06.08.2021

プリモルスキー・ステージのバレエは、成功裏にサンクトペテルブルクでのツアーを開始

プリモルスキー・ステージのバレエ団は、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で行われる伝統的な夏のツアーに、人気の高い4つのバレエ作品をもたらしました。

83日、当劇場のレパートリー新作品である同劇場の主任振付家エルダー・アリエフが振り付けたアゼルバイジャンの作曲家フィクレト・アミロフによるバレエ「千夜一夜物語」によってツアーのプログラムが開始されました。主役は、プリモルスキー・ステージを代表するソリストであるイリーナ・サポジニコワ、アンナ・サモストレロワ、セルゲイ・ウマネッツ、カナト・ナディルベック、リリア・ベレジノワ、カテリーナ・フロリアによって演じられました。ウラジオストクからの出演者に加え、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場一座も出演しました。指揮は、1年前にウラジオストクで開催された「第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバル」のオープニングで「千夜一夜物語」の初演を指揮したバクー出身の客演指揮者エユーブ・クリエフが担当しました。

このツアーは815日まで、「海賊」、「眠れる森の美女」、「ジゼル」を上演します。

「原則として、サンクトペテルブルクでは上演されない作品を持ってくるようにしています。今回はプリモルスキー・ステージのオリジナル作品3点をご紹介します。名前はマリインスキー劇場のレパートリーと重複している可能性がありますが、これらは根本的に異なる作品です」とエルダー・アリエフは強調しました。

公演は歴史ステージと新ステージで行われます。マリインスキー劇場プリモルスキー・ステージの交響楽団の指揮は、アントン・トルベエフによって行われます。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход