24.04.2022

マリインスキー沿海州劇場バレエ団の芸術監督のエルダー・アリエフ氏が「ドストルグ」勲章を受章

2022年4月21日、アゼルバイジャン共和国大統領イルハム・アリエフの命令により、マリインスキー沿海州劇場バレエ団芸術監督のエルダー・アリエフが、民族間の友好強化とアゼルバイジャンディアスポラの発展への貢献に対して「ドストルグ」勲章(友好勲章)を授与された。

エルダー・アリエフはバクーで生まれ、バクー振付学校を卒業し、後にサンクトペテルブルクのワガノワ名称ロシアバレエアカデミーの教育学部を卒業。1979年から1992年まで、マリインスキー劇場の主要ソリストとして活躍。彼の創造的なバックグラウンドには、「ドン・キホーテ」、「愛の伝説」、「海賊」、「白鳥の湖」、「ラ・バヤデール」、「スパルタクス」などのバレエの主役が含まれている。

エルダー・アリエフのツアー地理は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場やミラノのスカラ座からブエノスアイレスのコロン劇場やシドニーオペラハウスまで、世界の40か国以上と最も有名な舞台をカバーしている。ダンサーとして、彼は近代の最も偉大な振付師であるユーリー・グリゴローヴィチ、ローラン・プティ、モーリス・ベジャール、アルベルト・アロンソ、オレグ・ヴィノグラドフ、ウラジーミル・ワシーリエフ、マウリシオ・ウェインロットと共演してきた。   彼の舞台パートナーは、ガリーナ・メゼンツェワ、ガブリエラ・コムレワ、タチアナ・テレホワ、シルヴィ・ギエム、アマンダ・マッケロー、レスリー・ブラウン、アルティナイ・アスィルムラートワ、リュボフィ・クナコワ、オルガ・チェンチコヴァなどの優れたバレリーナだった。

1992年から2005年にかけて、エルダール・アリエフの指揮の下、Ballet Internationale(米国インディアナポリス・バレエ・シアター)で、フィクレト・アミロフの「千夜一夜物語」、ピョートル・チャイコフスキーの「くるみ割り人形」、イゴール・ストラヴィンスキーの「火の鳥」など、彼の代表作を含む30以上の作品が作られている。2006年以降、ヨーロッパ、アジア、アメリカの一流カンパニーやバレエアカデミーのゲストコンサルタント、講師、振付師、国際バレエコンクールの審査員として活躍している。 

2015年2月より、沿海州オペラ・バレー劇場の首席振付師を務めている。2016年以来、彼はマリインスキー沿海州劇場の主任振付師であり、2021年以来、マリインスキー沿海州劇場バレエ団の芸術監督を務めている。エルダー・アリエフが授与された賞の中には、ロシア連邦の名誉ある芸術家の称号、瀋陽国立音楽院名誉教授(中国)、インディアナポリス・ビジネス・ジャーナル誌が創設した「Forty under 40」賞(米国)、「ダンスの魂」(ロシア)、ロシア連邦文化大臣の賞状など受賞歴があり、尚、芸術の発展への彼の貢献を称え、米国インディアナポリスで6月21日を「エルダー・アリエフの日」と制定されている。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход