11.03.2021

世界的に有名な名手ピアニスト、アレクセイ・ヴォロディンが、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで演奏

311日、プリモルスキー・ステージの大ホールで、傑出したピアニストのアレクセイ・ヴォロディンが参加してコンサートが開催されます。ミュージシャンは、パベル・スメルコフが指揮する交響楽団を伴って、ニコライ・メトネルによるピアノ協奏曲第1番を演奏します。コンサートの後半では、セルゲイ・ラフマニノフによる「交響的舞曲」が披露されます。

アレクセイ・ヴォロディンは、ロシアのピアノ学校の最も有名な現代代表の1人であり、世界中のオーケストラと協力する活発なツアーピアニストです。批評家は、彼の知性、最も明るい感情性、芸術性、そして信じられないほどのプロのスキルに注目しています。これにより、ミュージシャンは「有名な音楽の新しい意味を発見し、未知の音楽を一気に聴かせることができます」。

ウラジオストクでは、2015年にアレクセイ・ヴォロディンがセルゲイ・プロコフィエフのすべてのピアノコンサートを一晩で演奏し、1年前に「チャイコフスキー・マラソン」プロジェクトで演奏しました。2016年、ミュージシャンは「ベートーヴェン・マラソン」フェスティバルに、ピアノとオーケストラのための作曲家のすべての作品にソリストとして参加しました。

ウラジオストクへの彼の現在の訪問で、ミュージシャンは彼の一番好きなロシアの作曲家の一人である知的でロマンチックなニコライ・メトネル(1880-1951)の作品を演奏します。ニコライ・メトネルによる壮大なピアノ協奏曲第1番 作品33は大規模なドラマチックな作品です。優れたピアニスト兼パフォーマーとして、メトネルはソリストに主導的な役割を与えました。「オーケストラは悲劇の合唱団のようなものであり、ピアノは語り手のようなものです」と作曲家は書いていました。この作品はライブで聞くことはめったにありません。マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで作品は初めて演奏されます。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход