18.11.2022

イワン・ギンガゾフは、11月にマリインスキー沿海州劇場で2回出演

11月25日と27日、ナショナル・オペラ「オネーギン」賞を受賞したイワン・ギンガゾフが、ロシアの2つのオペラで男性の主役を演じます。

11月25日ソリストは、この劇場で最もスタイリッシュな演出といえる、ニコライ・リムスキー=コルサコフの最も有名なオペラ「皇帝の花嫁」で、イヴァン・ルイコフ役を演じる予定です。プロットは、イヴァン雷帝の3度目の結婚の歴史的エピソードに基づいています。マルファ・ソバキナは、花嫁選びコンテストで数十人の美女を抑えて優勝した皇帝のその花嫁です。ソリストとともに、大ホールの舞台では、マリインスキー沿海州劇場のソリストたちであるエフゲニー・プレハーノフ、アリーナ・ミハイリク、アレクセイ・レピン、セルゲイ・プレシフツェフ、タチヤーナ・マカルチュク、イリヤ・アスタフロフが出演します。

11月27日、ソリストはピョートル・チャイコフスキーのオペラ「スペードの女王」という大規模な音楽作品で、有名なゲルマン役の解釈を紹介します。ユーリ・テミルカーノフによる演出は、古典オペラ演出のベンチマークとなり、国際的に認められ、長年にわたって劇場舞台で幸せな生活を送ってきました。エカテリーナ時代のサンクトペテルブルクの中心人物が、夏の庭園の彫像からインテリアのディテールや衣装に至るまで、ありえないほどの正確さで再現されています。また、マリインスキー沿海州劇場のソリスト、ヴャチェスラフ・ワシリエフ、アレクセイ・レピン、イリーナ・コロジャージナヤ、アリョーナ・ディヤノワ、ラウラ・ブスタマンテが共演します。両公演とも、指揮はマリインスキー沿海州劇場首席指揮者のパヴェル・スメルコフによって指揮されます。 

思い起こせば、イワン・ギンガゾフは、今年7月28日から8月14日までウラジオストクで開催された第7回国際極東「マリインスキー」際の一環として、「皇帝に捧げた命」のボグダン・ソビーニン役、「アイーダ」のラダメス役、「イル・トロヴァトーレ」のマンリーコ役に挑戦しました。

「ヘリコンオペラ固有のテノール歌手であるイワン・ギンガゾフは、劇的な豊かさと極端な高音を組み合わせた、オペラのタイトル・ヒーローの最も難しいパートに挑戦しています。この歌手の技量は年々向上しており、彼は力強く豊かでありながら従順しにくい声の管理に長けています」と、有名な評論家のアレクサンドル・マトゥセヴィチは、歌手のパフォーマンスについて「クルトゥーラ」新聞で述べています。

歌手のレパートリーには、「エヴゲーニイ・オネーギン」、「「イーゴリ公」、「蝶々夫人」、「イル・トロヴァトーレ」、「トゥーランドット」、「マゼッパ」、「仮面舞踏会」、「カルメン」、「イオランタ」、「トスカ」などのオペラの役が含まれています。アーティストは、ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場、ドレスデンのゼンパー・オーパー、バーリのペトルッツェリ劇場、アレクサンドリンスキー劇場、ウィーン楽友協会、アリシェル・ナヴォイ記念国立アカデミー大劇場、モスクワ国立アカデミーフィルハーモニー、モスクワのコンサートホール「ザリャージエ」、ロシアのボリショイ劇場、ミハイロフスキー劇場、ルーアン・ノルマンディー歌劇場を含む多くの国際的な劇場で公演を行ってきました。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход