24.03.2021

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでの3月のイベント — オペレッタ「こうもり」の初演

326日、27日、28日には、劇場でアレクセイ・ステパニュク演出のヨハン・シュトラウスによる素晴らしいオペレッタ「こうもり」の初演が公開されます。交響楽団は、劇場の首席指揮者パベル・スメルコフによって指揮されています。

「こうもり」は、ウィーンの「ワルツ王」ヨハン・シュトラウスによる古典舞踊のオペレッタです。この作品は、世界の一流オペラハウスのレパートリーの装飾品になっています。オペレッタの滑稽なプロットは、夫婦の関係に危機を経験している夫婦の関係を中心に構築されています。不貞な夫ハインリッヒ・アイゼンシュタインは、女性の魅力と知恵の新しい側面を理解することに成功した彼自身の妻ロザリンデと再び恋に落ちます。

公演は、サンクトペテルブルクのマスター、ロシアの名誉あるアートワーカー、アレクセイ・ステパニュクの監督版で上演されます。 彼は繰り返しマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージと協力し、チャイコフスキーによる「エヴゲーニイ・オネーギン」とヴェルディによる「アイーダ」の舞台版を作成しました。批評家によると、ステパニュクのパフォーマンスは、細部への配慮、音楽とビジュアルデザインの統一性によって際立っています。シュトラウスのオペレッタに関する彼の新作について、演出者は次のように述べています。「今、私たちは困難な時期を迎えています。シャンパンのスプラッシュのように陽気で、楽しくて軽い音楽、美しい大道具と衣装を使ったパフォーマンスは、状況が私たちを陥れる可能性のあるやや憂鬱な気分から私たちを救うことができます。」

「こうもり」の芸術監督はロシアの人民芸術家ビャチェスラフ・オクネフであり、監督兼振付師はイリヤ・ウスティアンツェフでした。オペレッタはロシア語で上演されます。これは、クリエイターが考案したように、ロシア語は聴衆により近く、より理解しやすく、アーティストに創造的な即興の余地を与えます。

初演はいくつかのキャストで準備されています。公演でのハインリッヒの役では、アレクセイ・コスチュク、エフゲニー・ミジン、アレクセイ・スミルノフ、彼の妻のロザリンデの役では、アリョーナ・ディヤノワ、アナスタシア・キーコチ、エリザベータ・セナトロワの声を聞くことができます。アデーレのパートは、オリガ・ジャリコワ、アリーナ・ミハイリック、マリア・スズダルツェワによって準備されています。出演者全員のリストはサイトで公開されています。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход