04.09.2021

ロシアのゴールデンソプラノと呼ばれるヒブラ・ゲルズマーワがプリモルスキー・ステージに初登場

93日、世界のオペラスターであり、ロシアとアブハジアの人民芸術家であるヒブラ・ゲルズマーワのリサイタルが、マリインスキー劇場のプリモリスキー・ステージで大成功を収めて開催されました。

ヒブラ・ゲルズマーワ(ソプラノ)は、最も有名なロシアのオペラ歌手の1人です。スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリスト、マリインスキー劇場やボリショイ劇場の客演ソリストとして活躍し、スカラ座、コヴェントガーデン、メトロポリタン・オペラ、バイエルン国立歌劇場とローマ歌劇場、ウィーン国立歌劇場など、最高のオペラとコンサートのステージで演奏してきました。歌手は世界中のコンサートプログラムでたくさんツアーをしています。彼女の作品は、ゴールデン・マスク、ゴールデン・オルフェウス、カスタ・ディーバ、トライアンフなど、数多くの賞を受賞しています。2020年、キブラゲルツマヴァは、国内および世界のオペラ芸術の発展に貢献したことで、ロシア国家賞の受賞者になりました。

ヒブラ・ゲルズマーワは、ベッリーニの歌劇「ノルマ」のノルマのカヴァティーナのカスタ・ディーヴァ(清らかな女神よ)、チレアの同名のオペラからアドリアナ・ルクヴルールのアリア、ヴェルディの「イル・トロヴァトーレ」と「運命の力」のレオノーラのアリア、マスカーニの詩的な「アヴェ・マリア」など、彼女のお気に入りの曲やイメージを音楽夕べのプログラムに盛り込みました。この叙情的なラインは、フランス、イタリア、ロシアの作家の歌によって引き継がれます。マリインスキー劇場プリモルスキー・ステージの交響楽団がコンサートに参加します。この日の夜、E.V.コロボフ名称モスクワ「ノーヴァヤ・オペラ」劇場の首席指揮者であるヴァレンティン・ウリューピンが、指揮台に立ちます。

オペラの歌姫は、ウラジオストクに来て、第6回東方経済フォーラムのコンサートプログラムの一環として出演するという招待を喜んで受け入れたと述べました。ヒブラ・ゲルズマーワは、ウラジオストクに建てられた劇場(プリモルスキー・ステージ)の音響特性を賞賛し、これがこの街の真の誇りであると述べました。ソリストは観客に感謝の意を表し、観客の皆さんがライブアートを非常に懐かしんでいることが、観客の皆さんの目に表れていると述べました。ソプラノ歌手は、ウラジオストクが彼女を魅了し、彼女の故郷であるアブハジアを思い出させたことを強調しました。ソリストはまた、マリインスキー劇場の美しい沿海地方の舞台に再び戻ってきて、より多くの新しいパフォーマンスで観客を楽しませたいと、今後の抱負を語ってくれました。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход