マリインスキー劇場の, 大ホール

ベートーヴェン。交響曲第9番


演奏家:
Alena Diyanova (soprano)
Laura Bustamante (mezzo-soprano)
Ilya Astafurov (tenor)
Yevgeny Plekhanov (bass)
Mariinsky Chorus and Orchestra
指揮者:Justus Frantz

プログラム内容:
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
交響曲第9番ニ短調 作品125

About the Concert

ベートーヴェンの「交響曲第9番」は、ホメロスの詩、ダンテの「神曲」、セルバンテスの「ドン・キホーテ」、ゲーテの「ファウスト」、バッハの「ミサ曲」などと並び、世界で最も優れた芸術作品の1つにランクされています。ベートーベンの交響曲第9番は、その時代の願望を最大限に表現すると同時に、今日まで私たちが忠実に守ってきた普遍的な人間の理想を宣言しました。第9交響曲はベートーベンの交響曲家としてのキャリアを完了し、同時に未来への道を開きました。ベートーヴェンは、交響曲に詩の言葉を導入することで、同時代の人々を驚愕させるほどの大きな革新的な一歩を踏み出しました。作曲家自身にとって、第9交響曲のフィナーレの作曲は、シラーの「歓喜の歌」の音楽的具体化を長年探し求めた結果でした。

ベートーベンは、交響曲の哲学的概念を表現するために、初めて言葉を使いました。しかし、ここで重要なのは、ベートーヴェン以来、交響曲は、ドイツの音楽評論家パウル・ベッカーの適切な定義によれば、日曜日のミサが教会で教区民を集めるのと同じように、コンサートホールの聴衆を集める「世俗的なミサ」の役割を果たしているということです。また、ベートーベンが作曲したシラーの名曲「歓喜の歌」が、欧州共同体、つまり統一されたヨーロッパの公式な国歌となったのは偶然ではありません。それがいたるところで全人類の自由と兄弟愛の神格化となっているのは偶然ではありません。

ベートーヴェンの交響曲第9番は、182457日にウィーンで作曲者の指揮により初演されました。

Age category 6+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”