マリインスキー劇場の, 大ホール

三つのオレンジへの恋


プロローグ付き4幕からなるオペラ

ロシア語で上演されます
(ロシア語と英語の同時字幕付き)

Performers

指揮者:

ヴィタリー・シェベレフ

Cast to be announced

Credits

セルゲイ・プロコフィエフによる作曲

カルロ・ゴッツィの物語が原作で、フセヴォロド・メイエルホリド, ウラジミール・ソロビヨフとコンスタンチン・ヴォーガッ

クのシナリオに基づいたセルゲイ・プロコフィエフによるリブレット

Musical Director: Valery Gergiev
Stage Director: Alain Maratrat
Set Designer: Daniela Villaret
Costume Designer: Mireille Dessingy
Lighting Designer: Pascal Mérat
Hat maker: Gregoria Recio
Musical Preparation: Olga Krukovich
Principal Chorus Masters: Larisa Shveikovskaya and Anna Pipia
Assistant Director: Mikhail Smirnov

SYNOPSIS

アクションは架空の王国で太古の昔に行われる。

プロローグ

悲劇派、喜劇派、叙情派、快楽派のそれぞれの役者たちが、今日のパフォーマンスをどのように見たいかについて小競り合いをしている。悲劇を示すことを要求する人もいれば、喜劇を要求する人もいる。そこへ奇人たちがやってくる。彼らは聴衆に沈黙を呼びかけ、物語を始める。

1幕

クラブの王は王子のことで悩んでいる。彼の息子である皇太子は、極度のうつ病にかかっている。医者たちは患者を絶望的であると考えるが、王は笑いの奇跡的な力を思い出す。王の家臣パンタロンは、王子を笑うことによって治すために道化師トルファルディーノを呼び寄せることを提案する。王は宮廷で催し物を企画するようにトルファルディーノに命じる。

王子と野心的な第一大臣レアンドルの運命がトランプ次第で決まることが明らかにされている。世界を善と調和に戻そうとする魔術師チェリオは、王子の死を願い、レアンドルと王の姪である陰謀家クラリーチェを愛用する野心的で嫉妬深い悪い魔女ファタ・モルガナとトランプ遊びをしている。

クラリーチェは王位を継承し、レアンドルを夫にすることを夢見ている。しかし、そのためには王子を殺す必要があり、クラリーチェはレアンドルに「王子にはアヘンか弾丸が必要だ」と最後通牒をする。この会話は女奴隷スメラルディーナに聞こえ、クラリーチェとレアンドルにファタ・モルガナ自身が彼らの味方になることを知らせる。

2幕

大きな困難を抱えたトルファルディーノは、しぶしぶ王子を暖かいベッドから脱出させ、彼のために催されたたパーティーに行せる。

パフォーマンスが下手だったため、王子は絶望的な落胆に陥りる。しかし、ファタ・モルガナの予想外の出現は彼の注目を集める。彼女は王子に向けて断固として歩こうとするが、トラファルディーノは、彼女を止めようとして、魔女を倒してしまう。ファタ・モルガナが倒れ、彼女のとんでもないポーズが突然王子を笑わせる。激怒した魔女は王子に呪いを送る。これから、彼は安らぎを失い、絶望的に三つのオレンジに恋をするという呪いをかける。すぐに、王子はこれらのオレンジを探しに行きたいという避けられない願望で克服される。トルファルディーノは彼に従う。

3幕

三つの憧れのオレンジがある魔女クレオンタの城を探しに旅に出た王子とトルファルディーノは砂漠にいる。風になったファルファレロは後ろから彼らを吹き飛ばし、彼らを数々の危険が待っているクレオンタの城への道を早める。二人がクレオンタの城の近くにたどり着いたときに魔法使いチェリオが現れ、王子とトルファルディーノを待っている危険で怖がらせようとする。しかし、王子は決心している。そして、チェリオはそれぞれの危険を回避するための道具である魔法の蝶結びリボンをトルファルディーノに与え、泉の近くに行くまではオレンジを切ってはいけないと忠告する。

ようやく王子とトルファルディーノにはクレオンタの城が見える。恐怖を辛うじて乗り越えて、二人はクレオンタの台所に忍び込む。しかし恐ろしい料理女に発見されてしまう。彼女がトルファルディーノが見せた魔法の蝶結びリボンに見とれている間に王子はオレンジを持ち出すことに成功する。

蒸し暑い砂漠では、王子とトルファルディーノは倦み疲れている。その間にオレンジは巨大化し、非常に重くなった。王子は眠りに落ち、トルファルディーノはオレンジジュースで喉の渇きを癒すことにする。オレンジジュースの代わりに、王女が現れて水をせがむ。彼女を救いたいトラファルディーノは混乱して、二番目のオレンジを割ると、今度は別な王女が現れ、彼女も水を求める。混乱したトルファルディーノの目の前で王女二人とも水がなくて死んでしまう。無力感に取り乱しているトラファルディーノには、逃げるという1つのことしかない。

ようやく目覚めた王子が残ったもう一つのオレンジを割ると、オレンジからもう一人のニネッタ王女が現れる。  彼女は長い間彼を愛しており、釈放を待っていると王子に告白する。他の2人の王女のように、ニネッタは水を求める。そこに突然奇人たちが現れて水のバケツをステージに置いてくれる。王女ニネッタは助かる。王子は宮殿に戻り、今度の結婚式について王に知らせる。その隙にスメラルディーナが魔女ファタ・モルガナの魔法のピンをニネッタの頭に刺して彼女を鼠の姿に変えてしまい、彼女の代わりになる。

4幕

魔法使いチェリオとファタ・モルガナは、彼らのヒーローの運命について激しく論争している。そして再び、この状況は奇人たちによって救われなければならない。彼らはしばらくの間魔女を取り除くことに成功した。これで魔法使いチェリオは彼のお気に入りを助けることができる。

王宮の玉座の間では、すべてが王子の婚約の準備ができている。突然、廷臣は巨大なネズミに気づく。チェリオは魔法の力を取り除き、ネズミは再び王女ニネッタになる。クラリーチェ、レアンドル、スメラルディーナの陰謀が明らかになった。王は裏切り者の処刑を命じる。彼らは逃げようとする。ファタ・モルガナは彼らを助ける。廷臣と王は幸せな恋人たち、王子と王女をたたえる。

About the production

Sergei Prokofiev’s first comic opera, derived from a play by the 18th century Italian writer Carlo Gozzi, is a work infectiously cheerful, captivating with its adolescent ingeniousness, freshness and richness of musical colours. Although Prokofiev wrote it during his first years of staying abroad, its conception is associated with his theatrical impressions in the pre-revolutionary Russia. The composer found his inspiration in a magazine called The Love For Three Oranges, published in 1914–1915 by Russian theatre icon Vsevolod Meyerhold, who turned Gozzi’s play into a manifest of the movement for the renewal of theatrical forms. Meyerhold also suggested a libretto for the future opera, which was intended as a parody of absurd theatre conventions, cliches, as well as everything stilted and stereotyped in theatrical productions.

Prokofiev’s aim was to create a “cheerful performance” which would appeal to the audience by its mix of fairy-tale, joke and satire. That is why The Love for Three Oranges resembles a fantastic, magical revue with a rapid change of multifarious episodes. «The music of our times” the composer states, “calls for briskness, agility and pressure.” He imbues the opera with constant movement and sharp rhythms, giving the performance a faerie tone.

The ingenious wit of young Prokofiev, with his fiery red hair and indomitable energy, which also evoked “orange” associations among his contemporaries, are very close to the creative style of French director Alain Maratrat and his team. All identification marks of this style can be found in the performance mounted by the Primorsky Stage of the Mariinsky Theatre: light-coloured “clothing” of the stage, enhancing a feeling of airiness and spaciousness, whimsical costumes and hats, and, first of all, - inexhaustible resourcefulness in presentation of any situation, each plot twist. Just like in other Maratrat’s performances, you won’t find here the main theatrical convention — a division into performers and spectators. The interaction between the artists and the audience allow the latter to to be a part of the performance, which provides the audience members with a substantial supply of vitamin C, even those who don’t like oranges.

Nadezhda Koulygina


World premiere: 30 December 1921, Auditorium, Chicago
Premiere of this production: 14 March 2007, Mariinsky Theatre, St Petersburg
Premiere at the Primorsky Stage of the Mariinsky Theatre: 27 February 2016, Vladivostok

Running time: 2 hours 10 minutes
The performance has one interval

Age category 6+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”