マリインスキー劇場の, 大ホール

エフゲニー・オネーギン

3幕の叙情的なシーン

ロシア語で上演されます
(ロシア語と英語の同時字幕付き)

Performers

指揮者:

ヴィタリー・シェベレフ

エフゲニー・オネーギン: Dmitry Nelasov
タチアーナ: Elizaveta Senatorova
レンスキー: Roman Krukovich
オリガ: Laura Bustamante
グレーミン公爵: Yevgeny Plekhanov

Credits

ピョートル・チャイコフスキーによる作曲

リブレットピョートル・チャイコフスキーとコンスタンチン・シロフスキーによるリブレット

アレクサンドル・プーシキンの同名の韻文小説が原作

Stage Director: Alexei Stepanyuk (Honoured Artist of Russia)
Artistic Director: Vyacheslav Okunev (Peoples Artist of Russia)
Choreographer: Aidar Akhmetov (Honoured Artist of the Republic of Tartarstan)
Lighting Designer: Vladimir Sterlin
Chorus Masters: Larisa Shveikovskaya and Anna Pipia
Musical Preparation: Andrei Annenkov

SYNOPSIS

1幕

1場。ラーリン屋敷。女地主ラーリナ夫人、彼女の2人の娘のタチヤーナとオルガ、そして彼らの乳母は、天気の良い夜を楽しんでいる。そこへ収穫を終えた農民たちが野良仕事から帰って来て、古い習慣に従って、飾った麦の束をもたらして奥様に捧げ、感謝の言葉を述べる。突然、ゲストが家に現れる。隣の屋敷に住むオリガの許婚であるヴラヂーミル・レンスキーと、そのサンクトペテルブルク出身の友人エフゲニー・オネーギンが遊びに来た。首都のダンディの訪問は、地所の住民の落ち着いた、慣れ親しんだライフスタイルに違反してしまう。タチヤーナは、オネーギンを紹介されると、その場で好きになってしまう。オリガと二人きりになったレンスキーは愛を打ち明ける。

2場。タチヤーナの手紙。タチヤーナは、以前は馴染みのなかった新しい感情に満ちている。タチヤーナが興奮しているのを見て、乳母は彼女の気を散らして落ち着かせようとする。その晩、1人になったタチヤーナは自分の思いを長文の手紙に綴り、夜明けに乳母にサンクトペテルブルクからのゲストに渡してくれるように頼む。

3場。関係の明確化。自分の手紙を読んでオネーギンはどう思っただろうか、と考えているタチヤーナの前に、オネーギンが現れる。彼はタチヤーナの誠実さが好きだが、彼女の愛の告白は彼に相互的な感情を引き起こさない。

2幕

4場。ラーリン家での舞踏会。タチヤーナの聖名祝日の宴が開かれていて、祝いを述べる大勢の客で賑わっている。素町人の世間話や井戸端会議の田舎くさい舞踏会は、オネーギンには無粋なものと感じられ彼は非常に退屈している。オネーギンは自分をこの会に誘ったレンスキーへの腹いせに、オリガの歓心を惹こうとする。友人の振る舞いに憤慨したレンスキーは、オネーギンに決闘を申し込む。出席者は二人の友人の和解に失敗する。

5場。決闘。決闘を待っているレンスキーは、自分の人生を憧れと痛みで思い描いている。レンスキーと同様に、姿を現したオネーギンは和解の準備ができている。しかし、名誉法は決闘を避けられないものにしている。銃声が響き、レンスキーが殺される。

3幕

6場。サンクトペテルブルクの舞踏会。それから数年ぶりにオネーギンはサンクトペテルブルクに戻り、ある貴族の家の舞踏会でタチヤーナに会う。現在、彼女はグレーミン将軍の妻である。

かつての彼女からは想像もつかない、この気品と尊厳に満ちた社交夫人は、本当に彼が説教を聞かせたあの女の子だろうか、とオネーギンは驚いてしまう。「悲しいかな、間違いなく、私は恋している、少年のように恋している、若々しい情熱に満ちている!」、とオネーギンは興奮して気付く。

7場。面会。オネーギンはタチヤーナとの面会ができた。彼の言葉には後悔が聞こえている。愛の告白を求め、彼女に愛を告白させた。だが、夫と一緒にいるという彼女の決定は取り返しのつかないものである。オネーギンは絶望に陥る。「恥ずかしいよ!寂しいよ!ああ、私の惨めな運命だ!

ABOUT THE PRODUCTION

Pyotr Tchaikovsky began composing for music theatre at the end of 1860’s. By that time he was already a well-known composer of instrumental music and a master of musical arrangements.

However success in the opera music came to him much later. It is probably hard to believe, but for a long time Tchaikovsky himself, his friends and colleagues had doubts whether he was going to make it as an opera composer or not. As it turned out he just needed to find his own path. After writing a historical opera, phantasmagorical and a comic ones Tchaikovsky realized that his strength was in his ability to convincingly convey emotions and feelings of his characters. The first work of this kind was Eugene Onegin (1878) with composer’s note “lyrical scenes”. Its performance on the opera stage was a true triumph of the composer. In Eugene Onegin Tchaikovsky did not intend to reveal deepest philosophic ideas of Pushkin's novel, he focused on main characters – Tatiana, Onegin and Lensky. Three acts of the opera are three dramatic love stories. The first is about Tatiana and her drama, the second one is about Lensky and his tragis death, and the third one is Onegin’s drama, the final scene of which leads to destruction of all Onegin’s hopes. However Tchaikovsky did not forget about other characters creating beautiful musical portraits such as the aria of Olga and aria of Prince Gremin that have become world musical treasures and often are performed in concerts.

Without being “an encyclopidia of Russian life” like the original poem, Tchaikovsky’s opera delicately restores an atmosphere of nobility’s life, immediately immersing the audience in the nineteenth century. The scene of a home concert when young ladies played or sang music (duet of Tatiana and Olga), choir of peasant girls picking berries, the chorus and dance of peasants who came to the mension to tell the “noble mother” about finishing the harvest – they all convey the warmth and charming simplicity of country life of the Russian nobility.

What a colorful mix of a provincial country festivity in the house of the Larin’s with simple dances, stories of hunters and old ladies’ gossiping, a comic French guest and young girls picking on a company commander! In contrast to it there is a scene from the high society – a ball reception in the city palace of Prince Gremin opens with a solemn polonaise!

The production of this opera on the Primorsky Stage is done by wellknown St Petersburg artists – the Meritorious Artist of Russia Alexei Stepanyuk, and the People’s Artist of Russia Vyacheslav Okunev. They preserved the tradition of so called big style. This production rich with historical costumes will remind the audience the famous Eugene Onegin of the Mariinsky Theatre.

Nadezhda Koulygina


World Premiere: 17 March 1879, Maly Theatre, Moscow
Premiere in Vladivostok: 26 January 2014

Running time: 3 hours 40 minutes
The performance has two intervals

Age category 12+

© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”