パイドラー (フェードル)

1幕バレエ

Credits

フィリップ・グラスによる音楽
© Dunvagen Music Publishers Inc. の許可を得て使用
フレミング・フリントによる振付

ジェイコブ・スパルソによる演出
芸術監督はピョートル・オクネフ(ベニ・モントレゾールによる考案)
照明デザイナー:トニー・トゥッチ
照明デザインの復元と適応:エリン・アール・フレミング

SYNOPSIS

このバレエは、古代ギリシャの劇作家エウリピデスの悲劇「ヒッポリュトス」からのこれらの引用句に基づいています。

1
アフロディーテ:今日はヒッポリュトスを罰する。

2
パイドラーとテーセウス:神のためにも、立ち去って、私の手を離してください。

3
ヒッポリュトス:私たちの守護乙女、アルテミスに従ってください。

第4場
ヒッポリュトス:私の体は無垢なものです。

5
パイドラーと乳母:アフロディーテはパイドラーを不吉な星に出合わせます。

6
ヒッポリュトス:この偽造コインである女性は人類の呪いです。

7
パイドラー:情熱が私の人生を満たしました。

8
合唱団:破壊をもたらす愛。

9
ヒッポリュトス:女性という人種は呪われています。

10
パイドラー:力が抜けてしまったのです。

11
合唱団:彼女の体はとても衰えているようで、すべての力が抜けているように見えます。

12
パイドラーとヒッポリュトス:ひどいのはアフロディーテの到来です。彼女の悪意の息吹がいたるところに感じられます。

13
乳母:ああ、嫌な日!  嫌な人生。

14
パイドラー:死は苦しみを終わらせなければなりません。

15
テーセウス:亡くなった妻、彼女なしでは生きていけない。 

16
テーセウスからヒッポリュトスへ:オルフェウスをマスターとし、彼の狂った儀式の踊りを披露してください。 

17
合唱団:女王を悼むのです。彼女の涙のための涙。

18
テーセウス:アフロディーテ、あなたが私にもたらした悪を、私はしばしば涙をもって思い出すでしょう。

ABOUT THE PRODUCTION

フリントは古代ギリシャの神話「パイドラー」を原典として物語を構成しましたが、その解釈は直訳ではなく、現代的な物語になっています。このプロットでは、夫に無視され、子供たちからも孤立しているパイドラーが、自分の人生に意味を与えようと、ヒッポリュトスに気持ちを向けます。結果的に起きた悲劇は、主人公の誰もが愛せないという事実によるものです。

初演:1987年2月18日、ダラス、マジェスティック・シアター

公演時間:55分

Age category: 12+
© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”