マリインスキー劇場の, 大ホール

眠れる森の美女

プロローグとアポエトーシスを伴う3幕のエクストラバガンザ バレエ

Performers

指揮者:

アントン・トルベエフ

オーロラ姫: Anna Samostrelova
デジレ王子: Kanat Nadirbek
リラの精: Katerina Floria
ダイヤモンドの精: Lilia Berezhnova
邪悪な妖精カラボス: Sergei Zolotarev
フロリナ王女: Daria Tikhonova
青い鳥: Shizuru Kato

Credits

ピョートル・チャイコフスキーによる音楽

イワン・フセボロジスクキーとマリウス・プティパによる台本(チャールズ・ペローの物語に基づく)

マリウス・ペティパによる振り付けのコンスタンチン・セルゲーエフの編集版 (1952)、エルダー・アリエフ の編集版 (2017)

Set and costume designer: Vyacheslav Okunev
Lighting Designer: Alexander Naumov

SYNOPSIS

プロローグ
王国中からのゲストは、王と王妃が娘のオーロラ姫の誕生を祝う、王フロレスタンXIVの宮殿にやって来た。ハープとバイオリンの穏やかな音がして、自分の一行と共にリラの精が現れる。優しさの精、元気の精、寛大さの精、 勇気の精、のんきの精といった優しい妖精達が飛んできて集まる。妖精たちがそれぞれ新生児のオーロラ姫に贈り物を持ってきた。

その時、おびえた使用人たちは、自分が式典に招待されなかったことに怒り狂っている、恐ろしいゲスト、年寄で醜い邪悪な妖精カラボスのアプローチを告げる。彼女は若いオーロラ姫のビジョンを呼び起こし、オーロラ姫は、編み針で彼女の指を刺して、死ぬと言う呪いをかける。

リラの精はオーロラ姫のゆりかごからカラボスを取り除き、王女に彼女の愛顧を約束する。激怒し脅迫しながら、悪の妖精が正殿を出る。

予測された不幸を避けるために、国王は死刑の罰があたる彼の王国での編針の使用を禁止する法令を発行する。

第1幕
オーロラ姫の誕生から16年が経過した。宮殿にはゲストが集まっている。求婚者がオーロラ姫に紹介される。彼女は皆に対して親切で、彼ら全員と一緒に踊っているが、誰にも優先しない。バラの花束を持って老婦人は姫にやって来る。

オーロラ姫は花束を取り、楽しそうにワルツを踊る。姫は花束を持ったまま踊り続けるが、その中に尖った編針を見つける。彼女は、指を刺してしまって、意識を失って倒れる。皆が悲しみで覆われている。その瞬間、老婦人の肩からマントが落ちる。これは勝ち誇っている邪悪な妖精カラボスである。剣を露出し求婚者たちが彼女に急いで向かうが、魔術師が姿を消す。オーロラ姫を愛顧するリラの精が現れる。彼女はカラボスの邪悪な呪文を払拭することはできないが、悪を減らすことはできる。魔法の杖を振って、善い妖精はオーロラ姫と王国全員に眠りの魔法をかける。公園はライラックの茂みで生い茂っていった。その茂みの奥に城は隠れてしまう。

第2幕
アクト1
それから100年が経った。デジレ王子が友達や一行を率いて森の中で狩りを行っている。彼が一人で残ると、リラの精は彼の前に現れる。彼女はオーロラ姫の幻を呼び起こさせる。魅了された王子は彼女に駆けつけたが、大勢のネーレーイデスの集まりの中を一周し、オーロラは、去って消える。デジレは、姫とまた会いたがっている。リラの精と共に、彼はボートで魔法をかけられた城へ向かう。

アクト2
生い茂った公園では、邪悪な妖精カラボスとその僕たちは待機している。彼らは眠っている王国に入ろうとする人の道を妨げる。突然、リラの精の現れを予示させるような音が聞こえる。カラボスは、彼女の力に無力である。その間、デジレはすでに王宮の城壁に達していた。彼はカラボスと闘い、そして勝つ。デジレは姫を捜し、寝ている廷臣の間を通り過ぎる。彼は既に夢に浸っているオーロラのベッドの側に近づいた。情熱的なキスで、王子は眠っている美女を目覚めさせる。王国全体が彼女と一緒に目覚める。初恋の温かい気持ちは、オーロラとデジレを含む。オーロラの美しさと魅力の虜になり、王子は王と女王に彼らの娘の手を求める。

第3幕
宮殿ではオーロラとデジレの豪華な結婚式が祝われる。大勢のゲストの中には、おとぎ話の主人公たちも来賓として居合わせている。それは、フロリナ王女と青い鳥、長靴をはいた猫や白猫、おおかみと赤ずきんちゃん、シンデレラ姫とフォルチュネ王子。オーロラ姫と王子を祝福するのは、ダイヤモンドの精、サファイアの精、金の精、銀の精である。お祝いのデュエットで幸せな新婚夫婦が踊る。

アポテオーズ
皆は爽快している。輝くカスケードから、すべての征服と勝利を収めた善の化身である、リラの精の姿が現れる。

ABOUT THE PRODUCTION

The Sleeping Beauty was both completely traditional and utterly fresh. Its music, like other ballet scores of the latter half of the 19th century, had been composed according to the choreographer’s specific plan with indications as to the number of bars and the nature of their sound. But the execution of the commission did not limit Tchaikovsky’s music to the expected dance character alone. The ballet resounded with full-blooded exemplary symphonism. Its melodic richness could not but inspire great achievements. Tchaikovsky’s work did not inspire Petipa to undertake revolutionary steps; in the music the choreographer heard harmony. And his Sleeping Beauty was not a search for new methods; rather in its ideal construction it assembled together everything that the choreographer had done over his many years of work at the St Petersburg Theatre. The dance harmony of the production was defined by the balanced proportions of the ingredients – pantomime, genre crowd scenes and classical dance forms constructed with impeccable logic of the development of choreography, from ensembles to the ballerina’s solo entrance. This model of grand ballet, familiar for its component parts and innovative in the perfection of its composition, was to be the crowning glory of ballet in the 19th century. At the same time, it was The Sleeping Beauty that gave an impulse to ballet discoveries in the 20th century. Enchanted by Tchaikovsky, Petipa and Vsevolozhsky’s masterpiece, Alexandre Benois – and the subsequent most radical ballet creators – created works in the spirit of years-gone-by and remote cultures. The fascinating atmosphere of France during the reign of Louis XIV, reproduced in The Sleeping Beauty, opened the gates to the modernistic stylisations of the World of Art movement.

Olga Makarova


Premiere at the Mariinsky Theatre: 3 January 1890, St Petersburg
Premiere of the revised version: 25 March 1952, Kirov Theatre of Opera and Ballet, Leningrad
Premiere at the Primorsky Stage of the Mariinsky Theatre: 26 May 2017, Vladivostok

Running time: 3 hours 20 minutes
The performance has two intervals

Age category 6+

© 2016 – 2019
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
Local file does not exist or can not be opened
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”