マリインスキー劇場の, 大ホール

ラ・シルフィード


全2幕バレエ

初演

Performers

指揮者:

アントン・トルベエフ

シルフィードElena Yevseyeva
ジェイムズAlexei Timofeyev
エフィYekaterina Petrova
マッジ: Elena Bazhenova
グエンAlexei Kuzmin

Credits

作曲:ヘルマン・レーヴェンショルド
アドルフ・ヌリによる台本
オーギュスト・ブルノンヴィルによる振り付け(1836)エルザ・マリアンヌ・フォン・ローゼンによる改訂版
大道具:ビャチェスラフ・オクネフ
衣裳:イリーナ・プレス

SYNOPSIS

1

スコットランドの農民小屋。婚約者エフィとの結婚式を控えたジェイムズの前に美しい空中の乙女シルフィードが現れて魅惑的に踊り彼を魅了する。魅惑された若者が彼女に触れようとするが、シルフィードは姿を消す。

ジェイムズは不思議な生き物の考えでいっぱい...

ジェイムズの婚約者であるエフィーが現れ、招待客たちが祝福に訪れる。盛り上がり、踊り…若いカップルに結婚式のスカーフが贈られる。しかし、魔女のマッジはエフィに、結婚の相手はジェイムズではなくグエンであると別の新郎を予測する。怒ったジェイムズは魔女を追い出し、花嫁を落ち着かせる。

…シルフィードは何度も現れ、もはや自分自身をコントロールすることができず、ジェイムズは彼女を追いかける。

2

ジェイムズとラ・シルフィード、魔法の森の中で。シルフィードを拘束して魅了するために、夢中になったジェイムズは魔女マッジの邪悪な呪文から織られた魔法のスカーフを彼女の肩にかけると...シルフィードの背中の羽が落ちるが、それと共に彼女の人生も消え去る。彼女の友達は彼女を天に連れて行く。ジェイムズは嘆き悲しんでいる…

そこへ遠くでは、エフィとグエンの結婚式を伴う行列が行われている。

ABOUT THE PRODUCTION

ロマンティックバレエの代表作である「ラ・シルフィード」 は、1832年に振付師のフィリッポ・タリオーニが娘のマリー・タリオーニのために作成したもので、彼女の人生の主要なパフォーマンスの1つとなり、彼女の名前を伝説的なものにしたという認識への道を開きました。このバレエで、彼女は初めて、観客を驚かせるためではなく、芸術的なアイデアのためにトウシューズを履きました。指先でステージに僅かに触れるだけで、彼女は日常生活の散文から、地球から離れれるように呼びかけていた空気の乙女のイメージを作っていました。重力を克服するかのように、軽くて高尚なタリオーニは、彼女の踊りで夢の世界を具現化しました。彼女の踊りの無重力は衣装によっても強調されました。空飛ぶガスチュニックは無重力感を生み出し、オープンドレスの白い色は地上の情熱からの解放を強調しました。幻想的な世界に住むシルフィードの天の友人たちの踊りには、日常の兆候がまったくありませんでした。一方、現実世界のキャラクター(カラフルな民族衣装を着たスコットランドの農民)の踊りの特徴は、民俗振り付けに基づいていました。振付師はまた、シルフィードたちの古典舞踊が歌う魅惑的で美しい夢の世界と、沸騰する大釜の周りで魔女、吸血鬼、山羊の足の小人、ドワーフ小人、魔神が踊っていた踊った悪の安息日のシーンの暗いグロテスクとを対比させました。この大釜から、美しいビジョンを求めて駆けつけたロマンティック主人公の夢を壊すはずだった魔術師マッジが、致命的なスカーフを取り出しました。浪漫主義の法則によれば、理想は達成できません。主人公がその瞬間を止めてとらえどころのないものを手に入れたいと思って、シルフィードの肩にスカーフをかけるとすぐに、彼女が死にました。最初のラシルフィードの成功に触発されて、多くの振付家がこのロマンチックなバレエの独自のバージョンを作成していました。タリオーニの若い現代人であったデンマークの振付師オーギュスト・ブルノンヴィルは、彼の「ラ・シルフィード」を母国で上演しました。これは、タリオーニの傑作の個々のシーンを繰り返しながら、同じプロットを変化させましたが、ヘルマン・レーヴェンショルドが作曲した異なる譜面が使われました(ちなみに、タリオーニのシルフィードは当時、ジャン・シュナイツホーファの音楽に合わせて踊っていました)。デーン人はそのパフォーマンスを保持し、マリインスキー劇場での「ラ・シルフィード」の制作の基礎を形成したのはそのパフォーマンスでした。

オルガ・マカロワ


初演:1836年11月28日、デンマーク王立バレエ団、コペンハーゲン
キーロフオペラバレエ劇場での初演:1981年12月1日

上演時間:1時間40分
上演中に1回の幕間あり

Age category 6+

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”