マリインスキー劇場の, 大ホール

マゼッパ


全3幕から成るオペラ

ロシア語で演奏(ロシア語と英語の字幕付き)

Performers

指揮者:

ヴァレリー・ゲルギエフ

Credits

作曲:ピョートル・チャイコフスキー
リブレットは、アレクサンドル・プーシキンの物語詩『ポルタヴァ』を基に、ヴィクトル・ブレーニンが執筆し、作曲家によって改訂された

Musical Director: Valery Gergiev
Stage Director: Ilya Shlepyanov (1950)
Set Designer: Alexander Konstantinovsky
Revival Director: Yuri Laptev
Lighting Designer: Damir Ismagilov
Principal Chorus Master: Konstantin Rylov
Musical Preparation: Irina Soboleva

SYNOPSIS

場所:ウクライナ時代:18世紀のはじめ

1
1
コチュベイの邸宅と庭。
少女たちはコチュベイの娘マリヤのところにやって来て、未来の夫を当てるという占い遊びをしに誘う。マリヤは、彼女が恋をしているヘトマンのマゼッパが父親を訪ねているので、拒否する。

彼女の幼馴染であるコサック・アンドレイは、マリヤの秘密の情熱を知っていたにもかかわらず、彼女の無私の愛を告白し、マゼッパを忘れるように彼女を説得する。マリヤは、自分の感情の無謀さを理解していても、まだそれと戦うことができない。

コチュベイ、妻のリュボフ、マゼッパが客人とともに庭に出てくる。マゼッパのための余興としてホパークなどの踊りや歌が披露される。コチュベイの僕たちはマゼッパを歌と踊りで楽しませる。

マゼッパはコチュベイに娘マリヤを自分にくれるよう求める。コチュベイとリュボフは、マリヤの代父である高齢ヘトマンの提案に憤慨している。ヘトマンはマリヤに対して、彼か両親のどちらかを選ぶように呼びかける。辛い躊躇の後、彼女はマゼッパに手を差し伸べる。ヘトマンはマリヤを連れ去る。

2
コチュベイの邸宅内のある部屋
マリヤの母親が父母の膝元を離れた娘を悲しんでいる。彼女は夫にマゼッパに復讐するように促す。コチュベイは復讐の案を発表した。彼は、ヘトマンとスウェーデンの王カール12世との関係、マゼッパのピョートル1世への差し迫った反逆について学び、ヘットマンの秘密をロシアの皇帝に知らせることにした。

アンドレイは密告を皇帝の手に渡すことを請け負う。コチュベイの仲間はヘトマンのマゼッパへの憎しみに満ちている。

2
3
ビーラ・ツェールクヴァ市にあるマゼッパの居城の地下牢
ピョートル1世の側近による密告を警告された嘘つきのヘットマンは既に王にコチュベイについて悪口の嘘をついていた。鎖でつながれ、拷問を受けたイスクラとコチュベイは尋問を待っている。

ヘトマンの子分である拷問人のオルリクが入る。彼はコチュベイに彼のディカーニカ村に隠されたと思われる財宝の在り処を明らかにするようぬ要求する。

彼は既に全ての宝を失っている。彼の名誉はマゼパによって汚され、彼の最愛の娘はマゼッパによって彼から奪われたのである。コチュベイが切望している唯一のことは復讐である。

4
マゼッパの城の部屋。
ヘトマンは密かにスウェーデン王の大使を迎える。オルリクが入り、ヘトマンは彼にコチュベイを処刑するよう命じる。

マリヤが現れる。マゼッパとの話の中で、彼女はなぜ彼は最近自分から離れて彼女にたいして冷たくなっているのかと非難する。嫉妬深い疑惑で彼女の心は暗くなっていく。しぶしぶ、ヘトマンは彼の冷たさの本当の理由を明らかにすることを余儀なくされている。彼は彼女にロシアの王に対する陰謀の秘密の計画を打ち明ける。マゼッパは、彼女が選択をしなければならなかった場合、マリヤがお父さんと夫のどちらを好むのかを知りたがっている。混乱して、彼女は彼女の愛の無限について話す。彼女はマゼッパが言う選択肢を理解していない。マゼッパは安心して立ち去る。

ヘトマンの宮殿に忍び込んだマリヤの母親が現れ、娘にマゼッパの密告の失敗について話し、娘が彼女の父親の差し迫った処刑について知らないことにショックを受ける。マリヤとリュボフはマゼッパにコチュベイの命乞いをするため逃げ出す。

5
コチュベイの処刑地への道。
町の貧しい者たちが処刑を見に集まっている。酔ったコサックは群衆の中で歌ったり踊ったりする。死刑執行人が通過し、ゼッパとオルリクが通過し、それからコチュベイと彼の友人のイスクラが引きずられる。既決囚の二人は、お互いに、人々と人生に別れを告げ、晒し台へと向かう。

マリヤとリュボフが走り込む。しかし、もう遅い。処刑が行われてしまった。

第3幕
6
間奏曲:ポルタヴァの戦い

7
コチュベイの旧邸宅と庭。
戦いは本格化しており、ロシアの兵士はスウェーデン人を追いかけている。その中にはアンドレイがいる。彼は立ち止まり、幸せだった過去を思い出す。マゼッパとオルリクが登場する。彼らはポルタヴァ近くの戦場から逃げ出す。マゼッパを見つけたアンドレイが彼に向けて構えた刀を振った時、マゼッパが彼にめがけて発砲する。アンドレイは致命傷を負っている。

完全に取り乱しているマリアが現れ、周りのことは、何も認識していない。悲しみに打ちひしがれた娘は、処刑された父親のために苦しんでいる。

オルリクとマゼッパが逃げる。虫の息のアンドレイを思い出さず、マリヤは子守唄で眠るように彼を落ち着かせる。

ABOUT THE PRODUCTION

Pushkin wrote Poltava in two weeks, while it took Tchaikovsky two years to compose Mazepa. Writing a monumental military and historical opera based around Pushkin’s famous poem did not come easily to the lyrical composer. No wonder he began working with Maria and Mazepa’s expansive duet: he was perturbed first and foremost by the psychology rather than the politics. The duet features a soprano and a baritone – a rare case for the genre of opera, where the role of the female protagonist’s beloved is, as a general rule, given to a tenor. Here this is impossible: Maria is young and Mazepa is old. The story seems improbable, though it is historically accurate. The third corner of the love triangle is occupied by Andrei – a figure who with Pushkin is nameless and insignificant, although he is vital in the opera. And yet the fervour of the passions in Mazepa is connected primarily not with a romantic triangle arranged according to the principle “being in love – not being in love” but with the relationship between a young girl and her two fathers – her birth father and her godfather, who sacrilegiously becomes his god-daughter’s lover. In this second much more intense triangle the two older men have clashed for Maria’s soul, one of them loses and pays with his life, while the girl’s mind is touched – this gave Tchaikovsky the opportunity to end the opus with the heroine’s quiet mad scene, typical of romantic opera. The drama of love and treachery unfolds against a backdrop of a broad historic panorama with vivid Ukrainian national colour with which Tchaikovsky was well acquainted: the composer’s sister lived in Ukraine. On the stage there are often a great many people, the folk stroll around, dance, sing and pray. The victorious Battle of Poltava of 1709 is picturesquely depicted by Tchaikovsky in a dazzling symphonic entr’acte to Act III.

The historic scale peculiar to Mazepa is presented at the Mariinsky Theatre in all its grandeur. In 2019 the theatre commemorated a remarkable anniversary: Mazepa was performed for the five hundredth time. The current production is a full revival of the 1950 production. A recipient of the Stalin Prize, stage director Ilya Shlepyanov and the acclaimed Soviet theatre designer Alexander Konstantinovsky created a benchmark of the “grand style” that entirely corresponds with the music of this opera. Here the young maids are black-browed and the Cossacks wear harem pants; their attire is adorned with pearls and trimmed with sable. The powerful operatic empire of Mazepa delights admirers of traditional theatre in particular; although as an authentic and carefully restored historical monument of the mid-20th century, this is a production that is of interest to any audience. Mazepa is a long-lived production which at its venerable age has lost none of its charisma or its power, just like its titular hero. 

Khristina Batyushina


World premiere: 3 February 1884, Bolshoi Theatre, Moscow
Premiere at the Mariinsky Theatre: 6 February 1884
Premiere of this production: 22 February 1950, Kirov Opera and Ballet Theatre (Mariinsky Theatre)
Last revival of the production: 15 May 2009

Running time: 3 hours 55 minutes
The performance has two intervals

Age category 12+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”