12.05.2021

「ゴールデンマスク」の優勝者であるナタリア・ムラディモワは、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージで初めて公演

5月14日、マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、カルロ・ゴッツィによる同名のおとぎ話を原作とした情熱の強いドラマ「トゥーランドット」であるジャコモ・プッチーニの最後のオペラ作品が上演されます。ゲストソリストのナタリア・ムラディモワ(ソプラノ、モスクワ)が主役を演じます。

1924年に作曲家が亡くなったために未完成のままだったオペラ「トゥーランドット」は、プッチーニの才能と芸術的遺産の頂点となり、トゥーランドットを最も有名な中国の王女にしました。カラフルなオーケストラのエピソード、パワフルな合唱シーン、卓越した声のためにデザインされたボーカルパートに焦点を当てながら、東洋色と古典的なイタリアの叙情的なドラマの伝統を絡み合わせた作曲家は、彼の音楽のおとぎ話を作曲しました。

マリインスキー劇場のプリモルスキー・ステージでは、フランスの監督シャルル・ルボーのバージョンでのオペラ「トゥーランドット」の初演がごく最近、4月30日に行われました。

5月14日の第3回初演では、スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念・国立モスクワ音楽劇場のソリスト、M.I.グリンカ(ロシア)とA.ドヴォルザーク(チェコ共和国)の国際ボーカルコンペティションおよびゴールデンマスク2019を含む多くのロシアの賞の受賞者であるナタリア・ムラディモワが主役として登場します。次のアーティストもこの劇に参加しています。アレクセイ・スミルノフ(カラフ)、アリーナ・ミハイリック(リュー)、セルゲイ・プレシフツェフ(ティムール)。パフォーマンスは、パベル・スメルコフによって指揮されます。

© 2016 – 2021
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход