マリインスキー劇場の, 大ホール

スクリャービン150周年


演奏家:
Laura Bustamante (soprano)
Mingiyan Odzhaev (tenor)
Peter Laul (piano)

マリインスキー劇場の沿海州別館の交響楽団
指揮者:パベル・スメルコフ

PROGRAMME:
Part I
Rêverie for orchestra, Op. 24
Piano concerto in F-sharp minor, Op. 20

Part II
Symphony No. 1 in E major, Op. 25

About the Concert

Jeu divin「神聖なる遊戯」

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・スクリャービンの交響曲第3番の最終楽章のタイトルは、この作曲家の全作品に誇張することなく帰することができます。スクリャービンは、この時代の最も輝かしい代表者として、ヨーロッパ音楽ロマン主義の成果にもとづいてその道を歩み始め、不釣り合いに短い生涯のうちに、それまで知られていなかった宇宙規模のイメージを音楽の中に具体化し、極めて簡潔な形式と全く独自の旋律と和声を達成することができました。作曲家の主な遺産は、ピアノのための音楽とオーケストラのための作品だけで構成されており、そのうちの2つにはソログランドピアノが含まれています。

2022年、アレクサンドル・スクリャービン生誕150年を記念して、交響詩「夢」、「ピアノ協奏曲」、「3つの交響曲」、「プロメテ - 火の詩」、「法悦の詩」という、すべての交響曲作品を網羅した3晩のサイクルを実行する予定です。スクリャービンの卓越した音楽は、沿海州のリスナーに活気のある反応を見出し、驚き、没入感、喜びを組み合わせたこれまでに経験したことのない感情を呼び起こすと確信しています。

パベル・スメルコフ

Age category 6+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”