マリインスキー劇場の, 大ホール

道化師


一幕物オペラ

イタリア語で上演(同期された英語とロシア語の字幕付き)

Performers

カニオ: Yevgeny Akimov
トニオ: Marat Mukhametzyanov
ネッダ: Elena Razgulyaeva
シルヴィオ: Vyacheslav Vasilyev
ベッペ: Mingiyan Odzhaev

Credits

ロディオン・シチェドリンによる音楽
作曲家による台本

舞台監督・セットデザイナー:マラット・ガツァロフ
衣裳デザイナー:エレナ・トゥルチャニノワ
照明デザイナー:イリヤ・パシュニン
ビデオデザイナー:ダニイル・マスロフ
振付師:ヴァレリー・スアノフ
担当コンサートマスター:アレクセイ・ティホミロフ
首席コーラスマスター:ラリサ・シュベイコフスカヤ
コーラスマスター:アンナ・ピピヤ
演出家アシスタント:アンナ・ドロンニコワ

SYNOPSIS

プロローグ
下りた幕の前にトニオが現れる。彼は観客にこれから始まる芝居の主旨を紹介する。 「これからご覧いただける涙と苦しみは紛れもないものです!」 と、トニオが叫ぶ。 「結局のところ、この俳優は地球上のすべての人々と同じように、愛したり憎んだりしており、彼らのおどけた服装の下では、熱い心が鼓動しているのです。」   

1
イタリアの小さな村に旅回りのコメディアンたちの一座がやってくる。村人たちは、一座の座長カニオとその妻アーティストであるネッダ、道化役者のトニオ、役者のベッペを快く迎え入れる。公演は夕方に始まるので、それまでの間、村人の一人がコメディアンたちを居酒屋に連れて行こうと言う。カニオとベッペは喜んで同意し、トニオを誘うが、彼は断る。自分を侮辱した嫉妬深い一座の主人に対する恨みを抱いているからである。座長カニオの嫉妬には理由がある。一座が到着した村では、ネッダには村人の青年シルヴィオという恋人がいた。独り残ったネッダは、彼との逢瀬を夢見ている。彼女に思いを寄せていたせむしの道化役者トニオは、物陰から現れて言い寄るが、醜い道化師の告白に、ネッダは冷笑して応え、鞭で彼の情熱を冷やす。無力な怒りに駆られたトニオは、激しい復讐を脅かして立ち去る。一方、危険を顧みず、ネッダを深く、そして献身的に愛するシルヴィオが逢引に現れる。彼は彼女に、放浪生活をやめて一緒に逃げようと懇願する。突然、侮辱した道化師が呼んできた座長の怒りの叫び声が聞こえてくる。しかし、シルヴィオは誰にも認識されずに逃げ出す。カニオはネッダに情夫の名を明かすように要求するが、ネッダは情夫の名を明かすのを拒む。激怒したカニオが刃物を持ってネッダに襲いかかる。ベッペはカニオを強引に拘束し、トニオは「逃亡者は間違いなく公演に来て、何かの方法でばれるだろう」と言ってカニオを落ち着かせる。公演開始時刻が近づいている...

2
村人の男性たち、女性たちの陽気な群衆がお待ちかねの芝居が始まるのを待っている。トニオとベッペは観客を席に座らせ、その中にはシルヴィオもいる。役者が演じる芝居の筋書きは、彼らの人生のドラマに近いものである。タッデーオ(トニオ)はコロンビーナ(ネッダ)を愛しているが、コロンビーナはアルレッキーノ(ベッペ)を愛している。その恋の逢引をパリアッチョ(カニオ)が邪魔してしまう。アルレッキーノに向かって言われた別れの言葉は、カニオを揺さぶる。それがあの朝、ネッダが情夫を見送るときに使った言葉と同じ台詞である。嫉妬は新たな勢いで燃え上がり、怒りに狂ったカニオはネッダを刺殺し、ネッダを助けようと舞台に上がってきたシルヴィオもまたカニオに殺される。カニオは「芝居はこれでおしまいです」とつぶやく。

ABOUT THE PRODUCTION

4人の男性と1人の女性と言う「道化師」の男女比は、明らかに不均衡になっています。しかも、4人の男性は、1人は遊び心で、3人は本気で、何らかの形で唯一のヒロインを自分の者にしようとしています。嫉妬深い夫、熱烈な情夫、拒絶された崇拝者とは、ルッジェーロ・レオンカヴァッロにとって、これらは標準的なオペラの役柄ではなく、人間の裏返しになったような魂です。結果的には、純粋な愛はなく、その代わりにプライド、嫉妬、淫欲、そして何よりも孤独に対する恐れが愛と一緒に織り成す感情のもつれがあります。人間の本当の気持ち(最も見苦しいものも含めて)を、細心の注意を払って探求することは、忠実なヴェリズモ派の作曲家たちが自分の課題であると考えていました。マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」と並んで、33歳のレオンカヴァッロのオペラが、その芸術的な代表作となりました。

もともとこの作品は、ポスターに主人公を表示するという伝統に従って、少し違った呼び方で「パリアッチョ」と呼ばれていました。確かに、オンカヴァッロこの作品は「テノールのためのオペラ」であり、その中心には苦しんでいる道化師パリアッチョを演ずるカニオの悲劇的な姿があります。有名なアリア「Vesti la giubba」のあるカニオのパートは、テノールレパートリーの黄金基金に属しています。しかし、1892年にミラノで行われた世界初演の前夜、トニオ役の演者は、タイトルに主人公の名前が含まれていない限り、ステージに上がることを拒否しました。そのため、オペラは「Il Pagliaccio」ではなく「Pagliacci」として知られるようになりました。単数形から複数形への変更は、オペラの名前に追加の意味を与えました。「道化行為」は、どの程度の人間の特徴でしょうか?人間の本音はどこにあり、社会的な仮面である建前はどこにありますか?オペラの第2幕では、マトリョーシカの原理、つまり劇場の中の劇場のように、座長カニオを先頭に旅回りの一座が地元の人々のためにコメディア・デラルテを披露します。徐々に、現実の生活が舞台を圧倒し、演技がそうでなくなることでますます説得力を増していきます。ついに血が、小道具の血ではなく本物の血が舞台にこぼれます。

レオンカヴァッロは、実際の司法実務からオペラの筋書きを借りたと主張していました。いずれにしても、彼は講堂に座っている観客である私たちを、一種の陪審員のようにしたのです。この非常にコンパクトなストーリーには、「作者から」という道徳的なものはなく、加害者への判断は視聴者自身に委ねられています。「道化師」の息を呑むような表現力豊かな音楽は、評決を有罪にする可能性は低いです。 
フリスティーナ・バチュシナ


世界初演:1892年5月21日、ミラノのダルヴェルメ劇場
マリインスキー劇場での初演:1893年11月23日(ロシア語、ニコライ・スパッスキー訳)

公演時間:1時間15分
コンサートは休憩なしで上演

Age category 12+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”