劇場について

マリインスキー劇場の沿海州別館 は、ウラジオストクに位置しているコンサート・劇場コンプレックスです。
芸術監督 ヴァレリー・ゲルギエフ

マリインスキー劇場の沿海州別館は、ロシアとアジア太平洋地域で最も近代的な劇場の一つであり、APEC-2012サミットに備えて建てられました。
日本海を見下ろす丘の上の景勝地に位置された、ガラスのパノラマファサードを備えた珍しい劇場ビルは、沿海州の鮮やかな観光スポットの一つになっています。
パフォーマー豊富なレパートリーのプレイビル、各ホールの優れた音響特性とパフォーマーの高いプロ意識のお陰で、沿海州別館は、ロシアとアジア太平洋諸国で最も活発に発展している劇場のひとつとなりました。

2016年に、沿海州別館は、極東国際フェスティバル「マリインスキー」という地域最大の文化プロジェクトを実施しました。
そのプログラムには、ロシア、アジア太平洋諸国、ヨーロッパ、アメリカの世界オペラ、バレエ、器楽の主要演奏者が参加し演奏しました。フェスティバルの結果に続いて、このイベントを毎年の夏の音楽フォーラムにすることに決めました。
劇場には、大ホール、小ホールとサマーグラウンドの3つのステージがあります。

劇場の大ホールは、オペラやバレエの大作、大規模な交響曲コンサートや合唱コンサート開催のために設計されています。大ホールは、4段階のバルコニー付きの古典的なイタリアの蹄鉄の形で作られており、1356の席があります。
ステージの最新のフライングバー設備は、技術的に最も複雑な演奏をテージングすることを可能にします。 明るい色の木製パネルと斜張吊り天井を使用した自然素材のホールの装飾は、観衆に最も快適な明るく広々とした空間を感じさせます。ホールの優れた音響特性は、その舞台で演奏した奏者、ヴァレリー・ゲルギエフ、ユーリ・バシュメット、デニス・マツーエフ、マリア・グレギーナ、レオニダス・カヴァコス、ウラジーミル・ガルージン、セルゲイ・レイフェルクスなどのすべてのミュージシャンに注目されました。
大ホールのロビーは、ワードローブ、ビュッフェ、お土産屋があり、展覧会が定期的に開催される、積極的に利用される展示スペースでもあります。

小ホールは305席用に設計されています。このホールでは、定期的に室内楽オペラ芝居、コンサート、クリエイティブミーティング、サイン会、啓蒙と子供のプログラム、マスタークラスが開催されます。
緑の色合いでデザインされた館内ホールは、居心地の良い雰囲気を作り出し、ホールの構造 により、土間と円形劇場を舞台と1つのスペースに組み合わせることができ、視聴者はステージ上で起こっていることの一部として自分自身を感じることができます。

劇場のサマーグラウンドは、公共のコンサートや野外公演(春から秋まで)のために設計されています。

© 2016 – 2019
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход