パベル・スメルコフ


Upcoming performances:
 
11 February 2021
 
14 February 2021
 
19 February 2021
 
21 February 2021

指揮者

パベル・スメルコフは、NA・リムスキー=コルサコフ記念サンクトペテルブルク国立音楽院のオペラと交響曲の指揮クラス(イリヤ・ムーシン教授とミハイル・ククシュキン教授のクラス)と作曲(アレクサンダームナサカニャン教授のクラス)を専攻して卒業した。1999年に彼は青年室内オーケストラ「バルチカ」を創設し、15年間その芸術監督兼指揮者を務めた。

2000年以来、パベル・スメルコフはマリインスキー劇場で務めている。指揮者は劇団とともに、フランス、フィンランド、オーストリア、ドイツ、イスラエル、アメリカをツアーで訪れた。彼のレパートリーには、オペラ「クレタの王イドメネオ」、「ドン・ジョヴァンニ」、「アッティラ」、「リゴレット」、「ドン・カルロス」、「オテロ」、「ファルスタッフ」、「影のない女」、「夏の夜の夢」、「ねじの回転」、「イゴール王子」、「ボリス・ゴドゥノフ」、「ソロチンスクの定期市」、         などがあります。ゴドゥノフ」、「悪魔」、「オプリーチニク」、「エヴゲーニイ・オネーギン」、「マゼッパ」、「チャロデイカ」、「スペードの女王」、「イオランタ」、「プスコフの娘」、「見えざる街キーテジと聖女フェヴローニヤの物語」、「アレコ」、「けちな騎士」、「賭博者」、「修道院での婚約」、「セミョーン・カトコ」、「戦争と平和」、「鼻」、「賭博師」、 「死せる魂」、「魅せられた旅人」、「駅長」、バレエ「「ウンディーナ」と「くるみ割り人形」、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルによるオラトリオ「メサイア」、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンによる交響曲第9番が含まれている。2007年にモスクワでパベル・スメルコフの指揮の下に行われたマリインスキー劇場の公演「ねじの回転」は、ロシアで最高の演劇賞である「ゴールデン・マスク」賞を受賞した。

2010年、パベル・スメルコフはメトロポリタン・オペラ(ニューヨーク)でドミートリイ・ショスタコーヴィチによるオペラ「鼻」でデビューし、その後、この劇場で「ボリス・ゴドゥノフ」、「エヴゲーニイ・オネーギン」、「青ひげ公の城」、「イオランタ」、「イーゴリ公」の公演を指揮していた。

2011年(スヴェトラーノフにちなんで名付けられたロシア国立交響楽団と)および2015年(マリインスキー劇場管弦楽団と)のチャイコフスキー国際コンクールの最終ラウンドでオーケストラを指揮した。

パベル・スメルコフは、2つの弦楽四重奏曲、ピアノ協奏曲、ピアノ・ソナタ、フルートとピアノのためのソナタ、ロマンスなどの作品、世界の主要なオーケストラと劇場によって演奏されるロシアと外国のクラシック音楽の100以上のオーケストレーション音楽の著者でる。2013/14シーズンのステージングのために、メトロポリタンオペラの求めに応じてパベル・スメルコフは、伝統的なバージョンにはなかったアレクサンドル・ボロディンによるオペラ「イーゴリ公」の断片を管絃楽に編曲した。マリインスキー劇場でのチェーザレ・プーニのバレエ「ウンディーナ」も、スメルコフによる新しいオーケストレーションで上演される。

20161月以来、パベル・スメルコフは、ウラジオストクのマリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージの主任指揮者を務めている。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход