04.11.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでのバレエ「若者と死」と「パイドラー」の初演

1112日と13日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのバレエ団が、20世紀の優れた振付師による1幕バレエの2つの初演で構成される「現代ヨーロッパ振付の夕べ」にご招待します。その中には、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの音楽にローラン・プティが振り付けた「若者と死」や、アメリカの著名な作曲家フィリップ・グラスの音楽にデンマークの振付師フレミング・フリントが振り付けた「パイドラー」が含まれています。

劇作家ジャン・コクトーの台本をもとにしたバレエ「若者と死」は、ロシアの聴衆によく知られている作品です。1946年にパリで上演されたこの公演は、20世紀を代表するクラシックバレエの名手、ローラン・プティの代表作となり、あらゆる世代のダンサーにとって最も切望されているバレエの一つとなっています。当初、振付師はジャズの人気曲を使ってバレエのダンステキストを作曲しましたが、初演の前夜、ジャン・コクトーが音楽をヨハン・ゼバスティアン・バッハの「パッサカリア」に置き換えることを提案しました。この音楽のおかげで、バレエで触れられていた芸術家の死との対話というテーマが、別の次元のものになりました。結局、戦後のヨーロッパでは、講堂のほとんどすべての人がジャン・コクトーの言葉に同意していました。「私は、死が誘惑のように思えるほどの痛みを伴う時期を経験した。私は死を恐れず、死のまなざしを見つめることに慣れていた。」

このバレエは、マリインスキー劇場の講師であるマキシム・クレブトフが、ローラン・プティの長年のアシスタントであるルイジ・ボニーノと一緒に演出しています。衣裳を担当したのは、アメリカ人アーティストのバーバラ・カリンスカでした。

2つ目の初演は、ロシアでは初公開となる一幕物のバレエ「パイドラー」(Phaedra) です。バレエの音楽は、世界で最も有名なアメリカの作曲家の1人であり、20世紀後半の影響力のあるミュージシャンであるフィリップ・グラスによって作曲されました。彼はこれまでに50本の有名映画のサウンドトラックを作曲しています。1986年にテキサス州ダラスで上演された「パイドラー」は、デンマークの伝説的なダンサー・振付家であるフレミング・フリントが、エウリピデスの悲劇に触発され、特に彼の妻であるデンマーク人バレリーナのビビ・フリントのために制作したものでした。

片思いの悲劇は、古来より多くの作家を魅了してきました。エウリピデスは、結婚した女性が若い男性に抱く矛盾した感情と、それに続く悲劇的な結末を描いた最初の詩人の一人です。この悲劇の筋書きは、継母の継子への恋を中心に展開しています。パイドラーはヒッポリュトスへの恋を告白します。しかし、青年の拒絶に続いて、悲劇的な結末が起こります。

バレエ「パイドラー」は、極東の聴衆に初めてご覧いただきます。演出は、1990年代にインディアナポリスバレエでフレミング・フリントのバレエ演出を手伝ったジェイコブ・スパルソによって行われ、当時はエルダー・アリエフが監督を務めていました。現在、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのバレエ団の芸術監督であり、ロシアの名誉芸術家であるエルダー・アリエフの主導により、このめったに上演されないバレエがマリインスキー劇場のレパートリーとして導入されることになりました。イタリアの芸術家、演出家、舞台美術家であるベニ・モントレゾールのアイデアを、劇場のチーフデザイナーであるピョートル・オクネフがプリモルスキー・ステージで実現しています。

ウラジスラフ・カルクリンが初演の指揮者に任命されました。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход