マリインスキー劇場の, 大ホール

ラ・バヤデール

全3幕のバレエ

初演

Performers

指揮者:

アントン・トルベエフ

ニキヤ: Anna Samostrelova
ガムザッティ: Lilia Berezhnova
ソロル: Sergei Umanetc
黄金の神: Shizuru Kato
影のトリオ: Madoka YanoSaki NishidaDaria Tikhonova

Credits

作曲:ルートヴィヒ・ミンクス
ウラジーミル・ポノマリョフとワフタング・チャブキアーニ(1941)によって改訂されたマリウス・プティパ(1877)による振り付け、コンスタンチン・セルゲーエフ、ニコライ・ズブコフスキーによる個々の踊り
マリウス・プティパとセルゲイ・クデコフによる台本

舞台監督:ミハイル・シシュリャンニコフ(アドルフ・クヴァップ、コンスタンチン・イワーノフ、ピョートル・ラムピン、オレスト・アレグリの大道具に基づく)
衣裳:エフゲニー・ポノマリョフ
照明デザイナー:ミハイル・シシュリャンニコフ

SYNOPSIS

1

1

高貴な若者達がトラ狩りから戻ってくる。有名な戦士ソロルは、ファキールのマゲダヴェヤに、夜に寺院の前で彼女を待っていることを寺院の舞姫(バヤデール)であるニキヤに伝えるように指示する。

大僧正、祭司たち、バヤデールたち、僧侶たちが厳粛に現れ、火炎崇拝祭が始まる。お祝いの集大成は、美しいニキヤの踊りである。

大僧正は、神聖な尊厳とそれに伴う独身の誓いを忘れて、ニキヤへの愛を告白する。彼は彼女が望むすべて、インドのすべての富を彼女に約束する。しかし、ニキヤは恐怖で彼を拒む。

ニキヤはこっそり夜のソロルとのデートにやってくる。ソロルはバヤデールとひそかに愛し合っており、結婚の誓いを立てる。彼はバヤデールを、誰も知らない場所に、そして彼らが幸せになる場所に彼と一緒に逃げるように説得する。しかし、彼らの熱烈な愛の宣言を聞き盗んだ大僧正は、恋人たちに復讐することに決心する。

2

ラジャドゥグマンタは、娘のガムザッティに、彼女が最高で最も勇敢な戦士であるソロルの妻になることを発表する。ガムザッティもまたソロルを愛する。ニキヤを愛し、彼女に忠誠の誓いを立てたソロルは戸惑うが、美しいガムザッティに惹かれ、またラジャに逆らえず結婚を承諾してしまう。

ニキヤは、ガムザッティの花嫁への通過儀礼を行うために宮殿に呼び寄せられる。大僧正も現れる。ニキヤに拒まれて恋敵ソロルを憎む大僧正はラジャにふたりの関係を告げ口する。ドゥグマンタは怒っているが、自分の決定を変えることはない。ソロルは彼の娘の夫になり、舞姫は死ななければならない。そのような結果を予期していなかった大僧正は、舞姫の死に対する神々の罰でラジャを脅かすが、ドゥグマンタは執拗である。

ガムザッティは、この話を聞いた。彼女は奴隷侍女にニキヤを連れてくるように命じ、偶然のようにニキヤに許婚の肖像画を見せる。ニキヤは絶望している。ソロルは彼女だけを愛し、彼女だけに属すると彼女は抗議する。ガムザッティはニキヤにソロルとの別れを迫るよう要求し、懇願するが、舞姫は彼女の最愛の人と別れるよりも死んだほうが増だと答える。怒りのあまり、ニキヤは思わずライバルを短剣で殺そうとするが、侍女だけがガムザッティを特定の死から救う。

2

ラジャの宮殿の前の広場。ガムザッティとソロルの結婚式。

舞うニキヤには花かごが贈られ、そこから毒蛇が這い出て、致命的にバヤデーレを咬んでしまう。

毒蛇に咬まれて倒れたニキヤに、大僧正がソロルを忘れるなら、解毒剤を飲ませて助けると告げる。しかし、ニキヤは拒んで、彼女の愛に忠実であり続け、息絶える直前に、彼女の最愛の人に彼の誓いを思い出させまる。

3

1

ソロルは慰められない。彼はニキヤを裏切った悔恨と彼女を失った悲しみに暮れている。マゲダヴェヤは、若い男を重い考えからそらそうとして、蛇使いに助けを求める。ソロルは笛の音を聞きながら眠りに落ちる。

2

ソロルの目の前に闇から死者の影が現れる。彼らは山の棚から長い列をなして降りてくる。幻覚の中でソロルは死者たちのなかにニキヤを見出して、愛を誓う。彼女は彼を呼んでいる...

ABOUT THE PRODUCTION

La Bayadère is one of the most popular ballets in the classical legacy. It is a story of love told through demure dance duets and pantomime dialogues, large-scale corps de ballet ensembles and the striking dances of the soloists. A colourful and vast canvas, woven together using highly complex choreographic language, La Bayadère is a test of professionalism, the sparkle of the ballerina and the male principal and the acting abilities of the performers. Marius Petipa created this production in 1877 for the gala performance of the virtuoso ballerina Yekaterina Vazem in an attempt to showcase the talent of his favourite ballerina as fully as possible and which would be worthy of the setting. Petipa laid out his dance poem based on a plot about the love between a noble Indian warrior and a temple dancer. The exotic flavour was to be a keystone of the spectacle, while the melodramatic story of a love deceived, typical for the theatre in the middle of the 19th century, was simple in terms of its literary exposition; in its choreographic revelations Petipa filled it with depth, nuances and generalisations. The structure of the production was moulded by the brilliant flair of the choreographer who knew how to blend together the necessary proportions of the grand divertissement of a palace celebration and the piercing emotion of the abandoned heroine's tragic monologue, the tense emotionality of the pantomime depiction of worldly events and the aloofness of classical dance in the Kingdom of Shades. With the passing of time this structure was altered. In the 20th century La Bayadère "lost weight" by dropping an entire act – the rationalsim of the Soviet view of the world rejected the use of simple-hearted props to depict retribution for breaking an oath, and along with the final destruction of the palace the ballet also lost its dramatic and dance dénouement. The realities of 19th century theatre that remained in the ballet, plush tigers and elephants on wheels look touchingly amusing today, but their modest specific details set off the timeless harmony of the act of the Shades, Petipa's bewitching masterpiece in which his genius was as never before close to absolute perfection.

Olga Makarova


初演:1877年1月23日、ボリショイ劇場、サンクトペテルブルク
ウラジーミル・ポノマリョフとワフタング・チャブキアーニによる編集版の初演:1941年2月10日、キーロフオペラバレエ劇場(マリインスキー)

演奏時間:2時間55分
上演中に2回の幕間あり

Age category 6+

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”