マリインスキー劇場の, 大ホール

トスカ

3幕からなるオペラ

イタリア語で上演されます
(ロシア語と英語の同時字幕付き)

Performers

指揮者:

アントン・トルベエフ

フロリアトスカ: Liliya Kadnikova
マリオ・カヴァラドッシ: Mergen Sandanov
スカルピア男爵: Dmitry Nelasov

Credits

ジャコモ・プッチーニによる作曲

ジュゼッペ・ジャコーザとルイージ・イッリカによるリブレット

ヴィクトリアン・サルドゥの戯曲「フローリア・トスカ」に基づいて

Stage Director: Hans-Joachim Frey
Set Designer: Pyotr Okunev
Production Concept: Petrika Ionesco
Chorus Mistress: Larisa Shveikovskaya and Anna Pipia
Lighting Designer: Vladimir Sterlin
Musical Preparation: Andrei Annenkov

SYNOPSIS

第1幕
1800年の君主制イタリア。要塞から脱獄した政治囚チェーザレアンジェロッティは教会に避難所を見つけた。ここで、彼の妹の侯爵アッタヴァンティの家族の礼拝堂に、彼が警視総監、男爵スカルピアの追求からローマから逃げることができる服が隠されてる。

教会では画家マリオ・カヴァラドッシが働いている。祈りをしているチェーザレの妹の出現に魅了されて、彼は彼女からマグダラのマリアを描いている。 逃亡者はマリオに助けを求める。トスカが近づくと、彼は身を隠す。カヴァラドッシの喪心は、トスカに疑惑、肖像画は嫉妬を引き起こす。熱心な愛の保証は、一時的に彼女を落ち着かせる。

彼女が帰ると、カヴァラドッシはチェーザレが別荘に隠れることを提案する。刑務所銃の発砲は囚人の脱出を告げる。

ナポレオン軍の勝利のニュースが届いて、教会で厳粛な奉仕が始まる。スカルピアと彼の補佐官が登場する。男爵は、カヴァラドッシがアンジェロッティを警察から隠そうとしていると推測し、逃亡者を捕まえ、カヴァラドッシを刑務所に送って、有名歌手フローリア・トスカを入手するために、この状況を自分の目的のために使用することにした。発見されたアンジェロッティの扇、彼女がマドンナのイメージに似ていることは、スカルピアがフローリアの魂に嫉妬を燃やすのを助け、そしてフローリアはカヴァラドッシの別荘への憤慨で急いで向かう。トスカに続いて、スカルピアは探偵を行かせる。

第2幕
スカルピアは報告を待っている。部下を通じて、彼は登場するようにトスカに招待状を送る。歌手を監視するために派遣されたエージェントのスポレッタは、別荘の家宅捜索は失敗したと語った。逮捕された画家が連れてこられる。彼は勇気を持って彼を自白させようとする試みを拒絶し、トスカに黙っている必要があることを思い出させる。しかし、拷問されるカヴァラドッシの悲鳴は、フローリアから自制を奪い、逃亡者が隠れている場所を語ってしまう。

フローリアが彼の恋人になれば、彼はカヴァラドッシの命と自由を救う、と言う取引をスカルピアがトスカに案ずる。彼は射殺が空白の弾薬で行われると約束する。恋人を救うためにフローリアは同意することを余儀なくされている。トスカの主張で、スカルピアは彼女とカヴァラドッシがローマを去るのを助ける添え状を書く。希望の物を受けたトスカは男爵に短剣を突き刺す。

第3幕
射殺の1時間前に、カヴァラドッシは要塞塔の敷地へと連れられる。彼は最愛の人に別れの手紙を書く。

トスカは走り込んだ。彼女は彼が撃たれたのを聞いたとき、彼は殺されるふりをして落ちるべきだと画家に話す。 兵士たちが去った後、彼らは逃げるでしょう。成功すると確信して、カヴァラドッシは平気に銃の前に立つ。斉射!兵士たちが去った。フローリアは彼女の恋人に駆け寄るが、彼は死んでいる。

スカルピアの殺害について学んで、追跡者はトスカを囲む。彼らの手に捕まらないようにするために、彼女は塔の端まで駆け近づく。 カヴァラドッシと結びつけるのは死だけである!

ABOUT THE PRODUCTION

In 1889, the Italian composer Giacomo Puccini attended the premiere of La Tosca — the drama which Victorien Sardou had written specially for the famous actress Sarah Bernhardt: to emphasise whom he had envisioned as “that very Tosca”, Sardou even used the definite article in the title of the play (La Tosca). Puccini was so astounded by Bernhardt’s brilliant performance that he immediately wanted to compose an opera based on this drama. However, being a little known, emerging author, the composer did not dare approach the eminent and renowned Sardou. It was only several years later, when his success in the field of opera had established his reputation that Puccini, through his publisher, persuaded the playwright to entrust to him the plot that he liked so much.
Having been inspired by Bernhardt passionate expressivity, the composer dreamt of an equally talented performer for his opera Tosca and sought an “ultra-dramatic singer” for the part of the jealous primadonna. After a cool reception of the opera premiere in Rome, where the main part had been performed by the coldish blonde Hariclea Darclee, Puccini desperately wrote: “La Tosca appeared at a sad time! Nowadays, there are no singers anymore! The ones that sing now do not produce even 30 per cent of what the author had in mind! There are no such dramatic temperaments as there used to be! I’ve made a mistake by composing the opera which will never be performed as it should be!”
However, the composer’s dreams of the ideal Tosca were destined to come true! At the Mariinsky Theatre Puccini found “the very Tosca” in the person of the exceptionally gifted singer Media Figner who reigned on stage from the end of the 1890s. What is more, together with the ideal heroine, Puccini found the ideal hero — impersonated by Medea’s husband — Nikolay Finger, who brilliantly played the part of the singer’s lover — Mario Cavaradossi.
Attaching great importance to La Tosca production, Puccini emphasized that “it was an opera of bright colours and, if one wishes so, a flamboyant performance”. The international team which staged La Tosca on the Primorsky Stage of the Mariinsky Theatre has fully taken into consideration the composer’s wishes. In fact, apart from human roles, there is one more extremely important character — the eternal city of Rome, with its atmosphere setting mood to the whole performance. It also determines the Primorsky production of La Tosca arranged in the solemn and ceremonial Empire style with the dominating purple-red colour as the symbol of the Roman optimates as well as the colour of blood and passion.

Nadezhda Koulygina


World premiere: 14 January 1900, Teatro Costanzi, Rome
Premiere in Vladivostok: 4 April 2015

Running time: 3 hours
The performance has two intervals

Age category 12+

© 2016 – 2019
The Mariinsky Theatre
Primorsky Stage Information Service
+7 423 240 60 60
tickets-prim@mariinsky.ru
サイトの素材、デザインエレメントおよびデザインの使用またはコピーは、著作権者の許可なしに禁止されています。
user_nameВыход

The highlighting of performances by age represents recommendations.

This highlighting is being used in accordance with Federal Law N139-FZ dated 28 July 2012 “On the introduction of changes to the Federal Law ‘On the protection of children from information that may be harmful to their health and development’ and other legislative acts of the Russian Federation.”