29.09.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの10月のレパートリーが発表

マリインスキー劇場の沿海州別館は、忙しい秋のプログラムを紹介しています。

10月には、若い観客のためのオペラの初演が相次いで行われます。ウラジオストクでは、「マリインスキー・フォー・チルドレン」プログラムの一環として、子供向け音楽のクラシック作曲家であるセルゲイ・バネヴィッチによる2つのオペラ「ムーリッチと名乗る猫」(10月24日)と「ニコレンカ・イルテニエフの生涯の場面」(10月30日)、とレオニード・クリニチェフのオペラ「星の王子さま」(10月30日、31日)が初めて上演されます。 ロシアの名誉芸術家であるアレクセイ・ステパニュクが演出する公演は、劇場の小ホールで上演されます。

昨シーズンのオペラ初演であるジャコモ・プッチーニの「トゥーランドット」は10月17日に上映されます。主役は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主要なソリストであるロシアの名誉ある芸術家であるエレナ・ラズグリャエワによって初めて演じられます。この日の夜はパベル・スメルコフが指揮をします。

10月23日午後2時と午後7時には、ヨハン・シュトラウスの華麗なオペレッタ「こうもり」を、アレクセイ・ステパニュクが豪華な衣装で上演します。指揮者はヴァレリー・トゥルビン=レオノフ。

10月のプログラムでは、ご家族でご覧いただける作品を多数ご用意しています。この中には、ロシア語で上演される公演も含まれており、初めてオペラというジャンルを知るには最適です。これらは、セルゲイ・プロコフィエフの滑稽な「三つのオレンジへの恋」(10月21日)、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎めいた「魔笛」(10月27日)、プーシキンの有名な物語を題材にしたオペラ、ニコライ・リムスキー=コルサコフの「サルタン皇帝の物語」(10月31日)、ピョートル・チャイコフスキーの「エヴゲーニイ・オネーギン」(10月29日)があります。

また、10月にはカルト的なオペラ・ドラマである、ジュゼッペ・ヴェルディのイルキン・ガビトフによる神秘的な演出の「リゴレット」(10月15日)と、ニコライ・リムスキー=コルサコフのヴャチェスラフ・スタロドゥブツェフの個性的な演出で上演される「皇帝の花嫁」(10月10日)が楽しめます。

沿海州別館のバレエ団は、この秋、クラシックのレパートリーの真珠作品を披露します。10月9日にはアドルフ・アダンによる幻想的バレエ「ジゼル」、10月16日には冒険活劇「海賊」(14時、19時)が上演されます。聴衆はまた、ピョートル・チャイコフスキーによる偉大なバレエ作品である「眠れる森の美女」(10月22日、24日)、「白鳥の湖」(10月28日)、「くるみ割り人形」(10月30日午後2時、午後7時)の全3作品を鑑賞することができます。ジョージ・バランシンの新古典派の傑作である一幕バレエは、10月14日のプログラムに含まれています(「スコッチ・シンフォニー」、「アポロ」、「セレナーデ」)。

ご注意:新シーズンより、マリインスキー劇場の沿海州別館は、「プーシキン・カード」と言う、学童および学生のための社会的プログラムの参加者となりました。プログラムに含まれる公演は、当劇場のウェブサイトにプーシキンの自画像でマークされています。これらの公演のチケットは特別価格で販売されています。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход