21.11.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでのマエストロ・ヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見

11月20日、マリインスキー劇場の沿海州別館では、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフ氏による記者会見が行われました。マエストロは、来シーズンのレパートリー計画を共有し、ロシアで最も壮大なオペラの一つであるモデスト・ムソルグスキーによる「ホヴァーンシチナ」のウラジオストクでの最初の公演に向けた準備についても記者に語りました。

「オペラやバレエの優れたレパートリーを、沿海州の観客の生活に積極的に取り入れるという最も重要な課題を実現するために、劇場の巨大なチームは努力を続けています。特に、「ルスランとリュドミラ」、「ボリス・ゴドゥノフ」、「マゼッパ」、そして少し後に、おそらく「マオルレアンの乙女」などの新しい作品が上演されるようになるでしょう」とヴァレリー・ゲルギエフは指摘しました。

芸術監督は、新作オペラの数を劇場の能力に合わせる、と述べました。今のところ、年間4〜5タイトルの作品が計画されており、そのうち3作は近い将来、すべてウラジオストクで上演される予定です。「マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージは、非常に短い期間で、世界で最も優れたオペラ劇場のひとつになりました。それを証明するのが、現在ご覧いただける「ホヴァーンシチナ」の公演です。このオペラのような巨大な作品を上演できる劇場は、世界でも一握りしかありません」とマエストロは強調しました。

ちなみに、ウラジオストクでのオペラ「ホヴァーンシチナ」の最初の公演は11月19日と20日に行われ、大成功を収めました。公演は、マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)と沿海州別館の劇団が共同で準備しました。「両劇場のソリストが同じステージに参加することは、正常の健全なプロセスです。両劇場のソリストのコラボレーションが進めば進むほど、このプロセスはより充実したものになり、超人気のオペラやバレエのタイトルをより頻繁に取り上げることになるでしょう」とヴァレリー・ゲルギエフは付け加えました。

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主要なソリストが参加するホヴァーンシチナの次の3つのプレミア公演は、現行の劇場シーズンの12月に予定されています。「この公演を沿海州別館の舞台に根付かせたいです。」とマエストロは認め、「ホヴァーンシチナ」は長年マリインスキー劇場のレパートリーを飾ってきたと付け加えました。

ヴァレリー・ゲルギエフは、子供向けのレパートリーを作ることも重要な課題だと述べ、プリモルスキー・ステージでの最近の子供観客のためのオペラが初演されたことに注目しました。マエストロは、記者会見の参加者にプリモルスキー・ステージのオペラ劇団の新しい芸術監督、ロシアの名誉芸術家であり、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場のリード・コンサートマスターであるイリーナ・ソボレワを紹介しました。

コロナ禍によって課せられた制限に関連して劇場の状況について尋ねられたとき、マエストロ・ゲルギエフは次のように答えました。「困難は常にあり、それを黙々と乗り越えていかなければなりません。マリインスキー劇場の経営陣は、困難な状況にあっても、劇場が今後も強く、健全で、観客にとって興味深いものであり続けるために、できる限りのことをしていきます」。

ウラジオストクへの訪問中に、ヴァレリー・ゲルギエフは、社会・文化プロジェクト基金「国民文化遺産」の要請で建設されている文化・教育複合施設の建設現場も視察しました。このセンターには、国内最大の美術館の支部に加えて、マリインスキー劇場の別の新ステージが設置されます。開館は2023年末に予定されています。 「私たちは、ウラジオストクをオペラとバレエの伝統の主要な中心地にする旅の始まりです。沿海州のために今やっていることは、すべて沿海州のためだけにやっています。」とマエストロのゲルギエフはまとめました。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход