07.08.2020

ウラジオストクの第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルのプログラムが発表

2020814日〜96

芸術監督:ヴァレリー・ゲルギエフ

  • フィクレト・アミロフ作曲のエルダー・アリエフによる「千夜一夜」バレエの初演、
  • オペラやバレエスターのパレード:イルダール・アブドラザコフ、エフゲニー・ニキーチン、エレナ・スティヒナ、エカテリーナ・セメンチュク、イリーナ・チュリロワ、ユリア・マトチキナ、セルゲイ・スコロホドフ、ロマン・ブルデンコ、ウラディスラフ・スリムスキー、ミハイル・ペトレンコ、レナータ・シャキロワ
  • プリモルスキー・ステージで初演されるオペラ:ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティが上演したジュゼッペ・ヴェルディによる「ドン・カルロス」、セルゲイ・プロコフィエフの「炎の天使」、ピエトロ・マスカーニカの「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」、リヒャルト・ワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(コンサート・パフォーマンス)

814日から96日まで、第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバル(ウラジオストク)がマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで開催される。フェスティバルは、マリインスキー劇場のプリモルスキーステージのために劇団の主任バレエマスターであるエルダー・アリエフがセットしたフィクレット・アミロフ作曲のバレエ「千夜一夜」の初演で開幕する。公演は814151693日に行われる。

もう1つのフェスティバルの初演は、世界的に有名なバス、マリインスキー劇場のソリストであるイルダール・アブドラザコフが共演するシラー原作の戯曲に基づいたヴェルディ作曲によるオペラ「ドン・カルロス」(829日)である。歌手は、彼の当り芸の1つであるフェリペ2世のパートを歌う。歌手にとって、これはプリモルスキー・ステージへの最初の訪問になる。ウラジオストクでは、ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ率いるイタリアのチームが監督した16世紀のスペインの精神を再現し、高貴で悲観的なトーンで4幕のパフォーマンスが上演される。 初演での指揮者は、ヴァレリー・ゲルギエフ。

ウラジオストクでのコンサートバージョンでは、劇団が最近レパートリーに追加または復元した作曲が初めて登場する。その中で:8年ぶりに新しいボーカリストのチームで復元された強力で神秘主義が吹き込まれたプロコフィエフによる「炎の天使」、ヴェリズモの最も重要な例の1つとしてのマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」、自己分離の間に作曲された、ワグナーの気立てが良い傑作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(第3幕)。3晩のパフォーマンスともヴァレリー・ゲルギエフが指揮し、サンクトペテルブルク劇団の主要なソリストは主なパートで聞くことができる。

スター俳優の登場は、プリモルスキー・ステージのレパートリー公演にも期待されている。リムスキー=コルサコフによる「皇帝の花嫁」の男性アンサンブルは、ウラジスラフ・クプリヤノフとセルゲイ・スコロホドフで構成される。ヴェルディによる同名のオペラのリゴレットとして彼の当り芸の一つであるのパートで、最近、このパフォーマンスでマリインスキー劇場の歴史的なステージを開いたウラディスラフ・スリムスキーは登場する。ヴェルディのもう1つの作品と彼の最も人気のあるオペラの1つである大規模な「アイーダ」は、舞台で劇団の最高の力を結集させる。王女アムネリス:エカテリーナ・セメンチュク、アモナスロ:ロマン・ブルデンコ、ラムフィス:エフゲニー・ニキーチン、エジプト王:ミハイル・ペトレンコ。タイトルのパートは、マリインスキー劇場とプリモルスキー・ステージのソリストであるエレナ・スティヒナが演じる。

95日と6日、フェスティバルの閉幕に、2019/20シーズンの春の最後の初演、ロモーフィエフによる「戦争と平和」が、プリモルスキー・ステージの主席指揮者パベル・スメルコフの指揮で上演される。壮大なオペラは、サンクトペテルブルクとウラジオストクの2つの劇団の力を結集し、3週間続く大規模な音楽祭の壮大な結末となる。

© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход