23.12.2021

イタリアのマエストロがオペラ「道化師」の初演を指揮

121224日と25日、マリインスキー劇場の沿海州別館の舞台でルッジェーロ・レオンカヴァッロのオペラ「道化師」がパオロ・ブレッサン(イタリア)の指揮で初演されます。マエストロがウラジオストクを訪れるのは今回が初めてです。

パオロ・ブレッサンは、ミラノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院とフランツ・リスト・ヴァイマル音楽大学を卒業しています。 ミュージシャンは、ザルツブルク音楽祭、フェニーチェ歌劇場、リヨン・オペラ座、ダラス・オペラ、クロアチア国立オペラ、マリインスキー劇場、ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団、スペイン国立管弦楽団、イタリアのRAI国立交響楽団など、世界中のオーケストラや劇場と協力しています。パオロ・ブレッサンは、アンナ・ネトレブコ、ヨナス・カウフマン、ディアナ・ダムラウ、ジョセフ・カレヤといった著名な歌手や、クリスティアン・ティーレマンやヴァレリー・ゲルギエフといった指揮者と仕事をしています。

イタリアのマエストロは、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでオペラ「道化師」の初演を準備するためにウラジオストクに到着しました。パオロ・ブレッサンは、劇場スタッフとの共同作業について歓喜してコメントしました。「歌手たちは非常によく準備されており、イタリア語などの詳細や特定の事柄、解釈、メロディー、音の形作りの方法、音と言語との繋ぎ方などに取りかかることがすぐにできました。

クリエイティブチーム全体が非常によく準備されていると言わなければなりません。また、昨日は、素晴らしい合唱団との初めてのリハーサルを行いました。素晴らしいサウンド、参加率、そして献身でした。ですから、ここに来て、レオンカヴァッロのオペラ「道化師」の制作に取り組むことができてとてもうれしく思います。」

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход