マリインスキー劇場の, 大ホール

フィガロの結婚


4幕のオペラ

ロシア語で上演されます

Performers

指揮者:

パベル・スメルコフ

Figaro: Sergei Sevastyanov
Susanna: Olga Zharikova
Countess Almaviva: Elena Razgulyaeva
Count Almaviva: Alexei Repin
Cherubino: Laura Bustamante
Marcellina: Svetlana Rozhok
Bartolo: Yevgeny Plekhanov

Credits

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによる作曲
ピエール=オーギュスタン・カロン・ド・ボーマルシェの同名喜劇を原作としたロレンツォ・ダ・ポンテの台本
ピョートル・チャイコフスキーによる翻訳

音楽監督:ヴァレリー・ゲルギエフ
舞台監督:アレクサンドル・ペトロフ
芸術監督兼衣裳デザイナー:エレーナ・オルロワ
照明デザイナー:エフゲニー・ガンツブルグ
マリインスキー沿海州劇場での照明適応:ヴァディム・ブロドスキー
責任あるコンサートマスター:アンドレイ・アンネンコフ
首席コーラスマスター:ラリサ・シュベイコフスカヤ
振付師:アレクサンダー・リュバシン

SYNOPSIS

第1幕
アルマヴィーヴァ伯爵邸では、楽しい結婚式の準備が進んでいる。伯爵の家来フィガロは、伯爵夫人の小間使い、スザンナと結婚する。今後のお祝いは伯爵を喜ばせない。伯爵自身は花嫁に惹かれ、彼女の結婚を妨害するために手段を選ばないからである。スザンナは不安げに、伯爵が彼女に色気を示していることを婚約者に伝える。フィガロは、主人の陰謀を挫折させるために、彼の器用さ、創意工夫、行動力のすべてを使いつくす覚悟である。しかし、陽気なフィガロには多くの敵がいる。バルトロ老人は、元理髪師の巧みな誘導で伯爵と弟子のロジーナの結婚を手助けしたことを今でも忘れられない。お年を召している女中頭マルチェリーナは、フィガロと自分との結婚を夢見ている。バルトロもマルチェリーナも、スザンナの頑固さにイライラしている伯爵が味方になってくれることを望んでいる。マルチェリーナは儀式的なお辞儀と悪意のある褒め言葉でスザンナを迎える。スザンナは不機嫌そうな老婦人を見て、明るく癇癪持らしく笑う。ケルビーノが登場する。城内にいるどんな女性にでも恋してしまう若き小姓。彼は伯爵夫人を崇拝しているが、スザンナに求愛することも嫌いではない。彼は今、悲しみを共有しに彼女のところへやってきた。なぜなら、つい最近、伯爵は彼が庭師の若い姪であるバルバリーナと二人きりでいるのを発見し、激怒して若き小姓を城から追い出すよう命じた。伯爵の突然の出現に、ケルビーノは隠れざるを得なくなる。
伯爵は再びスザンナに求愛に屈するよう懇願するが、夢中になっている貴族の話は、ドアをノックする音で中断される。やってきたのは策士バジリオだった。老金棒ひきのケルビーノの伯爵夫人への愛をほのめかした噂話は、伯爵の嫉妬心を呼び起こす。小姓の悪ふざけを憤慨しながらスザンナとバジリオに伝えると、ふとケルビーノが隠れていることに気づく。伯爵の怒りはとどまるところを知らない。ケルビーノは直ちに連隊の任地に向かえるように命令される。フィガロは彼を慰める。

第2幕
伯爵夫人は夫の愛情が薄れたことを悲しんでいる。スザンナが語る彼の不貞に、彼女の心は深く傷つく。女中と彼女の新郎に心から同情する伯爵夫人は、夜の庭に伯爵を呼び出し、女装したケルビーノをスザンナの代わりに伯爵に会わせるというフィガロの計画を快諾する。スザンナはすぐに小姓の着替えを始める。突然の伯爵の出現に一同は混乱に陥る。ケルビーノは隣の部屋に隠される。
伯爵は妻の当惑に驚いて、彼女に鍵のかかったドアを開けるよう要求する。伯爵夫人は頑なに拒否し、スザンナがそこにいると断言する。伯爵の嫉妬心はますます強くなる。ドアを壊すことを決意した彼は、妻と一緒に道具を取りにいく。
機敏なスザンナは、ケルビーノを隠れ家から解放する。しかし、どこに逃げればいいのか?ドアはすべて施錠されている。恐怖のあまり、かわいそうな小姓が窓から飛び降りる。
伯爵が戻ると、鍵のかかったドアの向こうでスザンナが彼の疑念を笑っているのを発見する。彼は妻に謝るしかない。駆け込んできたフィガロは、招待客がすでに集まっていることを告げる。しかし、マルチェリーナが現れるのを待っている伯爵は、あらゆる方法で宴の開始を遅らせている。そこに女中頭が現れ、フィガロを訴え、昔の借金を返すか、自分と結婚するかを要求してくる。フィガロとスザンナの結婚のゆくえはわからなくなる。

第3幕
裁判所はマルチェリーナの訴えを認める判決を下した。伯爵は勝ち誇っているが、その勝利も束の間。突然、フィガロがマルチェリーナとバルトロの息子で、幼い頃に強盗に誘拐されたことが発覚する。フィガロの感泣した両親は、結婚を決意する。もう、2つの結婚式を挙げなければならないことになる。

第4幕
伯爵夫人とスザンナは、伯爵を懲らしめることをあきらめなない。伯爵夫人は、今度は自分がスザンナの服を着て、夜の密会の現場に行くことにする。スザンナは伯爵夫人の口述筆記に従って、伯爵と庭で会う約束をするメモを書く。祭りの最中、バルバリーナがそれを伯爵にそっと渡すことになる。
フィガロは主人を嘲笑うが、素朴なバルバリーナから、スザンナがメモを書いたことを知り、花嫁の欺瞞を疑い始める。夜の庭の暗闇で、彼は女装したスザンナに気づくが、伯爵夫人と間違えたふりをする。伯爵はメイドに変装した妻に気づかず、彼女を東屋に引きずり込む。フィガロが架空の伯爵夫人に愛を告白するのを見て、伯爵は大騒ぎし、妻の浮気を暴いてやろうと人を連れてやってくる。彼は許しを求める祈りを拒否する。しかし、そこに仮面を脱いだ本物の伯爵夫人が現れる。伯爵は恥を忍んで、妻に許しを請う。

ABOUT THE PRODUCTION

The irrepressible and omnipresent Figaro first appeared before the public in plays by de Beaumarchais, moreover producing something of a scandal: the concept of the injustice of class barriers and the fact that, in the words of Karamzin, “peasant women, too, are capable of loving” would have seemed to be radical free-thinking in the eyes of someone living in the 18th century. Lorenzo Da Ponte transformed the caustic French comedy into an Italian opera buffa libretto, while the thirty-year-old Mozart composed the timeless music that is today performed at opera houses throughout the world.

Le nozze di Figaro is a comic opera, a merry festive performance with people swapping clothes and confusion bordering on chaos; there are times when only the desire not to miss a single note of Mozart's music prevents the audience from erupting into explosive laughter. The composer's genius, however, affords the madness unfolding in this castle in Seville a secret depth. In the first scene, Figaro uses a ruler to measure the dimensions of the room; everything that the audience will subsequently see is given a totally different and unseen scale by Mozart. It is by this scale that the lofty and the low are measured, and the gradations on this scale are subtle and contradictory. The results are ambiguous: if we set this “ruler” against a hierarchical social staircase then the Count is at the very top and Figaro is at the bottom, whereas if we attempt to measure the spiritual qualities of the characters then this is all reversed. Thus the question of honesty and honour is asked: one is ready to kill to defend his honour, though is himself dishonourable, and the other piles up deceit upon deceit and yet retains his honour. Regardless of its affinity with the masks of commedia dell'arte, the characters in Le nozze di Figaro are real, living people, and their “indicators” on the scale of loftiness and lowliness, of nobility and plebeianism, may change fundamentally, so even the most envious schemer can be transformed into a caring mother, and a dissolute lady-killer may become a loving husband. It is Mozart's music that renders the protagonists alive, real and feeling people.

Alexander Petrov's production of Le nozze di Figaro has been staged at the Concert Hall since 2009. The opera's plot has been moved to the start of the 20th century, the age of art nouveau. Closer to us in chronological terms, the action thus takes on new semantic nuances. When the blundering young lad Cherubino receives a gas-mask together with his military call-up, this appears to be not merely amusing, but frightening as well, and when the menacing and jealous Almaviva drags a wooden dog on wheels behind him we ask ourselves the not unreasonable question – who in fact is the capricious child in this castle? The manners of the classes vary little between each other, the class world is gradually disappearing into the past, though the stratification of society into people who are “special” and those who are “simple”, into people with privileges and those who are the “have-nots”, will remain as it has always been – just like humanity's desire to love, to be loved and to fight for our happiness.

Khristina Batyushina


世界初演:1786年5月1日、ブルク劇場、ウィーン
ボリショイ(カーメンヌイ)劇場での初演:1851年1月13日、帝国イタリア歌劇団
マリインスキー劇場での初演:1901年9月25日 (ロシア語、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー訳)
演出初演: 2009年5月1日
マリインスキー沿海州劇場での初演:2022年8月1日、ウラジオストク


公演時間:3時間15分
上演中に1回の幕間あり

Age category 12+

© 2016 – 2024
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”