20.07.2022

エレナ・ラズグリャエワは、ボリショイ劇場で演劇「仮面舞踏会」に出演

77日と9日、モスクワのボリショイ劇場の歴史的舞台で、ジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」が上演されました。主役の女性パート、アメリアを歌ったのは、マリインスキー沿海州劇場の劇団のソリスト、エレナ・ラズグリャエワ(ソプラノ歌手)でした。

エレナ・ラズグリャエワは、ロシアの名誉あるアーティストであり、国際的なコンクールで優勝しています。2015年よりボリショイ劇場に在籍し、ミミ役(「ラ・ボエーム」)でデビューを果たしました。2019年、エレナはマリインスキー沿海州劇場の劇団に入団しました。それ以来、彼女はプッチーニ (「蝶々夫人」、「トゥーランドット」、「トスカ」)、ヴェルディ (「アイーダ」、「ドン・カルロス」、「マクベス」)、チャイコフスキー (「スペードの女王」)、「エフゲニー・オネーギン」、「マゼッパ」、および他の著者のオペラでソプラノの主要なソプラノ役を成功裏に演じてきました。2020/21シーズンには、サンクトペテルブルクの現代作曲家アレクサンドル・スメルコフによるオペラ「白痴」の世界初演で、エレナはナスタシア・フィリポヴナ役を演じた。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход