25.05.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの第8劇場シーズンの第8回初演となるバレエ「ラ・バヤデール」

5月28日、29日、30日には、古典遺産で最も人気のあるバレエの1つが、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの大ホールで初演されます。 これが愛、忠誠、奸智の魅惑的な東洋の物語である「ラ・バヤデール」です。舞台は古代インド。高貴な戦士ソロールと寺院の巫女であるニキヤは情熱的にお互いを愛し、密かに会い、彼らが一緒にいることができる唯一の方法である脱出を計画しています...

1877年にモスクワのボリショイ劇場でバレエが初演されて以来、「ラ・バヤデール」は常に観客の成功と愛情を伴ってきました。エキゾチックな東洋色がパフォーマンスの特徴となり、マリウス・プティパの振り付けの啓示における騙された愛のメロドラマ的な物語は、深みとニュアンスに満ちていました。

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、バレエの「ラ・バヤデール」が、1900年のスケッチから作成された豪華な装飾と衣装を使ってマリウス・ペティパが振り付けしたクラシックなマリインスキーの作品として上演されます。プリモルスキー・ステージの公演の改作は、ロシアの名誉ある芸術労働者エルダー・アリエフによって行われます。

5月28日、「ラ・バヤデール」の主要パートは、プリモルスキー・ステージの劇団の主要なソリストであるアンナ・サモストレロワ(ニキヤ)とセルゲイ・ウマネッツ(ソロル)によって演奏されます。5月29日と30日には、マリインスキー劇場のバレエ団(サンクトペテルブルク)のソリスト、国際コンクールの受賞者である、エカテリーナ・チェビキナとマリア・イリュシキナはニキヤとして、アレクセイ・ティモフィーエフとヴィクトル・カイシェタがソロルとして出演します。ラジャ・ガムザッティの娘の役は、プリモルスキー・ステージのバレエ団のソリストであるリリア・べレジノワ(5月28日、30日)とカテリーナ・フロリア(5月29日)によって演奏されます。公演の指揮者はアントン・トルベエフです。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход