07.04.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主任振付師がロシア連邦の名誉ある芸術家の称号を授与されました

マリインマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主任振付師であるエルダー・アリエフは、文化と芸術の発展への多大な貢献、公的および専門家のコミュニティから広く認められている高度に芸術的なコンサートプログラムの作成、および創造的な人材の教育と訓練における優れた功績に対して、202146日の大統領令により、ロシア連邦の名誉芸術労働者の名誉称号を授与されました。

バクー振付学校を卒業したエルダー・アリエフは、10年以上にわたってキーロフ(現在のマリインスキー)バレエ団の主要なソリストとなっていました。ダンサーとしてのキャリアを終えた後、彼は「インディアナポリスバレエ」の芸術監督になり(1992-2005)、ヨーロッパ、アジア、アメリカの主要な劇団やバレエアカデミーでゲストコンサルタント、教師、バレエマスター、振付師として働いてきました。

エルダー・アリエフは、2015年から沿海地方のバレエ団を主任バレエマスターとして監督しています。マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのレパートリーには、彼が振り付けした「くるみ割り人形」、「海賊」、「火の鳥」などのバレエが含まれています。なお、アリエフの改訂版では、クラシックバレエの「眠れる森の美女」が上演されています。

プリモルスキー・ステージは、エルダー・アリエフが振付したバレエ「千夜一夜物語」の初演で、第8回劇場シーズンを開幕しました。この公演は、首都のバレエ評論家から高い評価を得ました。20211月、この作品はサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で沿海地方の劇団によって大成功を収めました。513日、エルダー・アリエフのバージョンでの演劇「千夜一夜物語」は、カザンで第34Р.ヌレエフにちなんで名付けられたクラシックバレエ国際フェスティバルを開きます。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход