ドン・カルロス

4幕からなるオペラ
イタリア語で上演されます (ロシア語と英語の同時字幕付き)

Credits

ジュゼッペ・ヴェルディ作曲
ヨーハン・フリードリヒ・シラーの同名のドラマをもとにしたジョセフ・メリー&カミーユ・デュ・ ロークル台本

舞台監督:ユーリ・アレクサンドロフ
芸術監督:テイムラーズ・ムルワニーゼ
衣裳デザイナー兼技術者:タチヤーナ・ノギノヴァ
照明デザイナー:ウラジミール・ルカセビッチ
プリモルスキー・ステージでの照明適応:セルゲイ・ルキン
責任あるコンサートマスター:アンドレイ・アンネンコフ
伴奏者:オルガ・クルコビッチ
首席コーラスマスター:ラリサ・シュベイコフスカヤ
演出家アシスタント:アンナマリアシシキナ、アンナ・ドロンニコワ
イタリア語コンサルタント:マリア・ニキーチナ

SYNOPSIS

あらすじ

スペイン、16世紀。スペインとフランスの間の長期戦争は終わり、スペインのフィリップ2世は王朝の結婚で脆弱な平和を強めたいと考えている。彼は、もともと息子のドン・カルロスの花嫁として意図されていた婚約者、フランス王女エリザベート・ヴァロワと結婚する。

1

1場。サン・ジュスト修道院の回廊。ドン・カルロスの祖父であるカール5世皇帝の墓所の前で修道僧たちが祈りを捧げている。ドン・カルロスは、修道僧の1人がカール5世に似ていることにショックを受けている。アリアでは、彼は美しいエリザベート・ヴァロワへ愛情を吐露する。カルロスの親友、ロドリーゴ、ポーザ侯爵が現れる。友人のエリザベートへの愛情を知って、彼はカルロスにフランドル地方に行き、抑圧されたフランドルの人々の苦しみを和らげ、カルロスの罪深い恋の苦悩を忘れるために知事になること忠告する。彼らは友情の誓いを繰り返し、フランドルの民の自由のために戦うことを誓い合う。

2場。サン・ジュスト修道院の前庭。ティボー、エボリ公女、そして付き人の女官たちは、暑さから身を隠して歌うことに従事している。女王も彼らに加わる。ポーザ侯爵が現れ、彼女に2つの手紙を手渡す。1つは父親から、もう1つはカルロスからである。ロドリーゴはエボリ公女と宮廷風の会話を交わしながら、エリザベートが手紙を読むのを待っている。インファンテが父に願いを聞き入れられず苦しみ、女王に会いたがっていることを伝える。傍らで聞いていたエボリ公女は、カルロスが自分への愛に苦しんでいると勝手に勘違いする。王妃の前にカルロスが現れる。エリザベートは付き人たちを立ち去らせる。彼女は感情を表に出さないように努め、王に息子をフランドルへ派遣するよう説得することを約束する。しかし、カルロスは自分を抑えることができず、熱心に彼女への愛の告白をしてしまう。ドン・カルロスが去った後、フィリッポ王が入る。礼儀正しいエチケットによれば容認できないひとりになった王妃を見つけると、怒ったフィリッポは、王妃から離れたかどで女官のアランベール伯爵夫人にフランスへ帰るよう言い渡す。出発する女官に、エリザベートは優しい言葉で泣き出す婦人に別れの挨拶をする。王によって召喚されたポーザ侯爵は、フランドルの救い難いほどの状況を説明し、フランドルには解放が必要であると率直に本音を口上する。フィリッポは、心底誠実なロドリーゴの提言に驚いている。彼は宗教裁判長の恐ろしい権力のことを思い出させ、宗教裁判長には注意するようにと侯爵に警告する。フィリッポはエリザベート王妃とカルロス皇太子の仲が怪しいので、王妃への謁見の自由を与えるから、その仲を探るようにと命令する。

