ダフニスとクロエ

1幕バレエ

Credits

モーリス・ラヴェルによる音楽
ロンゴス作の恋愛物語とミハイル・フォーキンの台本に基づいたドミトリー・ピモノフとオルガ・クズネツォワによる台本
振付家兼監督:ドミトリー・ピモノフ
衣装および装飾デザイナー:スタス・ロパトキン
照明デザイナー:エゴール・カルタショフ

SYNOPSIS

第1場

レスボス島では、少年と少女の牧人たちがエロスの神殿に向かって行進している。その途中で、お互いに恋をしている山羊飼いの少年ダフニスと羊飼いの少女クロエが群衆と合流する。少年と少女の間でお互いを盛り上がらせるダンスゲームが始まる。ドルコンはクロエに対する情熱が燃え上がる。ダフニスは、ドルコンがクロエにキスするつもりであることを見て、彼を追い払う。

ドルコンは、クロエに対する感情を情熱的なダンスで表現しようとするが、失敗する。ダフニスはドルコンと対立し、舞踏の腕前を競い合い、クロエの喜びを呼び起こす優雅なダンスを踊る。彼女は彼の唇にキスする。少女にキスされ、若い羊飼いは初めて、奇妙な興奮を感じた。誰もが去り、羊飼いの少女たちはクロエを連れて行く。

ダフニスは一人になるが、そこに彼に恋していたリュセイオンが戻ってくる。彼女はダフニスを魅了しようとするが、やがて、ダフニスは情熱に捕らわれ、誘惑に屈してしまう。

遠くから好戦的な音と悲鳴が聞こえてくる。島を襲来したタナトスの戦士たちが走っている。叫びに駆けつけたダフニスは、戦士たちに誘拐されたクロエを探しているが、失敗する。ダフニスは絶望のあまりで倒れる。

そこにニンフたちが現れ、不幸な少年の涙が彼女たちに触れ、彼女たちはエロスへの助けを求めて祈る。

第2場

タナトスの目覚めた戦士たちは彼らの神を待っている。彼は現れ、誰もが狂ったダンスを踊り始める。戦士たちがクロエを連れてくる。彼女はタナトスに彼女を解放するように頼むが、彼女の祈りは彼の情熱を燃やすだけである。突然、エロスはニンフたちと共に現れ、タナトスと彼の戦士たちを盲目にする。クロエは自由になる。 エロスは彼女のダフニスとの結婚を祝福する。

第3場

ニンフたちはクロエとダフニスの出会いの準備をしている。ダフニスが現れ、クロエに駆けつける。ニンフたちは一緒になった恋人たちを踊らせる。

男子と女子の牧人たちは、彼らの前でパン神のシリンクスに対する愛の思いについて語るパントマイムを演奏する。ニンフたちはダフニスとクロエをダンスに巻き込む。エロスの前に、彼らは永遠にお互いを愛し、決して離れないと誓う。誰もが幸せで、バッカナールに乗り出し、エロスの勝利を祝い始める。

Running time: 55 minutes

Age category: 16+
© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”