マリインスキー劇場の, 大ホール

モーツァルト。シューベルト


演奏家:
アルビナ・シャギムラトヴァ (ソプラノ)
セルゲイ・レドキン (ピアノ)
マリインスキー劇場の沿海州別館の交響楽団
指揮者:パベル・スメルコフ

プログラム内容:
第1セクション
フランツ・シューベルト
イタリア風序曲 ハ長調 D 591

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
ピアノ協奏曲第17番ト長調 KV453

第2セクション
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
モテット Exsultate, Jubilate, KV 165

フランツ・シューベルト
交響曲第5番 変ロ長調 D485

About the Concert

第6回国際極東「マリインスキー」フェスティバルの絶妙なコンサートプログラムは、交響曲ブロックにより開かれます。この夜の半分は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに捧げられます。ピアノ協奏曲第17番ト長調は、20215月にブリュッセルで開催されたエリザベス女王コンクールで受賞し、ロシアのピアニストスクールの功績を裏付ける著名なピアニスト、セルゲイ・レドキンをソリストに迎えて演奏されます。

モーツァルトの Exsultate, JubilateKV 165)をコンサートで聴くことができる、音楽ファンにとっては貴重な機会です。その最後の部分である「ハレルヤ」は、ソプラノレパートリーのベストセラーです。しかし、技術的に非常に複雑な声楽パートを持つこのモテット全体がライブで演奏されることはめったにありません。さらに貴重なのは、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで、現代の主要なソプラノコロラトゥーラであるアルビナ・シャギムラトヴァによって解釈されたモテットを聴く機会です。

プログラムの残り半分は、若き日のフランツ・シューベルトの音楽に捧げられています。ハ長調の「イタリア風序曲」と、まだ20歳のときに作曲家によって書かれた変ロ長調の第5交響曲が演奏されます。軽快で古典的なハーモニーを持つこの交響曲は、ハイドンやモーツァルトの音楽的な啓示に触発されたもので、パベル・スメルコフの指揮のもと、彼らの作品は常にスタイリッシュで魅力的な響きを放っています。

Age category 6+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”