2

1場。女王の庭園で木立。真夜中、ドン・カルロスは興奮して庭を歩き回っている。彼は見知らぬ人から手紙を受け取り、それは女王からだと信じている。女王に扮した見知らぬ女性が現れる。若い男は熱心に彼女への愛を告白し始めるが、エボリの人違いだと誤解に気づき、動揺を隠せない。女官は、告白が彼女のためのものではないことに気づいたとき、激しい嫉妬にかられて仕返しを決意する。彼女はインファンテの女王に対する罪深い愛についてフィリッポに話すと脅す。ロドリーゴが間に入って友人カルロスを弁護し、エボリ公女を死でと脅すが効き目はない。危険を察知したロドリーグはカルロスにフランドルからの文書を渡すように促す。

2場。バリャドリッドの大聖堂の前にある大きな広場カトリック教会が異端者と見なしている有罪とされたフランドルの異端者を火刑台に連行する修道僧がやって来る。処刑を見るために集まった民衆は、王に賛美の歌を歌う。カルロスはフランドルとブラバント公国からの代表団をフィリッポへ連れてくる。フランドル人たちはフィリッポに慈悲を懇願し、女王、ポーザ侯爵と民衆は彼らの嘆願に加わる。しかし、修道僧たちにプッシュされるフィリッポは固執する。カルロスは父親に彼を知事としてフランドル地方に派遣するように頼むが、フィリッポはつんと拒否する。するとインファンテは剣を抜いて、不幸なフランドルの救済を宣言する。誰もが憤慨している。ポーザはカルロスの武器を取り上げて、その場でフィリッポ王が感謝の気持ちでロドリーゴに公爵の位を授ける。アウト・デ・フェは続行する。 天上からは有罪とされた人々に慰めの言葉をかける声が聞こえるのだった。

3

1場。バリャドリッドにある王宮の王の書斎フィリッポはエリザベートに一度も愛されたことがないという悲観的な考えに瞑想している。そこへ宗教裁判長があらわれる。彼は、信仰を救う必要があるため、カルロスを死刑に処するよう求める。しかし、彼の言葉では、ロドリゴは、インファンテよりもさらに危険であり、フィリッポが異端者を擁護し続けるならば、王でさえ聖なる教会の裁判所に引き出すことが出来るのだと言って戻る。そこへ突然王妃エリザベートが来て、宝石箱のひとつを盗まれたと駆け込んで来る。突然、彼女は王のテーブルの上に宝石箱がおいてあるのに気づく。

エリザベートは箱を開けることを拒否し、フィリッポは鍵を壊して中に仕舞われていたカルロスの肖像画を見つける。王が王妃の不倫を詰問する。彼女はその場に失神し、急を聞いてエボリとロドリーゴが駆けつける。王妃と一緒に残ったエボリは王妃に、ドン・カルロスを愛する余りの嫉妬から、宝石箱を盗み出したと告白する。彼女は許しを請う。王妃はエボリ公女に、この国を離れるか、修道院へ行くように行って立ち去る。エボリは美貌の思い上がりから、こんな結果になったと後悔している。彼女は世界から引退する前にカルロスを救うことを誓う。

2場。カルロスが苦しむ地下牢ポーザ侯爵が入ってくる。彼はカルロスの罪を自分自身に負わせ、インファンテの所持で見つけた秘密の書類は自分自身のものとして見せかけたと言う。侯爵は友人に別れを告げ、もう一度フランドル地方を解放するよう呼びかける。二人の男が地下牢のドアに現れ、ロドリーゴを撃ち殺す。死にかけている彼は、明日エリザベートがサン・ジュストの修道院で待っているとカルロスにいう。入った王はカルロスが無罪であることがわかったと知らせるが、息子は彼を押しのける。警鐘が聞こえ、蜂起が始まった。フィリッポは危険にさらされてるが、現れた宗教裁判長は簡単に群衆をなだめる。カルロスは逃げる。

4

サン・ジュストの修道院エリザベートは、彼女の地上の日々が数えられていることに気づく。カルロスが現れる。彼は最愛の人に別れを告げたいと思っている。エリザベートは彼のフランドルのための戦いを祝福し、二人とも天国で再会することをを望んでいる。その場に国王、宗教裁判長及び審問所の役人たちが入って来る。カルロスは教会から破門される。カルロスは身を守りつつカール5世の墓の方に戻って行くと突然扉が開き、誰もが亡き皇帝を認める修道士が現れる。彼はカルロスを墓の中に引き入れる。

ABOUT THE PRODUCTION

Don Carlo, along with Aida and Shakespeare’s masterpieces Othello and Falstaff, is one of Giuseppe Verdi’s greatest creations. Upon request of the director of the Théâtre Impérial de l’Opéra (Paris Opera), the composer turned to the dramatic play of one of his favorite playwrights, Friedrich von Schiller. Librettists François-Joseph Méry and Camille du Locle developed the plot according to the canons of the French “grand opera”, with its traditional five-act structure and de rigueur ballet. This “living, powerful work made of gold, mud, bile and blood” (as Georges Bizet described it) created by Verdi could not but contradict the tastes of the Parisian public. In 1868, just a year and a half after the French premiere, Don Carlo was presented at the Bolshoi (Kamenny) Theatre in St. Petersburg, performed by the Italian troupe. However, Giuseppe Verdi remained unsatisfied. No longer bound by the canons of the Parisian stage, he cut the ballet at the beginning of Act III, and also shortened the meeting of Carlo and Élisabeth in the Forest of Fontainebleau, but added one of the most striking ensembles, the duet of Philip II and Rodrigo. The La Scala premiere of the new four-act version with the Italian verses by Antonio Ghislanzoni (the author of libretto to Aida) took place in 1884.

After the first production in St. Petersburg, Don Carlo was banned on the Russian stage for censorship reasons. Only in 1917, Feodor Chaliapin achieved the return of the opera to the Bolshoi Theatre in Moscow and acted as Philip II, becoming the unsurpassed performer of that role.

Don Carlo premiered at the Kirov Opera and Ballet Theatre (Mariinsky Theatre) in 1976, and its Milano edition was shown in 1992 and in 1999. In 2012, the premiere of the five-act Modena version, including the scene in Fontainebleau, took place.

The Primorsky Stage of the Mariinsky Theatre presents the historical performance by Stage Director Yuri Alexandrov, production design by Teimuraz Murvanidze. This magnificent production is framed with gloomy splendor: the massive scenery recreate the look and atmosphere of Escorial, the palace and monastery of Philip II, which is sometimes called the eighth wonder of the world, and sometimes, an architectural nightmare. The luxurious costumes by Tatiana Noginova seem to have come off the canvases of the great painters of the Spanish court.

The central idea of ​​the performance follows Giuseppe Verdi’s plan: in the state ruled by Philip II, there is no place for human feelings and freedom, and the King himself is tragically lonely. “A grand opera of grand passions”, as Don Carlo is often correctly named, is a story of ruined love. The fate of every single main character is pathetic, and only the final duet of Carlo and Élisabeth brings some hope, as the lovers believe in their posthumous union in heaven. The genius Verdi conveys hypertrophied passions not so much in “portrait” arias, as in the dramatic ensembles, “clashes” of the characters.

The theatricality of the opera is determined by the extreme polarization of the images: Don Carlo and Philip II, Élisabeth and Eboli. A special position is held by Rodrigo, who is located, so to speak, at the intersection of these semantic coordinates: after all, he is both Carlo’s friend and the King’s confidant. A large role in the musical drama of the opera is played by crowd scenes and the orchestra. The expressive contours of vocal melodies are shaded by the voices of the musical instruments; the austere tinctures of church hymns can be traced in the chorales of the brass instruments. The emphasized contrasts of the juxtaposition of individual groups bestow declamatory pathos to the harmony of the orchestra.

Nadezhda Kulygina

世界初演:1867311日、パリ・オペラ座

公演時間:4時間
公演中に2回の休憩あり

Age category: 12+
© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”