21.12.2021

著名なピアニスト、ペーター・ラウルがマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで演奏

1月のコンサートスケジュールには、高く評価されているサンクトペテルブルクのピアニスト、ペーター・ラウルによる2つの公演が含まれています。ミュージシャンはソロ・プログラムを発表し、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの交響楽団と共演する予定です。

115日、ペーター・ラウルはシンフォニック・モノの夕べ「スクリャービン - 150」でアレクサンドル・スクリャービンのピアノ協奏曲を演奏します。このイベントは、ロシアの優れた作曲家の記念日に捧げられた一連のコンサートの幕開けとなります。交響楽団は、劇場の首席指揮者パベル・スメルコフによって指揮されます。スクリャービンの初期の交響曲である交響曲第1番と交響詩「夢」も演奏される予定です。

116日、沿海州別館の大ホールで、2人の偉大なロシアの作曲家の作品からなるピアノ音楽の夕べであるペーター・ラウルによるソロ・クラヴィーアが行われます。第1部では、ペーター・ラウルがセルゲイ・ラフマニノフの有名なミニチュアである前奏曲、絵画的練習曲「音の絵」、音楽の瞬間を演奏します。夕方の後半は、ピアニストにとって大きな意味を持つ作家、スクリャービンの作品に捧げられます。ペーター・ラウルはモスクワのスクリャービン国際ピアノコンクールで優勝し、同作曲家の作品をCDに録音してきました。現在、ピアニストのレパートリーには、スクリャービンのピアノ作品がすべて含まれています。ウラジオストクの聴衆のために、ミュージシャンは左手のための作品(前奏曲と夜想曲、作品9)、ソナタ第3番、第5番など、スクリャービンの伝説的な作品を演奏する予定です。

ペーター・ラウルの名前は、世界最高のコンサート会場のポスターによく見られます。ピアニストは、サンクトペテルブルク国立フィルハーモニア、マリインスキー劇場のコンサートホール、チャイコフスキーコンサートホール、パリのシャトレ座、ニューヨークのスタインウェイホールとリンカーン・センター、アムステルダムのコンセルトヘボウ、東京のサントリーホールとオペラシティホール、リンツのブルックナーハウスとミラノのヴェルディホールで演奏します。ミュージシャンは、ラジオ・フランス、ラジオ・ブレーメン、ラジオ「オルフェウス」、テレビチャンネルArteKulturaRTR、サンクトペテルブルクのチャンネル5でレコーディングを行っています。ペーター・ラウルは、ロシア連邦文化省の「文化功労者」の名誉バッジを授与されました。

© 2016 – 2022
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход