30.08.2020

「現在のウラジヴォストクは、敢然とかなり大胆で広大なロシアの領土におけるオペラ文化の拠点の1つになろうとしています。」、とヴァレリー・ゲルギエフが語る

829日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、マリインスキー劇場の芸術監督兼首席指揮者であるヴァレリー・ゲルギエフによる記者会見が行われました。マエストロは、第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルでの4つの初演に参加するためにマリインスキー劇場交響楽団と一緒にウラジヴォストクに飛んできました。

ジャーナリストの質問に答えるヴァレリー・ゲルギエフは、特に次のように述べました。

 「この6か月は、確かに私たちの活動を停止させました。サンクトペテルブルクでは、私たちは4月末からすでに約20本のオペラタイトルの準備を始めており、長く待っていた状態ではありませんでした。 ...これは、世界のほとんどの劇場の1年分のレパートリーを超えています。私たちの資源は依然と膨大であり、ウラジボストークとウラジカフカズに支部があり、ケメロボに将来の支部があり、サンクトペテルブルクで上演されるものがウラジボストクと他のステージで光を見ることがわかっています。」

「私たちは1つのチーム、1つの家族です。サンクトペテルブルクで数回演奏したバレエ団だけでなく、オペラ団も演奏するのが慣例となっています。モスクワで「皇帝の花嫁」の公演を好調に行い、好評を博しました。もちろん、サンクトペテルブルクでも行いましたし、他の作品も上演しました。これは何の制限にもかかわらず継続するように私には思えます。制限があります。確かに、信じられないほどの数のバレエ団や合唱団のアーティストがステージに登場する大規模なパフォーマンスを現在では見せることはできません...

「現在のウラジヴォストクは、敢然とかなり大胆で広大なロシアの領土におけるオペラ文化の拠点の1つになろうとしています。モスクワとサンクトペテルブルクの東方面ではいくつかの劇場は自分たちを宣言し、どういうわけか舞台裏で競争することは私たちにとって完全に明らかです。いくつかの劇場は非常に珍しいパフォーマンスをすることができますし、いくつかの劇場は非常に珍しいレパートリーを作ることができます。私たちの課題は両方を行うことであり、最も重要なこととして、ここに表示されるレパートリーは2回ではなく、3回ではなく、1520回実行する必要があります」。

「大規模な目標を狙うという私たちの習慣は、まったく変わっていません。」

© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход