20.05.2022

スラブ文学と文化の日に捧げられたコンサートがマリインスキー沿海州劇場の舞台で開催

524日、マリインスキー沿海州劇場の大ホールで、スラブ文学と文化の日に捧げられたコンサートが開催されます。

第1部では、ロシアの古典の作品を特集します。視聴者、ミハイル・グリンカ、ニコライ・リムスキー=コルサコフ、ピョートル・チャイコフスキーの音楽の名曲を聴くことができます。プリモルスキー・ステージのソリスト、イリヤ・アスタフロフ(テノール)とセルゲイ・セバスティアノフ(バス)が、作曲家ニコライ・リムスキー=コルサコフによるカンタータ「予言のオレグの歌」を演奏します。マリインスキー沿海州劇場の交響楽団は、首席指揮者パベル・スメルコフが指揮を執ります。

コンサートの第2部は、ロシア連邦の名誉ある文化労働者であるエレナ・ペトゥホワの指揮の下、極東連邦大学のアカデミック合唱団の演奏で幕を開ける予定です。その後、ソビエトの作者による歌が、交響楽団を伴って、ウラジオストクの統合児童合唱団によって演奏されます。オーケストラの指揮はヴァレリー・トルビン=レオノフが担当します。ニコライ・ケドロフ(父)、ゲオルギー・スヴィリドフ、アレクサンドラ・パフムートワ、ゲオルギー・ストルーヴェ、エフゲニー・クリラトフ、ベニアミン・バスナー、イサーク・ドゥナエフスキーなどの作品が演奏されます。

ウラジオストクの統合児童合唱団には、いくつかのグループが含まれています:極東連邦大学のアカデミック合唱団、プロコフィエフにちなんで名付けられた児童美術学校第1校の模範合唱団「深紅の帆」、沿海州芸術大学児童芸術学校の合唱団、模範的なコーラススタジオ「音叉」の合唱団、児童音楽学校第2校の合唱団、児童芸術学校第3校の合唱団「アッソーリ」、ウラジオストク児童青少年創造開発センターのボーカル・アンサンブル「アッソーリ」、児童美術学校第6校の模範合唱団「レインボー」、児童美術学校第5校の合唱団、児童美術学校第6校の模範合唱団「ボーイズ」、児童美術学校第4校の合唱団「シルバーノート」。

ロシアでは、スラブ文学と文化の日が毎年祝われています。この祝日は、アルファベットを作成し、スラブ人の書き言葉の基礎を築いた使徒に等しい聖キュリロスと聖メトディウス兄弟を記念する日に捧げられています。記念コンサートは、2017年からマリインスキー沿海州劇場で開催されています。交響楽団を伴った最高の子供と大人の合唱団が毎年それに参加しています。コンサートの主な目的は、合唱芸術を通じてロシア文化を広めることです。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход