04.08.2022

ヴァレリー・ゲルギエフ: 「今やロシアには文化的な未来がある」

829日、マリインスキー沿海州劇場では、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見が行われました。ジャーナリストとの会合は、728日からウラジオストクで開催されている第7回国際極東「マリインスキー」際に捧げられました。

マエストロは、フェスティバルのプログラム、マリインスキー沿海州劇場のさらなる発展計画、およびアジア太平洋諸国との協力の再開について話しました。

「私たちは日本、韓国、そして中華人民共和国に大きな芸術的つながりを持っています。日本には100回以上、中国には50回ほど行っています。<...> 中国、韓国、日本には素晴らしいアーティストがいると思います。そして、私たちは彼らと協力しています。そして、この協力関係は決して止まることはありません」と巨匠は言いました。

今年のオペラ・プログラムは、ロシア・オペラの「黄金の基金」からいくつかの重要な作品が選ばれています。ヴァレリー・ゲルギエフは、これらの作品を上演する芸術的な力があるとして、マリインスキー沿海州劇場で上演する計画があることを語りました。

「公演マゼッパをウラジオストクで上演してほしいです。そしてもちろん、ここでも皇帝に捧げた命の上演を見たいです。202111月には、ムソルグスキーのオペラ「ホヴァーンシチナ」をこちらで上演しました。ステージには、サンクトペテルブルクとウラジオストクのアーティストが登場しました。特に重要なことは、パフォーマンスがここで存続し、完全にマリインスキー沿海州劇場の力によって上演されたことです。」

84日と6日に行われるオペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の初演について、マエストロは、世界最高のバス奏者の一人であるイルダール・アブドラザコフが主役を演じることを思い起こしました。

「イルダールがウラジオストクに来るのは2回目です。これは非常に重要なイベントです。彼は主人公のイメージを非常に強く見せてくれます。そして、彼の周りのアーティストも上手に演奏します。そして何より、オペラそのものがウラジオストクで上演されることです。この劇もここで生きているはずです。ここには、「ホヴァーンシチナ」の最初の2回の公演で素晴らしい説得力を示したオーケストラと合唱団があります。

記者会見の間、マエストロはまた、マリインスキー沿海州劇場のレパートリーの形成にも注意を払いました:

「私たちの仕事は、マリインスキー沿海州劇場のレパートリーを、文字通り23年という最短期間で、ロシア・オペラを中心に、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリアなどヨーロッパの主要なオペラのタイトルを含むように準備することです。ウラジオストクに国際級の大きな文化センターができるまでに、劇場は興味深く、豊かで、多様な芝居を準備しなければなりません。」

現在、ヴァレリー・ゲルギエフは、自分とマリインスキー劇場の課題は「地方にもっと貢献すること」だと考えています。彼は、あらゆる集落の遠隔性に関係なく、ロシアの観客のために演奏することが非常に重要であると指摘しました。

「すべての世代のロシア人、特に若い人たちに、自分たちの住んでいる国がどんな国なのかを感じてもらうことが大きな仕事のひとつであり、これはとても重要なことです。世界的な政治情勢にもかかわらず、国の偉大さは常にその文化の過去、現在、未来を決定します。そして今、ロシアには文化的な未来があります。遅かれ早かれ、文化は政治に影響を与え始め、前面に出てきます」とマエストロは強調しました。

マリインスキー沿海州劇場のVKontakteの公式アカウントでは、記者会見の動画を公開しています。https://vk.com/video-45601548_456239797

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход