マリインスキー劇場の, 大ホール

海賊

2幕のバレエ

Performers

指揮者:

アントン・トルベエフ

メドゥーラ : Anna Samostrelova
ギュリナーラ: Katerina Floria
コンラッド: Viktor Mulygin
ランケデム: Shizuru Kato
セイド・パシャ : Sergei Zolotarev

Credits

チェーザレ・プーニ、レオ・ドリーブ、リッカルド・ドリゴ、ピョートル・オリデンブルクスキーの音楽を使ったアドルフ・アダンアドルフ・アダンによる作曲

ジュール=アンリ・ヴェルノワ・ド・サン=ジョルジュとジョゼフ・マジリエの台本をもとに作られたエルダル・アリエフの台本

Production Choreography — Eldar Aliev (using fragments of Marius Petipa’s choreography)
Set Designer — Semyon Pastukh
Costume Designer — Galina Solovieva
Lighting Designer — Eldar Aliev
Assistant Lighting Designer — Nikita Kursov
Assistant Choreographer – Reiko Otsuka (Japan)
Repetiteurs — Tatiana Yeryomicheva, Vladimir Petrunin, Alexander Kurkov

SYNOPSIS

プロローグ
一隻の海賊船が嵐の中を東海岸に向かって航海している。

第1幕
第1場マーケット広場
首領コンラッド  コンラッドとその友人たちが率いるコルセアがアンドリアノポールのマーケット広場に到着する。ファンファーレは、彼のハーレムのために娘たちを買おうとしている金持ちで権威あるトルコ総督、セイド・パシャが間も無く市場に到着するのを知らせる。
奴隷商人アイザック・ランケデムを連れたセイド・パシャと彼のエスコートが広場に到着する。

無尽蔵のエネルギーで呑気な美しさを持ったギュリナーラは、まず彼に買われる。彼女の次にランケデムは、ギリシャの娘メドゥーラを売りに出す。セイド・パシャは、周りの人と同様に、彼女の美しさにショックを受けている。

メドゥーラとコンラッドは、視線を交わすと、二人にとっては、現実の世界は存在しなくなる。愛のしるしとしてコンラッドは、彼女を守り、幸福をもたらすべきお守りのブレスレットをメドゥーラに与える。

セイド・パシャはメドゥーラを買ってしまう。競売が終わって、マーケット広場は空になる。

第2場洞窟
海賊たちが泊まっている洞窟に戻り、メドゥーラを夢見ているコンラッドは眠りにつく。

第3場にぎやかな花園
コンラッドは彼とメドゥーラが幸せで呑気な、花の咲く魔法の花園を夢見ている。

第4場洞窟
彼が目を覚ますと、コンラッドはメドゥーラのいない人生は考えられないことに気づき、彼女を絶対に見つけることを誓う。

第2幕
第5場セイド・パシャの屋敷
セイド・パシャのハーレムにいる妻たちは旦那様が現れる前の準備をしている。美しいコンラッドを忘れることはできないメドゥーラだけが悲しい。娘達は彼女に悲しみを分かち合うように頼む。メドゥーラは突然彼女の心の中に愛を目覚めさせた見知らぬ人について話しをする。彼女は彼を忘れられない。

セイド・パシャの到着は、ハーレムに大騒ぎをもたらす。しかし、彼はメドゥーラ以外、誰をも見ていない。ギュリナーラはセイド・パシャを美しいオダリスクの踊りで彼を眠らせ、そらそうとする。ギュリナーラに同行され、彼は寝室に連れて行かれる。

真夜中。メドゥーラは、一人で恋人のことを考えている。コンラッドは、こっそりとセイド・パシャの屋敷に入り、, そこにメドゥーラを見つける。恋人達の幸せは無限大である。騒ぎを聞きつけたギュリナーラが現れ、メドゥーラの服を着て、彼女は一時的にセイド・パシャの注意をそらして、恋人達に追跡からなるべく遠くまで逃げる時間を与える案をする。

メドゥーラとコンラッドは屋敷を去り、ギュリナーラはセイド・パシャの夜の訪問を待って、首尾よく彼女の計画を実行する。

第6場洞窟
T海賊達は、首領コンラッドと彼の恋人を歓迎し、彼らの帰りを祝う。メドゥーラとコンラッドは幸せである。

エピローグ
恋人達は、幸せに向かって順風満帆で航海している。

ABOUT THE PRODUCTION

What can be more beautiful on the stage near the sea than a ballet based on a marine theme? Le Corsaire choreographed by the head ballet master Eldar Aliev is the show to see on the Mariinsky Theatre Primorsky Stage. Since the time of its creation Le Corsaire was off to a long and successful journey. It was composed practically by the same brilliant artistic alliance that fifteen years earlier brought the immortal Giselle to the world. The librettist Jules-Henri Vernoy de Saint-Georges, the composer Adolphe Adam (whose music score later was added with pieces of other composers), and the choreographers Jules Perrot and Marius Petipa presented a new ballet masterpiece for musical theatre. This new ballet was just as romanticist and romantic as the sad and illusory Giselle yet it was very different.

Le Corsaire is filled with sunlight, bright colors, and hubbub of the Middle East bazaar, sensual luxury, and the delight of Turkish harem. Romanticists expressed their interest for the Middle East exotics in their total dedication to Ottoman style which used to be quite fashionable in the previous times (for example Mozart’s Die Entführung aus dem Serail). An explosive exotic mix is complimented with a pirate adventure and a shipwreck. Le Corsaire is a real Treasure Island with an incredible pirate story. Love is above all collisions and twists of the story which happily ends. Would you be surprised that this ballet was an absolute success when Marius Petipa worked on its improvement? In the original version of the ballet there was only one leading character performed by a prima ballerina. Initially the role of the corsair Conrad was limited to a simple pantomime. Petipa performing Conrad at the ballet premier in St. Petersburg decided to stand for men’s rights in the ballet and made the role of corsair a brilliant virtuosic performance. His followers continued this tradition adding latest elements of the classical male ballet dancing technique of their time. Petipa also came up with the famous Pas d’esclave and the scene of Le Jardin Anime (Animated Garden) – the scene of Asian paradise – where Islamic houris (pure beings of paradise) are presented as hovering beauties of harem.

Eldar Aliev’s choreography carefully preserves artistic elements of the legendary Petipa’s version. The renewed costumes and scenery of the show will please the most sophisticated ballet fans. The romance of the sea and the lure of the Turkish Middle East always make their way to the hearts of any audience whether they are adults or children. Le Corsaire is a proper family show.

Nadezhda Koulygina


World Premiere: 23 January 1856, Opéra Garnier, Paris
Premiere in Vladivostok: 25 April 2015

Running time: 2 hours 10 minutes
The performance has one interval

Age category 6+

海賊
on the playbill
13 2019, 14:00
13 2019, 19:00
© 2016 – 2019
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
Local file does not exist or can not be opened
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”