07.05.2022

マリインスキー沿海州劇場バレエ団がサンクトペテルブルクで「パイドラー」と「束の間の幻影」を上演

2022511日、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場の歴史的な舞台で、マリインスキー沿海州劇場の劇団が上演する2つの1幕のバレエ作品のヨーロッパ初演が行われます。サンクトペテルブルクでは、セルゲイ・プロコフィエフの音楽に合わせたドミトリー・ピモノフのバレエ「束の間の幻影」、そして最近プリモルスキー・ステージで初演された、デンマークの振付師フレミング・フリントの1幕バレエ「パイドラー」を、最も有名なアメリカの作曲家のひとりであるフィリップ・グラスの音楽に合わせて上演する予定。

1987年、ダラスで伝説的な振付師のフレミング・フリントが、妻でデンマーク人バレリーナのビビ・フリントのために特別に「パイドラー」を上演しました。フリントの演出は、古代ギリシャの劇作家エウリピデスの悲劇に着想を得ています。筋書きは、パイドラーが継子への愛を告白するという、継母の継子への恋を中心に展開しています。若者の拒絶は、悲劇的な結末へと続いていきます。

世界でもほとんど上演されていないこのバレエは、バレエ団の芸術監督エルダー・アリエフの発案により、マリインスキー沿海州劇場で上演されました。この作品の振付は、振付師の補佐人であり、ヒッポリュトス(テセウス王の息子)の初演者であるデンマーク人ジェイコブ・スパルソによって行われました。イタリアの芸術家であり舞台デザイナーのベニ・モントレゾールのアイデアの具現化は、マリインスキー沿海州劇場のチーフデザイナー、ピョートル・オクネフによって行われ、  照明デザイナーは、バレエのパフォーマンスを含め、国際的な演劇界でよく知られているアメリカ人のトニー・トゥッチでした。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход