ドン・キホーテ

3幕6シーンバレエ

Credits

Choreography by Alexander Gorsky after Marius Petipa
Gypsy and Oriental Dances choreographed by Nina Anisimova
Fandango choreographed by Fyodor Lopukhov
Set design: Alexander Golovin and Konstantin Korovin
Restoration of sets: Mikhail Shishliannikov
Costume design: Konstantin Korovin

SYNOPSIS

プロローグ

騎士道物語を読みふけったドンキホーテは、召使のサンチョ・パンサを刀持ちとして、冒険を探しに旅に出ることにした。

1

1。バルセロナにあるロレンソが営む宿屋の近くの広場では、お祭り騒ぎで、人々が楽しんでいる。そこには宿屋主の看板娘である元気なキトリと彼女に恋をしているバジルもいる。しかし父親のロレンソは、キトリと結婚したい金持ちの貴族ガマーシュとの結婚を望み、バジルとの交際を認めない。

群集は、ストリートダンサーと闘牛士エスパーダのカップルを歓迎する。騎士ドン・キホーテの登場に、町の人はびっくり。旅行者はテーブルに招待される。女の子たちはデブ男のサンチョパンサをからかっている。

ドン・キホーテはキトリの美しさに心を打たれてしまう。夢の中で彼に現れる美しいドルシネア姫の幻影の彼女は、キトリではなかったのか?

2

2。キトリとバジルはロレンソとガマーシュから逃げ出した。二人はジプシーの野営地にさまよった。まもなくドン・キホーテも野営地に到着する。そこでは、披露されていた人形劇を見るように招待される。ドン・キホーテは、は興奮して演劇を観劇しているが、これが劇場であることを忘れて、本物だと勘違いし、苦しんでいる人々を守るために舞台に乱入してしまう。ドン・キホーテは、今度は近くにあった風車を見て、殺さなければならない悪しき巨人だと思い込み、風車に向かって突進して戦い始める。

3。眠っているドン・キホーテは、夢を見ている。  彼は妖精たちの王国にいて、その中で憧れのドルシネア姫の姿をしているキトリもいる。

4。ロレンソとガマーシュはキトリとバジルに追いついたが、恋人たちはなんとか脱出した。ドン・キホーテは追跡者を間違った道に案内したが、素朴なサンチョ・パンサは彼の主人の「間違い」を修正してしまう。追跡は続く。

3

5。居酒屋では、若者たちが楽しんだり踊ったりする。その中にはキトリとバジルがいる。恋人たちはロレンソに見つかってしう。ガマーシュはキトリの夫でなければならない。バジルは狂言自殺をする。不憫に思ったドン・キホーテがキトリの父をバジルの臨終の願いを果たすように説得し、ふたりはやっと結婚の許しをもらう。ロレンソが娘の望みを叶えるとすぐに、死んだふりをしていたバジルは「よみがえる」。

6。キトリとバジルの結婚式。ゲストの間でドン・キホーテは上座に座っている。新婚夫婦の幸せを願って、高貴な騎士は新たな冒険へと旅立って行くのだった。

ABOUT THE PRODUCTION

The modern version of Don Quixote does not have much left of Marius Petipa’s original production. Moreover, Petipa was deeply hurt when Alexander Gorsky overhauled the production without consulting him: “Monsieur Gorsky shamelessly borrows my ideas”. However, without Petipa’s ballet, the still-running Gorsky production at the Mariinsky Theatre and all over the world would not have happened.
Marius Petipa created his first Don Quixote in in 1869 for the Bolshoi Theatre. He was not the first ballet master to stage a ballet based on an episode from Miguel de Cervantes’ novel. Various Don Quixotes have trodded European ballet venues since the middle of the 18th century. Ludwig Minkus composed the score for Petipa’s ballet. It was their first joint project and the starting point in their yearslong fruitful collaboration.
While Petipa staged a comedy for Moscow theatre, in his 1871 version of the ballet adapted for St Petersburg Don Quixote’s amusing adventures ended in his death. The critics’ reviews did not predict a long stage life for the production, but it managed to remain in the repertoire for 13 years and then was transferred to the Moscow stage. Alexander Gorsky undertook to edit the production at the start of the 20th century. In order to make the ballet more lifelike, he transformed the symmetrical corps de ballet, so common for Petipa’s productions, into a playful and living crowd. He restaged many scenes, cut out the tragic finale, came up with new characters and used Petipa’s memorable findings from his other works.

Olga Makarova

World premiere: 14 December 1869, Bolshoi Theatre, Moscow (choreography by Marius Petipa)
Premiere of Alexander Gorsky´s version: 6 December 1900, Bolshoi Theatre, Moscow
Premiere of Alexander Gorsky´s version in St Petersburg: 20 January 1902, Mariinsky Theatre
Premiere at the Primorsky Stage of the Mariinsky Theatre: 4 September 2019, Vladivostok

Running time: 2 hours 55 minutes
The performance has two intervals

Age category: 6+
© 2016 – 2020
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”