03.08.2021

テノールのナジミディン・マヴリャーノフがマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージに出演

劇場賞「ゴールデンマスク2021」の受賞者であり、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリストであるナジミディン・マヴリャーノフ(テノール)は、8月のマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの公演に3回出演します。

85日に開催される第6回国際極東「マリインスキー」フェスティバルでは、ジャコモ・プッチーニのオペラ「トゥーランドット」(シャルル・ルボー演出)の初演にカラフ役で出演します。マリインスキー劇場のソリスト、ムラダ・フドウレイが残酷な王女トゥーランドット役で登場し、自己犠牲的な奴隷少女リューは沿海地方の劇団のソリスト、アリーナ・ミハイリクが演じます。

88日には、テノールのナジミディン・マヴリャーノフがピョートル・チャイコフスキーの「スペードの女王」でゲルマン役を演じ、音楽祭を締めくくります。この公演は、ユーリ・テミルカノフの有名な古典的演出で上演されます。主役を演じるのは、第15回チャイコフスキー国際コンクールの優勝者であるマリインスキー劇場のソリスト、アリウンバータル・ガンバータル(エレツキー)、ユリア・マトチキナ(ポリーナ)、プリモルスキー・ステージのオペラ劇団のソリストであるマラット・ムハメツィアノフ(トムスキー)、イリーナ・コロジャージナヤ(伯爵夫人)、ロシアの名誉ある芸術家エレナ・ラズグリャエワ(リーザ)です。

813日、ナジミディン・マヴリャーノフは、彼の好きなヴェルディの役のひとつである、同名のオペラのドン・カルロス役に出演します。

このアーティストが出演するすべての公演は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの首席指揮者であるパベル・スメルコフが指揮します。

ナジミディン・マヴリャーノフは、タシケントにあるウズベキスタン国立音楽院の卒業生です。2010年以来、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリストを務めています。客演ソリストとして、マリインスキー劇場、モスクワのボリショイ劇場、コヴェント・ガーデン、メトロポリタン・オペラ、フィンランド国立歌劇場、ライン・ドイツ・オペラ、イスラエル・オペラ(テルアビブ)、ミハイロフスキー劇場などに出演しています。2010年、ナジミディン・マヴリャーノフはシンガー・オブ・ザ・イヤーのノミネートでカスタ・ディーバを受賞し、2021年にはロシアのボリショイ劇場でサドコ役を演じたことでロシア国立劇場賞「ゴールデン・マスク」を受賞しました。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход