14.07.2022

第7回国際極東「マリインスキー」際のプログラム発表、ウラジオストク

2022 7 28 日から 8 14 日まで、第7回国際極東「マリインスキー」際がウラジオストクで開催されます。このフェスティバルは、2016年から、卓越した指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフの発案により、マリインスキー沿海州劇場で毎年開催されています。今年のフェスティバルは、ロシア連邦文化省の「全ロシアツアー・コンサート計画」に基づき、連邦国家予算の文化機関「ロスコンサート」が主催する「グランド・ツアー」プログラムの支援を受けました。「グランド・ツアー」プログラムの「有数の劇場」部門の一環として、マリインスキー沿海州劇場では、「ロミオとジュリエット」、「ル・パルク」、「皇帝に捧げた命」、「セミョーン・カトコ」、「ボリス・ゴドゥノフ」、「マゼッパ」、「イル・トロヴァトーレ」、「フィガロの結婚」の公演が上演されます。

7回国際極東「マリインスキー」際のプログラム、ウラジオストク

2022728日~814

芸術監督:ヴァレリー・ゲルギエフ

  • セルゲイ・プロコフィエフ作曲、レオニード・ラヴロフスキー振付によるバレエ「ロミオとジュリエット」、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲、アンジュラン・プレルジョカージュによるバレエ「ル・パルク」を上演。
  • マエストロ・ヴァレリー・ゲルギエフの指揮の下、マリインスキー劇場 (サンクトペテルブルク) の交響楽団を伴った壮大なオペラ、「皇帝に捧げた命」、「セミョーン・カトコ」、「ボリス・ゴドゥノフ」、「マゼッパ」、「イル・トロヴァトーレ」を上演。
  • オペラスターパレード:イルダール・アブドラザコフ、アリウンバータル・ガンバータル、エフゲニー・ニキーチン、エフゲニー・アキモフ、ウラジミール・モロズ、アンナ・デニソワ、スタニスラフ・トロフィモフ、アイグーリ・ヒスマトゥリーナ、イワン・ギンガゾフ、イリーナ・チュリロワ、ウラディスラフ・スリムスキー、タチアナ・セルジャン、アンナ・キクナゼほか、多数の著名人が出演。
  • サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場のソリストの参加による、マリインスキー沿海州劇場での明るく陽気なオペラ「フィガロの結婚」の初演。

728日から814日まで、ウラジオストクのマリインスキー沿海州劇場で、7回国際極東「マリインスキー」際が開催されます。このフェスティバルは、728日と29に開幕し、ウィリアム・シェイクスピアの有名な悲劇に基づくセルゲイ・プロコフィエフの音楽に合わせて、バレエ「ロミオとジュリエット」が上演されます。振付師のレオニード・ラヴロフスキーは、ヴェローナの年代記と古代舞踊の説明を研究し、劇的で鮮やかなダンスのパントマイムを主な表現手段として選びました。ラヴロフスキーと演劇人ピーター・ウィリアムスのコラボレーションは、プロコフィエフの音楽の最高の具現化の1つをもたらしました。

730日と31には、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽に合わせて、アンジュラン・プレルジョカージュが振付した一幕物バレエ「ル・パルク」が上演されます。 「ル・パルク」は、マリウス・ペティパによるマリインスキーの「眠れる森の美女」の直系の後継作品です。モーツァルトの神々しいまでに美しい音楽、紳士、淑女、求愛、ため息、抱擁といったクレイジーな時代を特徴づける軽薄な愛のムード、これらすべてを、振付師と芸術監督が見事に繊細に伝えます。公演の主役は、マリインスキー劇場のバレエ団のソリストであるナデジダ・バトエヴァ、フィリップ・スチョーピン、マリア・シリンキナ、ロマン・ベリャコフ、コンスタンティン・ズベレフ、ヴィクトリア・テリョキナ、アレクサンダー・セルゲーエフが演じます。マリインスキー沿海州劇場の交響楽団の指揮者は、国際コンクールの受賞者であるアルセニー・シュプリャコフです。 

スター俳優の登場は、マリインスキー沿海州劇場の新作とレパートリーの両方の公演で期待されています。81に、フェスティバルのオペラ パートは、ボーマルシェの同名の喜劇に基づくモーツァルトの音楽に合わせた、明るく陽気な「フィガロの結婚」で幕を開けます。2017 年、ウラジオストクで開催された第2国際極東「マリインスキー」祭で、マリインスキー沿海州劇場の聴衆はすでに、ロシア人民芸術家であるユーリ・アレクサンドロフの古典的な演出で美しいモーツァルトのオペラを楽しむ機会を与えられたことに注目することが重要です。今年はモーツァルトの名曲の新バージョンが上演されます。舞台監督は、サンクトペテルブルクの児童音楽劇場「ザゼルカリェ(鏡の国)」の芸術監督、ロシアの人民芸術家のアレクサンドル・ペトロフでした。オペラの舞台は、20 世紀初頭の近代化の時代に移されています。「フィガロの結婚」は喜劇ですが、このオペラの陽気さの裏には、名誉、社会的地位、愛といったかなり深刻なテーマが隠されています。このオペラは、今でも世界中のほぼすべてのオペラハウスのレパートリーの中で最も人気があり、何百万人もの聴衆を楽しませています。主役は、マリインスキー劇場のソリスト、ヴァディム・クラヴェッツ、アンナ・デニソワ、エカテリーナ・ソロヴィヨヴァ、ウラジミール・モロズによって演じられます。世界的に有名なミュージシャン、グラミー賞受賞者、数々の権威ある賞を受賞したユストゥス・フランツが指揮を執ります。

85、オペラ「フィガロの結婚」がウスリースク市で上演されます。マリインスキー劇場とマリインスキー沿海州劇場のソリストと交響楽団の合同キャストが、ウスリースク市の駐屯地の将校クラブで舞台化された公演を上演します。811日と13には、ウラジオストクの劇場の大ホールで、マリインスキー劇場とプリモルスキー・ステージのソリストの合同キャストによって公演が行われます。

82、オペラ界のスター、スタニスラフ・トロフィモフ、アイグーリ・ヒスマトゥリーナ、イワン・ギンガゾフが、ウラジオストクで初上演される、作曲家ミハイル・グリンカによる歴史劇「皇帝に捧げた命」で主役を演じます。ロシア皇帝ミハイル・フョードロヴィチの命を救い、外国人を排除するために自らを犠牲にしたコストロマ出身の純朴な農民の偉業の物語は、英雄的、愛国的ドラマの展開にぴったりでした。戦争あり、恋愛あり、庶民の暮らしの絵あり、華麗なバレエシーンのある舞踏会ありの物語です。演劇の演出家であるドミトリー・チェルニャコフは、このオペラの中で、市民社会、人権、個人の責任、集団道徳など、差し迫った問題を明らかにし、意味上の強調をずらすというリスクを負っています。マリインスキー劇場交響楽団の指揮は、マエストロ・ヴァレリー・ゲルギエフによって行われます。  

83には、セルゲイ・プロコフィエフのゴールデンマスク受賞作品「セミョーン・カトコ」が、マリインスキー劇場の有名ソリスト、セルゲイ・セミシュクル、エフゲニー・ニキーチン、アンドレイ・セロフ、ジャンナ・ドンブロフスカヤ、ヴァディム・クラヴェッツ、エカテリーナ・ソロヴィヨヴァによって上演されます。突き刺すような音楽表現で、作曲家は内戦の現実を描写しています。戦地から戻った兵士セミョーン・コトコの物語。彼が見たものは、 故郷の代わりに荒廃した惨状を目の当たりにする... 終末的な雰囲気、愛と英雄主義、これらすべてを、ロシア人民芸術家ユーリ・アレクサンドロフの演出で観客は見ることができます。指揮者: ヴァレリー・ゲルギエフ

現在最も需要のある低音歌手の一人で、有名なオペラ歌手であるイルダール・アブドラザコフは、84日と6日にモデスト・ムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」で主役を演じます。マリインスキー劇場を代表するソリスト、スタニスラフ・トロフィモフ、セルゲイ・セミシュクル、エフゲニー・アキモフ、アンドレイ・セロフ、コレリシヴィリ、マリインスキー沿海州劇場のソリストであるヴャチェスラフ・ワシリエフとラウラ・ブスタマンテが公演に共演します。マリインスキー交響楽団は、マエストロであるヴァレリー・ゲルギエフが自ら指揮を執ります。1869年に作曲家によって書かれたオペラの初版が、ウラジオストクで上演されます。オペラの戯曲作法は、国家権力の法外な重荷を負った苦しんでいる人間、ボリス・ゴドゥノフの悲劇を明らかにすることを目的としています。モデスト・ムソルグスキーの傑作を初めて紹介するために、アンドレイ・タルコフスキーの有名な戯曲に基づいた演出が行われる予定です。セルゲイ・ボゴスラフスキーがマリインスキー沿海州劇場で演出の脚色を担当します。劇中の映像投影は、同劇場のチーフデザイナーであるピョートル・オクネフが準備したものです。責任ある伴奏者は、ロシアの名誉ある芸術家であり、マリインスキー沿海州劇場の劇団の芸術監督であるイリーナ・ソボレワです。

85日と8、ヴェルディの最も有名で頻繁に上演されるオペラの1つである「アイーダ」が、ロシアの名誉芸術家アレクセイ・ステパニュクの演出で、劇場の大ホールで上演されます。オペラの舞台はファラオの治世中のエジプトですが、エチオピアの女奴隷アイーダとエジプトの司令官ラダメスの禁じられた愛という個人的なドラマが前面に出てきます。85日には、マリインスキー劇場のソリスト、アンナ・キクナゼ、イリーナ・チュリロワ、イワン・ギンガゾフ、エフゲニー・ニキーチン、ウラディスラフ・スリムスキーが主役を演じ、8日にはアイーダ役をタチアナ・セルジャン、アモナスロ役をアリウンバータル・ガンバータルが演じる予定です。交響楽団の指揮は、マエストロであるヴァレリー・ゲルギエフ85日)、マリンスキー・沿海州劇場の首席指揮者パベル・スメルコフ88日)によって行われます。

魅力的な中世、スペイン、壮観な城、強い情熱、4人の主人公の見事な声楽アンサンブルを、86にウラジオストクの観客に見ていただけます。マリインスキー劇場のソリスト、タチアナ・セルジャン、アンナ・キクナゼ、イワン・ギンガゾフ、アリウンバータル・ガンバータルは、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「イル・トロヴァトーレ」に、美しい女官レオノーラ、気まぐれなジプシーの老婆アズチェーナ、勇敢な吟遊詩人マンリーコ、獰猛なルーナ伯爵の役としてとして出演します。世界で最も人気のあるオペラのひとつを、ピエル・ルイージ・ピッツィの演出によって上演されます。これは勝者のいない苦闘の物語ですが、プロットの陰鬱さにもかかわらず、観客は記憶の中でヴェルディのいつまでも美しい音楽を持ち帰ることができます。 指揮者: ヴァレリー・ゲルギエフ

87、ロシアのオペラ賞「Casta Diva」の受賞者であり、現代で最も有名なバリトンの1人であるウラディスラフ・スリムスキーは、ピョートル・チャイコフスキーによるオペラ「マゼッパ」でヘトマン・マゼッパの主役を演じ、再びフェスティバルの聴衆を喜ばせます。202011月、マリインスキー沿海州劇場では、作曲家の生誕180周年を記念して、このオペラのコンサート公演がすでに行われていました。今回、聴衆は、マリインスキー劇場の最も有名なオペラ作品の1つを、全編にわたって鑑賞することができるようになりました。舞台演出家のイリヤ・シュレピャーノフとソ連の著名な劇場デザイナー、アレクサンドル・コンスタンティノフスキーが、このオペラの音楽に合った「グランド・スタイル」の基準を作り上げました。 「マゼッパ」は、その主役の主人公と同じように、カリスマ性も力強さも失っていない長寿公演です。また、マリインスキー劇場のソリスト、スタニスラフ・トロフィモフ、アンナ・キクナゼ、イリーナ・チュリロワも出演する予定です。指揮者: ヴァレリー・ゲルギエフ

87の夜、ドイツの指揮者でピアニストのユーストゥス・フランツがマリインスキー劇場交響楽団の指揮台に立ち、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの最大の作品である交響曲第9 番を、めったに聴かれないグスタフ・マーラーのオーケストレーションで指揮します。

810日と12、マリンスキー沿海州劇場の最近の初演であるマリウシュ・トレリンスキ演出のジャコモ・プッチーニの悲劇的な「蝶々夫人」と、ルッジェーロ・レオンカヴァッロの鮮やかなオペラ「道化師」 (マラット・ガツァロフの珍しい監督バージョン) は、マリインスキー劇場とマリンスキー沿海州劇場のソリストのジョイントキャストによって上演されます。マリンスキー沿海州劇場の首席客演指揮者であり、数々の権威ある国際コンクールの優勝者であるシズオ・Z・クワハラがオーケストラの指揮を執ります。 

「マリインスキー」音楽祭最終日の814には、マリインスキー劇場とマリインスキー沿海州劇場のソリストのジョイントキャスト、そして首席指揮者パヴェル・スメルコフが指揮するマリインスキー劇場の合唱団とオーケストラが共同で、世界で最も頻繁に演奏されているオペラ、ジャコモ・プッチーニの「トゥーランドット」を演奏します。この作品は、オリエンタルな華やかさと血なまぐさい残酷さ、現実と象徴性が複雑に混ざり合った、カラフルな背景を背景に繰り広げられる強い情熱のドラマです。主人公の心情を描いた叙情的な詠叙唱、迫力ある合唱を伴う壮大な群衆シーン、これらすべてが、ウラジオストクで開催される第7回国際極東「マリインスキー」際の締めくくりの和音となります。

ロシア連邦文化省の全ロシア巡演・演奏計画

ロシア連邦文化省の全ロシアツアーとコンサート計画は、国内の統一された巡演システムを再構築することを目的としています。この計画はロシア全土で実施されており、「私たちはロシア」(全国団体の巡演)と「グランド・ツアー」(劇場の巡演)という 2 つの大規模な連邦プログラムが含まれています。

2020年にロシア文化省のの主導で始まった「私たちはロシア」プログラムは、ソ連時代以来初めて、全国の振付および合唱グループ、ならびに民族楽器のオーケストラおよびアンサンブル、歌とダンスの劇場、歌とダンスのアンサンブルの巡演活動を統合しました。

2014 年に開設された「グランド・ツアー」プログラムは、連邦、国外、地域間、子供と若者、学生向け、および非国営 (民間) 劇場の巡演活動を支援する方向の6つの分野で実施されます。

これらの連邦プログラムのおかげで、聴衆は、優れた国内グループのコンサートプログラムと、ロシアとロシア外国劇場の最高の作品に精通しています。コンサートや公演は、大人、家族、子供など、最も幅広い聴衆を対象としており、巡演の地理的範囲は、カリーニングラードからカムチャツカ、デルベントからチュコトカまで広がっています。

「私たちはロシア」と「グランド・ツアー」 プログラムを含む全ロシア巡演・コンサート計画は、国内のクリエイティブチームの交流範囲を広げ、共通の文化空間を形成・統合し、ロシアと世界の近隣諸国の新しい観客を惹きつけるのに役立っています。

「全ロシア巡演・コンサート計画は、現代文化において重要かつ需要のあるプロジェクトとしての地位を確立しています。国内の劇場やクリエイティブ・チームによる公演を含むこの計画の地理は、巡演・コンサート活動にますます多くの新しい参加者を巻き込んで、絶えず拡大しています」と、ロシア連邦文化大臣のオルガ・リュビモヴァは述べています。このプロジェクトの目的のひとつは、民俗芸術と演劇の保存と振興であり、「ロシア諸民族の民俗芸術と無形文化遺産の年」とされた2022年には、特にその意義が大きいことを彼女は強調しました。

連邦国家予算の文化機関「ロスコンサート」

連邦国家予算の文化機関「ロスコンサート」は、ソ連の国家コンサート・巡演局「ソユーズコンサート」の譲受人であり、1967年に活動を開始しました。

連邦国家予算の文化機関「ロスコンサート」は、大規模な芸術祭、クロスイヤーと文化交流の日、国内外のコンクールや創造的なプロジェクトなどを行っています。その中に、チャイコフスキー国際コンクール、国際・全ロシアバレエ・振付コンクール、セルゲイ・ラフマニノフにちなんで名付けられたピアニスト、作曲家、指揮者の国際コンクール、全ロシア音楽コンクール、ロシア南部の人々の文化とスポーツの祭典、国際映画祭「バルトのデビュー」、スラブ文学と文化の日、国際音楽祭「ミュージカル遠征」、芸術祭「バルトの季節」他多数が含まれています。

2020 年以来、ロスコンサートは、は、「グランド・ツアー」や「私たちはロシア」プログラム などの大規模なプロジェクトを含む、全ロシアの巡演・コンサート計画の枠組み内ですべてのイベントを実施する最大の巡演・コンサートセンターとなっています。

この機関は、ロシア連邦文化省に従属しています。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход