登場人物の叙情的な表現、痛快な場面やセリフ、そしてモスクワ川の夜明けから悲惨な火災まで描ききる絵画的なオーケストラの絵画は、独自の音楽世界を生み出しました。したがって、「ホヴァーンシチナ」のコンサート公演は、風景のない妥協版の公演ではなく、この偉大なオペラ劇の豊かなニュアンスを聴かせる自己完結型の形式をとっています。 

59日には、「ホヴァンシチナ」の主役がマリインスキー沿海州劇場の歌劇団のソリストである、ラウラ・ブスタマンテ、セルゲイ・セヴァスティアーノフ、エフゲニー・プレハノフ、ミンギヤン・オジャエフ、アレクセイ・スミルノフ、ヴャチェスラフ・ワシリエフ、イリヤ・アスタフロフによって演じられる予定です。オーケストラは、首席指揮者パベル・スメルコフによって指揮されます。

>>>

4月には、マリインスキー劇場と沿海州別館の客演指揮者であり、クラスノダール音楽劇場の芸術監督であるウラジスラフ・カルクリンがオーケストラと共演しています

4月には、マリインスキー劇場と沿海州別館の客演指揮者であり、クラスノダール音楽劇場の芸術監督であるウラジスラフ・カルクリンがオーケストラと共演しています。

4月22日と23日、マエストロは、デーヴィッド・ベラスコの同名のドラマに基づいた、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニによる有名なオペラ「蝶々夫人」の初演の指揮を行いました。パフォーマンスの演出はマリウシュ・トレリンスキ、舞台美術はボリス・クドリチカが担当しました。

ウラジスラフ・カルクリンは多くの国際コンクールの受賞者であり、優勝者です。サンクトペテルブルク音楽院クラリネット科(アディル・フョードロフ教授)を優秀な成績で卒業。イリヤ・ムーシン教授の交響曲指揮クラスを受講し、2000年にアレクサンドル・ティトフ教授のもとで研修。1997年にデュッセルドルフのロベルト・シューマン音楽大学でクラリネット科を優等で卒業し、2002年にはピアノと交響楽団の指揮を優秀な成績で卒業。

2005年から2009年まで、パッサウ(ドイツ)のオペラハウスで副首席指揮者兼芸術監督を務めます。2009~2011年、サンクトペテルブルク国立アカデミック交響楽団客演指揮者、2010~2013年、ダルムシュタット歌劇場指揮者を務めます。GAMAC交響楽団(米国)、ミハイロフスキー劇場、エカテリンブルク・オペラバレエ劇場、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー協会、モスクワ・ヘリコンオペラ劇場等と共演。

2011年よりマリインスキー劇場の首席客演指揮者を務めています。2016年よりウラジオストクのマリインスキー劇場で客演指揮者を務めています。

4月27日には、ウラジオストクでウラジスラフ・カルクリンがオペラ「蝶々夫人」の第3回初演を指揮します。

>>>

2022年4月21日、アゼルバイジャン共和国大統領イルハム・アリエフの命令により、マリインスキー沿海州劇場バレエ団芸術監督のエルダー・アリエフが、民族間の友好強化とアゼルバイジャンディアスポラの発展への貢献に対して「ドストルグ」勲章(友好勲章)を授与された

2022年4月21日、アゼルバイジャン共和国大統領イルハム・アリエフの命令により、マリインスキー沿海州劇場バレエ団芸術監督のエルダー・アリエフが、民族間の友好強化とアゼルバイジャンディアスポラの発展への貢献に対して「ドストルグ」勲章(友好勲章)を授与された。

エルダー・アリエフはバクーで生まれ、バクー振付学校を卒業し、後にサンクトペテルブルクのワガノワ名称ロシアバレエアカデミーの教育学部を卒業。1979年から1992年まで、マリインスキー劇場の主要ソリストとして活躍。彼の創造的なバックグラウンドには、「ドン・キホーテ」、「愛の伝説」、「海賊」、「白鳥の湖」、「ラ・バヤデール」、「スパルタクス」などのバレエの主役が含まれている。

エルダー・アリエフのツアー地理は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場やミラノのスカラ座からブエノスアイレスのコロン劇場やシドニーオペラハウスまで、世界の40か国以上と最も有名な舞台をカバーしている。ダンサーとして、彼は近代の最も偉大な振付師であるユーリー・グリゴローヴィチ、ローラン・プティ、モーリス・ベジャール、アルベルト・アロンソ、オレグ・ヴィノグラドフ、ウラジーミル・ワシーリエフ、マウリシオ・ウェインロットと共演してきた。   彼の舞台パートナーは、ガリーナ・メゼンツェワ、ガブリエラ・コムレワ、タチアナ・テレホワ、シルヴィ・ギエム、アマンダ・マッケロー、レスリー・ブラウン、アルティナイ・アスィルムラートワ、リュボフィ・クナコワ、オルガ・チェンチコヴァなどの優れたバレリーナだった。

1992年から2005年にかけて、エルダール・アリエフの指揮の下、Ballet Internationale(米国インディアナポリス・バレエ・シアター)で、フィクレト・アミロフの「千夜一夜物語」、ピョートル・チャイコフスキーの「くるみ割り人形」、イゴール・ストラヴィンスキーの「火の鳥」など、彼の代表作を含む30以上の作品が作られている。2006年以降、ヨーロッパ、アジア、アメリカの一流カンパニーやバレエアカデミーのゲストコンサルタント、講師、振付師、国際バレエコンクールの審査員として活躍している。 

2015年2月より、沿海州オペラ・バレー劇場の首席振付師を務めている。2016年以来、彼はマリインスキー沿海州劇場の主任振付師であり、2021年以来、マリインスキー沿海州劇場バレエ団の芸術監督を務めている。エルダー・アリエフが授与された賞の中には、ロシア連邦の名誉ある芸術家の称号、瀋陽国立音楽院名誉教授(中国)、インディアナポリス・ビジネス・ジャーナル誌が創設した「Forty under 40」賞(米国)、「ダンスの魂」(ロシア)、ロシア連邦文化大臣の賞状など受賞歴があり、尚、芸術の発展への彼の貢献を称え、米国インディアナポリスで6月21日を「エルダー・アリエフの日」と制定されている。

>>>

421日、ジャコモ・プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の初演に捧げられた記者会見が、マリインスキー沿海州劇場で開催されました

421日、ジャコモ・プッチーニのオペラ「蝶々夫人」の初演に捧げられた記者会見が、マリインスキー沿海州劇場で開催されました。

マリインスキー沿海州劇場の芸術監督であるイリーナ・ソボレワは、ビデオ録画を介して記者会見の参加者に挨拶し、今度の初演は沿海州別館の歌手のプロ意識の高まりとレベルの高さを示すものだと指摘しました。「歌手や劇場が成長し、良い方向に急速に変化しているのを目の当たりにし、誇らしい気持ちでいっぱいです。パンデミックの数年間にも、私たちは観客を失うことなく、演劇にとって最も重要なことです。観客が公演をとても暖かく受け入れ、スタンディングオベーションの拍手喝采を送ってくれることは、確かに大きな価値のあることです」とイリーナ・ソボレワは強調しました。

当公演を担当するマリインスキー沿海州劇場の演出家であるアンナ・シシキナは、バタフライの役では、ソリストたちが何事にも真の日本的な抑制を守り、相手に対して非常に優しく繊細な態度をとることで、自分自身を「小さくする」ように演奏することを心がけたと述べました。ヒロインとは対照的に、ピンカートンのイメージは、非儀式的なアメリカ文化の側面を表しているようなものです。

マリインスキー沿海州劇場の客演指揮者であるウラジスラフ・カルクリンは、オーケストラが異常な課題に直面していたことを話してくれました。「私は作曲家プッチーニが書いた情熱的で鮮やかな音楽を引き出そうとすると同時に、抑制の効いた音楽を強調しようとしました。詳細なシンフォニックな絵が展開されるとともに、細部に至るまで柔らかさと繊細さが感じられます。非常に繊細なミュージカルキャンバスと台本キャンバスは、さまざまな形で絡み合っています。演出自体は非常に珍しくて面白いですが、音響的にすべてをまとめることが難しい時もありました。そして、それが基本的にリハーサルの目的でした。また、オーケストラも非常に良い演奏をします。私は数年前からウラジオストクに来て、沿海州別館の素晴らしい劇団と協力してきました。すべての劇場がこれほど多くの素晴らしい芸術家を誇ることができるわけではないと言えます。」  

オペラ団の責任者であるエレナ・グルシェンコは、ソリストたちが非常に困難で興味深い仕事をしたことで、アーティストたちが潜在能力を発揮し、自分の才能の新しい側面を発見し、より高いレベルの演奏スキルに踏み出すことができたと強調しました。彼女は、イタリア語講師のマリア・ニキティナの多大な協力と、オペラ団の芸術監督イリーナ・ソボレワの膨大な仕事と苦労の多い日課に言及しました。「劇場の能力から、今回のバタフライ役には5人のソリストが参加でき、劇団のほぼ全員がこの演出に携わっています。いくつかのキャストが用意されています。そして、オペラ「蝶々夫人」では、それぞれのソリストが自分の役の特徴を発揮してくれるため、本当に観客にはさまざまなキャストで鑑賞してもらいたいと考えています。これがリスナーへの本当の贈り物になり、沿海地方の文化イベントになることを願っています」とE.A.グルシェンコは述べています。

>>>

2022年4月22日と23日、マリインスキー沿海州劇場で、デーヴィッド・ベラスコの同名のドラマに基づいた、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニによる有名なオペラ「蝶々夫人」が初演されることになりました。パフォーマンスの演出はマリウシュ・トレリンスキ、舞台美術はボリス・クドリチカが担当しました。主役は、マリインスキー沿海州劇場ののソリストたちが初演に向けて準備しています

2022年4月22日と23日、マリインスキー沿海州劇場で、デーヴィッド・ベラスコの同名のドラマに基づいた、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニによる有名なオペラ「蝶々夫人」が初演されることになりました。パフォーマンスの演出はマリウシュ・トレリンスキ、舞台美術はボリス・クドリチカが担当しました。主役は、マリインスキー沿海州劇場ののソリストたちが初演に向けて準備しています。

アメリカ海軍士官ピンカートンに恋をした日本人少女の蝶々さんの悲劇的な物語は、2016年にウラジオストクで「第1回極東マリインスキーフェスティバル」のプログラムとして初演されました。当時のタイトルパートを、現代の主要なソプラノ歌手の1人であるアナ・マリア・マルティネスが、ピンカートン役をロシアの名誉ある芸術家でマリインスキー劇場のソリストでもあるエフゲニー・アキモフが歌い上げました。

世紀の変わり目に、原子爆弾が長崎を破壊する約45年前に、若きアメリカ人将校ピンカートンは日本にやってきて、その優雅さからバタフライと愛称を付けられた魅力的な少女、蝶々さんと結婚します。中尉は彼女の美しさに魅了され、彼の母国でこの結婚が無効と宣言されることを気にしません。一年後、ピンカートンは赤ちゃんが生まれるのを待っている妻を去り、アメリカに戻って再び結婚します。蝶々さんは忠実に彼を待っています。3年後、蝶々さんが息子を育てていることを知った将校は、子供を引き取るつもりで、新妻とともに来日します。息子を手放さざるを得なくなった母親は、決死の覚悟で一歩を踏み出します。

偉大なベリストのジャコモ・プッチーニによるオペラ「蝶々夫人(マダムバタフライ)」は、フランスの作家で旅行者のピエール・ロティによる自伝的小説「お菊さん」(1888年)をプロットしたものです。ロティの小説はいくつかの改訂段階を経ました。アメリカの作家ジョン・ルーサー・ロングの妹による日本の思い出が追加され、1900年にはアメリカ人演出家デーヴィッド・ベラスコによって舞台化されました。ロンドン滞在中にベラスコの戯曲を見たプッチーニは、これを大変気に入り、台本作家のルイージ・イッリカとジュゼッペ・ジャコーザに、それに基づいたオペラの台本を書くように依頼しました。遠く離れた日本の生活を題材にしたのは、19世紀から20世紀のヨーロッパの芸術に広まっていたエキゾチックなものへの欲望、新しい色でパレットを豊かにしたいという芸術家の願望に応えるものでした。1903年から1904年にかけて書かれたこのオペラは、後に作曲者によって編集され、大成功を収め、世界のオペラ舞台で確固たる評価を得ることになりました。

「プッチーニは、愛しすぎて、夫を神と見なし、夫のために信仰も家族も家庭もないがしろにしてしまう女性の状況を描いたのです。これは、「自分のために偶像を作るな」という戒律を破った女性の物語です。最終幕が贖罪と勝利の証になります。」と舞台監督のマリウシュ・トレリンスキは言います。舞台装置は、今日でも日本で尊ばれている「自然と人工のつながり」と言う原理を強調しています。衣装は明治時代の装いに着想を得ており、舞台照明は明るく純粋な音色で神秘感を醸し出しています。演出家は、悲劇の原因を、ヒロインが犠牲になっている完全な規則正しい生活様式に見出すよう、視聴者に促しています。パフォーマンスは、信頼を踏みにじることがどれほど怖くて残酷であるかを示しています。アメリカ人将校と日本人少女のラブストーリーは、両者にとって悲劇的な結末を迎えることになります。軽薄さと騙されやすさが、2つの文化の衝突を背景に残酷なトリックを演じてしまいます。

>>>

視聴者の皆様!

マリインスキー沿海州劇場は、ロシア消費監督庁の勧告に従い、COVID-19の発生率が減少する傾向を考慮して、沿海地方政府が反COVID体制を緩和することを決定したことをお知らせします

視聴者の皆様!

マリインスキー沿海州劇場は、ロシア消費監督庁の勧告に従い、COVID-19の発生率が減少する傾向を考慮して、沿海地方政府が反COVID体制を緩和することを決定したことをお知らせします。

以前に課されていた多くの制限が解除されます。特に、劇場来場時のQRコード提示の義務化は廃止されました。

マスク着用と定期的な消毒は、現在でも義務付けられています。

マリインスキー沿海州劇場は、春のレパートリーの素晴らしいイベントに、観客をご招待します。今後のイベントには、冒険バレエの「海賊」(33日と7日)、イタリアのオペラの傑作「カルメン」(34日)、昨シーズンの興行収入を記録したパフォーマンスの1つであるオペレッタ「こうもり」(36日)が含まれています。国際婦人デーには、小ホールで祝祭コンサート「春のメロディーと愛の言葉」が開催され、大ホールでは有名なロシア歌劇「エヴゲーニイ・オネーギン」の公演が行われます。

 お好きなパフォーマンスやコンサートをお選びになって、マリインスキー劇場にお越しください。プレイビルに公演種別・会場別の検索フィルターが設定されましたので、お知らせします。

>>>
© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход