24.11.2021

12月のマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、「道化師」の初演、おとぎ話のバレエ、交響曲コンサートが行われます

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージは、あらゆる年齢や好みの観客に豊かな冬のプログラムを提供します。

12月3日、5日、7日に、モデスト・ムソルグスキーのオペラ「ホヴァンシチナ」の初演は、レオニード・バラトフによる古典で歴史的演出で続けて行われます。交響楽団は、プリモルスキー・ステージの首席指揮者パベル・スメルコフによって指揮されます。

12月12日、ニコライ・リムスキー=コルサコフのオペラ「サルタン皇帝の物語」の改訂版が上演されます。劇の監督はエカテリーナ・マラヤ、ビデオアーティストはヴァディム・デュレンコです。

12月24日と25日に、ルッジェーロ・レオンカヴァッロの有名なオペラ「道化師」の初演が沿海州別館の舞台で行われます。この作品は、「ゴールデンマスク賞」を受賞したマラット・ガツァロフの監督の解釈版と舞台デザインで上演されます。制作指揮者はパベル・スメルコフです。

12月中旬、待ちに待った沿海州別館の首席客演指揮者である、シズオ・Z・クワハラ(日本)が再びやってきます。マエストロが交響曲コンサート(12月16日)を指揮します。このコンサートでは、ソビエトの作曲家の作品、ドミートリイ・ショスタコーヴィチの交響曲第10番、ロディオン・シチェドリンの作品が演奏されます。また、シズオ・Z・クワハラが一幕物バレエ「ダフニスとクロエ」(12月17日、18日)のオーケストラの指揮をとります。

12月10日の劇場のプレイビルには、詩人のアポロン・マイコフとニコライ・ネクラソフの生誕200年を記念して、交響曲と声楽のコンサートが含まれています。チャイコフスキー、リムスキー=コルサコフ、ラフマニノフ、スヴィリードフの傑作は、パベル・スメルコフの指揮の下で演奏されます。12月23日には、オペラ劇団のソリストたちによる大晦日のガラコンサートが開催されます。

バレエアートの愛好家の皆様には、「眠れる森の美女」(12月8日)、「千夜一夜物語」(12月11日)、「くるみ割り人形」(12月26日、28日~31日)、カラフルな冒険バレエ「海賊」(12月4日)など、人気のおとぎ話のような作品をお楽しみいただけます。

沿海州別館の最年少観客は、小ホールで子供向けオペラ「ムーリッチと名乗る猫」(12月4日、18日)、「ニコレンカ・イルテニエフの生涯の場面」(12月26日)、「星の王子さま」(12月11日、30日)をご覧いただけます。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход