28.07.2020

第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルは「千夜一夜」バレエの初演で開催

81416日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、ウラジオストクの第5回国際極東「マリインスキー」フェスティバルを開くフィクレト・アミロフによる音楽のバレエ「千夜一夜」が初演される。

劇の振付家は、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主任バレエマスター、エルダー・アリエフである。「バレエ「千夜一夜」の音楽は、アゼルバイジャンの傑出した作曲家、フィクトレット・アミロフによって作曲されました。音楽は驚くほど美しく、非常に踊りやすく、バレエ的で、カラフルです。バレエの振り付けは、東洋踊りのカラフルなパレットを反映した可塑性を使用した新古典主義のスタイルで行われます。現在、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージのバレエ団は、約90人のアーティストで構成されています。これはすでに大規模なパフォーマンスを出演できる構成です」とエルダー・アリエフは指摘した。

舞台セットと衣裳は、主任芸術監督であるピョートル・オクネフが担当している。「このバレエでは、幻想的で素晴らしい東洋の雰囲気を伝えたいと思います。劇は、古すぎる印象を与えない古典かつ同時に現代的になります。 実際に描かれた舞台セットとビデオ投影が組み合わされます。プリモルスキー・ステージのための舞台セットの主要部分は、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場の最古の絵画工房で作られました。そして、そのような深刻な仕事のために、ウラジオストクでの絵画工房が初めて関与しました。サンクトペテルブルクからの画家たちが来て、地元の若手専門家を訓練し、彼らは共同で舞台セットを作りました」とピョートル・オクネフが共有した。

© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход