29.08.2020

ウラジオストクの第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルの一環として、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでヴァレリー・ゲルギエフが指揮した4つの初演

828日、一連の初演は、新しいボーカリスト団による8年ぶりにレパートリーに戻ったセルゲイ・プロコフィエフのパワフルで神秘主義を吹き込んだオペラ「炎の天使」のコンサートパフォーマンスで幕を開けた。レナータとルプレヒトの役は、先週サンクトペテルブルクで見事に初演を歌ったエレナ・スティヒナとエフゲニー・ニキーチンによって演じられた。

829日、フェスティバルの枠内で、ウラジヴォストクで初めて、シラー原作のドラマに基づいた、ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ率いるイタリアのチームが上演した、16世紀のスペインの雰囲気を再現した高貴で冴えない色調の4幕からなるパフォーマンスであるジュゼッペ・ヴェルディのオペラ「ドン・カルロス」が発表される。彼の当り芸の一つであるフェリペ2世の役で、世界的に有名なバスやマリインスキー劇場のソリストであるイルダール・アブドラザコフが演出する。歌手にとって、これはプリモルスキー・ステージへの最初の訪問になる。彼と一緒に、主役のパフォーマーの壮大なアンサンブルは次のようになります。セルゲイ・スコロホドフ(ドン・カルロス)、ウラディスラフ・スリムスキー(ロドリーゴ)、ミハイル・ペトレンコ(宗教裁判長)、イリーナ・チュリロワ(エリザベッタ・ヴァロワ)、ユリア・マトチキナ(エボリ公女)。

初演での指揮者は、ヴァレリー・ゲルギエフ。

コンサートバージョンでは、劇団が最近レパートリーに追加または復元した作品が初めて演奏される。830日に、多くの音楽劇場のレパートリーにしっかりと定着している、ヴェリズモの最も重要な例の1つであるピエトロ・マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ(田舎の騎士道)」が発表される。サントゥッツァの役では、プリモルスキー・ステージの聴衆は、世界のオペラスター、エカテリーナ・セメンチュクの歌い声を楽しめる。また、主役として、アフメド・アガディ(トゥリッドゥ)、アンナ・キクナゼ(ローラ)、ロマン・ブルデンコ(アルフィオ)、エレナ・ヴィットマン(マザー・ルチア)が登場する。この日の夕方には、ロシアのオペラステージの珍しいゲストである、自己隔離の間に作曲された、リヒャルト・ワーグナーの傑作「ニュルンベルクのマイスタージンガー」(第3幕)が演奏される。ボーカルパートは、サンクトペテルブルク劇団の一流のソリスト、ミハイル・ペトレンコ(ハンス・ザックス)、イリーナ・チュリロワ(エファ)、セルゲイ・スコロホドフ(ヴァルター・フォン・シュトルツィング)、アンドレイ・ポポフ(ダフィト)、ロマン・ブルデンコ(ジクストゥス・ベックメッサー)、アンナ・キクナゼ(マクダレーネ)によって演奏される。すべての初演はヴァレリー・ゲルギエフによって指揮される。

重ねて申すが、814日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのために劇団の主任振付師であるエルダー・アリエフが上演したフィクレット・アミロフ作曲のバレエ「千夜一夜」の初演でフェスティバルが開幕した。パフォーマンスは、多くの絶賛の評価を受け、聴衆の意見では、バレエアートのファンへの本当の贈り物となった。フェスティバルの枠内で、バレエが93日にも行われるが、この日のチケットはすでにすべて売り切れている。

95日と6日、フェスティバルの閉幕に、2019/20シーズンの春の最後の初演、セルゲイ・プロコフィエフによる「戦争と平和」が、プリモルスキー・ステージの主席指揮者パベル・スメルコフの指揮で上演される。壮大なオペラは、サンクトペテルブルクとウラジオストクの2つの劇団の力を結集し、3週間続く大規模な音楽祭の壮大な結末となる。

© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход