05.05.2022

マリインスキー劇場バレエ団のソリスト、エカテリーナ・オスモールキナとアレクセイ・ティモフィーエフがプリモルスキー・ステージで共演

56日、マリインスキー沿海州劇場はピョートル・チャイコフスキーの不朽の名作バレエ「眠れる森の美女」に観客を招待します。マリインスキー劇場(サンクトペテルブルク)のバレエ団のソリスト、エカテリーナ・オスモールキナとアレクセイ・ティモフィーエフがオーロラ姫とデジレ王子の主役を演じます。この夜の公演では、マリインスキー沿海州劇場バレエ団のソリストとアーティスト、西田早希、リリア・べレジノワ、ユーリ・ジンヌロフ、ラダ・サルタコワ、加藤静流が共演します。交響楽団は指揮者のアントン・トルベエフが指揮します。

エカテリーナ・オスモールキナは、ロシア功労芸術家であり、国際コンクールの優勝者であり、バレエパフォーマンスで最優秀女性役にノミネートされたサンクトペテルブルクの「ゴールデン・ソフィット」の最高の劇場賞を受賞しています(「フローラの目覚め」、2006/07シーズン)。

アレクシー・ティモフェエフは、バレエアーティスト国際コンクールの受賞者であり、ルドルフ・ヌレエフにちなんで名付けられた第16回のバレエ芸術国際フェスティバルでは、「高度な専門的スキルとバシコルトスタン共和国のバレエ芸術の発展への貢献のため」(2010年)のディプロマを受賞しています。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход